TRANSIT-ING 展

HAPPENING


14人のメンバーからなるグループが、ブエノスアイレスのカルチャーシーンに現れた。彼らは、セントロ・カルチュラル・レコレータという場所の真っ白な壁に、まるでそれぞれが目的地までの道のりを知り尽くしているかのように作業している。ある人は、湿気のために壁にできたしみのまわりに紙を貼付け、ある男の人はペイントされたスプーンとプラスチックの眼鏡と戯れながら、床で超現実的な印象を与える何かを作っている。また他の人は、壁にドローイングを投影して何か作業をしている。2人の女性はブエノスアイレスで1日中撮り歩いた写真について意見交換をしている。またふとすると、小さな彫刻や写真、絵を持った人がやってきた。それほど大きくはないその部屋に、このすべてがあった。それにも関わらず、そのスペースはわりと大きく見えた。カラフルで明るく、今にも独り言をはじめそうなアート作品があるからだろうか。

グループのメンバーでアルゼンチン人である、ガブリエル・グライマンがこのメンバーをここへ連れてきた。彼自身、画家であり、この場で作品を展示しているアーチストだ。彼を含むメンバー6人にお話を伺った。

どのようにこのグループの活動は始まったのですか?

ガブリエル:僕達はある友人の家で開かれた、イタリア料理のホームパーティーに招かれ、同じコースで学んでいた僕らはすぐに仲良くなったのです。僕らはその頃、ロンドンのセイント・マーチン・カレッジでファインアートを勉強していました。その流れで、エキシビジョンを開こうというアイデアが浮かび、2月にちょうどこの場所での展覧会に招かれたので、彼らを呼び集めました。

もともと友達だったのですか?

サスキア:友達にならざるを得なかったと言ったほうが正しいかもしれない。

シグビョルン:そうだね。それほどスペースもなかったから、お互い寄り添うように作業していたね。

それぞれの作品について教えて頂けますか?

シグビョルン:僕の作品は、インスタレーションとペインティングです。コンセプトは「自然」。アートというフィルターを通した自然への視点を表現したいと思っています。この美術館で現在展示している作品は、1つ1つ小さなドローイングを壁に投影したものです。ペンの軌跡を大きなスケールで見せたいと思い、こういう手法をとりました。ペンで描く絵は、風景を変化させながらも、とても正確に描くことができます。ある場所を別の場所へ持って行くようなものです。

全体的にこのグループの作品は、「ある場所を別の場所へ持って行く」という考え方が根底にあるのですか?

ガブリエル:ええ、そうです。彼が今言ったように。

サスキア:僕の場合は、「場所」というよりも「ペルソナ」です。ロサンゼルスのようなスタイルですが。「僕の場所」=「どこでもない場所」なんです。グループのメンバーはほとんど、このような考えを持っています。僕達は旅をしていて、おそらくこの旅は人生を通してずっと続く。このグループは、放浪民族のような感じです。

シャローネ:マルティーナと私はここで、写真で対話を表現する「DAYING」というプロジェクトの一部を展示しています。2人でこのプロジェクトを始めてから2年目です。もちろん2人とも物事を異なる視点で見るので、常に説明しあいながら進めていきます。1日中一緒に同じことをして、二人の考え方や、物の見方を見せあうのです。このやり方を、たまたま訪れることになったブエノスアイレスでもやってみたかった。私たちの訪れる場所を良く知る人と話をすると、とても興味深いものが見えてきます。その土地に住む人達が、私たちの見る物をどのように見て、考えているのかを知るのはとてもおもしろいですし、逆に、その土地の人にとっても、住み慣れた土地を全く新しい視点から見るのがおもしろいのだと思います。

その反響はどうですか?

サスキア:見る人は、それぞれ自分の見慣れた場所に気付きながら、楽しんでくれていると思います。シャローネも言っていたように、自分が見慣れているものを、それをまったく知らない人の視点から見るのはとても面白いことだと思います。

小さな街でエキシビジョンを開くと、地元の人達は自分達の知っている場所、例えば自分の家の近所などを探してしまうということはよくありますよね。

フェリペ:僕は、ここで展示するのに2つの作品を持ってきました。小さな彫刻とサッカーのボードゲームです。僕は、自分自身と作品に何らかの関連性を持たせるのが好きですね。この作品もそうですが、スポーツと人々の間で起こる争いを照らしあわせています。

マルティーナ:私はドキュメンタリー写真を撮ります。ストリートを歩きながら写真を撮るのが好きですね。今年手掛けているプロジェクトは、実は去年とは全く逆の事をやっています。ロンドンでは、室内で撮影していましたが、ここブエノスアイレスでは、ストリートに出て撮影しています。また、去年はセルフポートレートを撮っていましたが、今年はシャローネとお互いを撮りあっています。つまり今年は、街と自分達自身と向かい合っているいうわけです。

メンバーの共通点はどんな所と言えますか?

シグビョルン:僕達は、コンテンポラリーアートという分野で、似たような感性や作品を持ってはいますが、それぞれが異なるプロジェクトを持っています。

サスキア:一緒に経験を積んできたので、似たような批評的感性も持ち合わせていると思います。僕達はみんなそれぞれ別のところで育ったけれど、1年間同じ環境で過ごし、セイントマーチンでのコースを通して作品に対する似たようなアプローチを学んだ。

シャローネ:本当にそう思います。私たちは、イギリス人ではなく、別の何かなのです。

フェリペ:僕達は、新しいことを経験するためにロンドンへ行った。学校は本当に大切な場所です。そこにいる誰もが刺激を与えてくれる場所。

ガブリエル:僕がロンドンへ行った時、アーティスティックなものをできるだけ多く収穫しようと思っていた。ロンドンでは、長い歴史を持つトラディショナルな部分とコンテンポラリーアートシーンが、対照的でありながら共存しているところが興味深いです。

シャローネ:ガブリエルは大きく変ったと思います。ここで起こっていることが、どのように彼の作品と関わっているのかを見つけることができました。ここへ来た時にそのことがはっきりしました。彼は、自分の作品がどのようなバックグラウンドから生まれてくるものなのかを私たちに見せるためにここに呼んだのだと思います。

ガブリエル:ブエノスアイレスに来た時、アートシーンの最新情報を得るのに必死になっていました。物事を始めるのに重要なことだと思います。

このエキシビジョンには何かテーマがあるのですか?

シャローネ:あなたはどう思います?

このエキシビジョン自体が旅であって、その中でアーチストそれぞれが表現する場所があるということでしょうか。

サスキア:その通りです。僕達の作品の本当の共通点は、僕達はみんな「どこでもない場所」にいるということです。

シャローネ:旅は、私たちが何を持っていて、何を持っていないかを教えてくれます。

ガブリエル:旅は、自分自身と向き合う方法の1つだと思います。僕にとっては、このエキシビジョンはグループのメンバーを1つの形式的な場所に置いて、何が起こるのか試しているという感じです。

シャローネ:たくさんの人がこの1ヶ月で、いや私たちが生きている限り、私たちの作る作品を見て欲しい!ここにはたくさんの人がいる。とても広い範囲の観客に作品を見てもらえるこの機会に巡り合えて良かったです。

その後も私たちは、コンテンポラリーアートとロンドン、主観主義と客観主義についていろいろな話をした。帰らなくてはいけなくなるまで全員話に夢中で、最後に Eメールアドレスの交換をし、それでもまだ話を終わらせるのが名残惜しく、作品の前をたくさんの人が通り過ぎる中で話をし続けていた。彼らは今日も、あの場所を明るく照らしているのだろう。

アーチストメンバー:Mark Beldan, Isha Bohling, Sigbjorn Bratlie, Felipe Cravo, Martine Feipel, Gabriel Glaiman, Isabel Ivars, Martina Jenne, Maria Klabin, Sharone Lifschitz, Hugh Mc Carthy, Milan Milosavljevic, Anela Sabic and Saskia Wilson Brown

Transit (x – lon – ba)
Group exhibit London- Buenos Aires
会期:2004年3月11日〜4月11日
会場:Centro Cultural Recoleta, Room 5
住所:Junin 1930- Buenos Aires

Text: Gisella Natalia Lifchitz
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE