スパンキング・グッド・タイムス

HAPPENING


「スパンキング・グッド・タイムス」は、ウィーンの「UNIT F BURO FUR MODE」が開催したエキシビジョン。デザイナー/イラストレーターであるマヌ・ブルクハルトと、デジタルアートデザイナー、トーマス・ツァイトベルガーによるコラボレーション作品と各々の作品が展示された。

マヌ・ブルクハルトとトーマス・ツァイトベルガーは、共にアートプロジェクトやコマーシャルデザインの仕事をしている。「スパンキング・グッド・タイムス」では、1992年に制作され、2004年に再編集された同タイトルのビデオ作品や、プリント作品、テレビチャンネル「ビバ・プラスTV」のコマーシャルソングに加え、最新のアート作品も展示された。彼らが共通して持っている興味は、そのファッションや、社会の保守的な考え方に対する皮肉を、独自の方法で表現するという点によく表れている。

トーマスのコンピューター・アニメーションとキャラクターデザインには、皮肉のこもったパロディのデジタル・ファッション・キャラクターが登場する。古風な幾何学模様を使い複雑な構造へと進化したデジタルキャラクターは、日本スタイルのマンガのヨーロッパ版という感じだ。

デザイナーのマヌ・ブルクハルトの活動分野は、ファッション、アート、モーショングラフィックスに集中している。彼女は、ウィーン・ファイン・アーツ・アカデミーで、オーストリアの画家アルヌルフ・ライナーのクラスに学び、1994年に卒業。その後、デザイナーとしてニューヨークのカルバン・クラインでグラフィック・デザインの仕事に就く。1999年からは、ケルンに住み、雑誌でのイラストレーションを手掛けながら、「MAIRE UND MAIRE」というデザイン会社で働く。さらに「ビバ・プラスTV」でも積極的に活動している。

デジタルアートデザイナーのトーマス・ツァイトベルガーも、彼女と同じ学校で1989年から94年まで、ブルーノ・ジロンコリのもとで学ぶ。95年から97年までは、カールスルーエにあるデザイン学校で、クラウス・V・ブルッフのもとでメディアデザインを学び、2000年からは、オーストリアの放送局「ORF」の3Dグラフィックの仕事をしている。その他にも、「ビバ・プラスTV」や「DMC」、「プレミア・ワールド」といった企業の仕事も手掛けている。

SPANKING FOR GOOD TIMES
会期:2004年5月7日〜6月19日
会場:Unit F buro fur mode
住所:Gumpendorferstrasse 10-12, A 1060 Vienna
http://www.unit-f.at

Text: Christina Merl
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE