アモーダル・サスペンション

HAPPENING

1月25日午前6時。夜の明けきらない寒い朝、頭上に交差していた20本の青白い光のビームがいっせいに空へ立ち上がり交差すると、ふっと静かに消えていった。24日間にわたる光のインスタレーション、「アモーダル・サスペンション」のフィナーレはあっけなく、しかしその残像は、見上げる人びとの目蓋にしばらく残っていた。

携帯電話やコンピュータからウェブサイトへメッセージを送ると、それが光に変換されて空を飛びかい、夜空を巨大なコミュニケーション・スイッチボードへと変容する「アモーダル・サスペンション」。メキシコ系カナダ人アーティスト、ラファエル・ロサノ=ヘメルによるこの光のプロジェクトは、山口情報芸術センター(YCAM)の開館記念イベントとして11月1日から24日まで行われた。


東京や都市から来た人間は、まず、ここ山口のローカルな風景に驚くだろう。県庁所在地でありながら、2輛編成のローカル線が一時間に数本、特急も空港バスも高速のインターもない小さな街。西の京都を意図した碁盤目の街並には路地が多く、のんびりした時間が流れている。そこに誕生した最先端のメディアセンターYCAM。そして140,000wのサーチライトが描く壮大な光のインスタレーション。静かな街の上空に突然現れたエイリアンの襲来?という声にも不思議はない。しかし、その光の正体が、実は世界中から届いたメッセージだとしたら、怖れは消えるだろう。目に見えない電子コミュニケーションを可視化したこのプロジェクトは、この場所と遠く離れた参加者とをつなぐ友好的なエイリアンなのだ。

写真ではスペクタクルな印象を受けるアモーダルの光だが、実際に見る光の明滅は、静かで瞑想的だった。高い建物もネオンも少ない街ゆえに、センター近くの温泉街のホテルやバイパス、路地と路地の隙間、川面に映る光など、市内のあちこちから光を見ることができた。星空の夜には、はるか遠くまで光は届き、曇りの日には雲に当たって星座のようなスポットを描いた。雨が降ると雨がスクリーンとなって虹がでた。どこへ行っても頭上に光があると思うと、なぜか心強くなったりした。「僕の作品は、いわば公共空間にある噴水のようなものだ。いつもそこにあって、誰も特別なことだと思わない」という作家の言葉が思い出された。

Java アプレットの遅さは少々気になったが、ウェブサイトは、10日間で12万5千人、世界58か国からのアクセスを記録した。ウェブ・トラフィックは日本語60%、英語40%、携帯電話からのアクセス数は日本国内が98%をしめていた。最終的には、79か国から約630万件のヒットを記録、9366本のメッセージがアーカイブに保存された。大成功といえるだろう。
この広がりに大きく貢献したのが、MITメディアラボ、ドイツのZKM、日本科学未来館、オランダのV2などを含む世界15か国27か所のアート/メディアセンター、科学館に設置された端末「アクセスポッド」だ。遠隔地でリアルタイムに擬似体験できるこの端末設置は、ロサノ=ヘメルに対する信頼をベースに、各センターの迅速な対応によって実現した。世界のメディアセンター間をつなぐネットワーク・コミュニティの可能性の扉が、初めて開かれたことになる。

「このプロジェクトは、テクノロジーを介したテレコミュニケーションの難しさについても問いかけている」と、ロサノ=ヘメルがいうように、システムはスムーズな会話をもたらすものではない。翻訳ソフトは、チャーミングにまぬけな翻訳を披露してくれるし、特定の人にあてたメッセージも別の人が横取りできてしまう。グローバリゼーションへのシニカルな問いかけともとれる、差異やギャップを含むこの非効率なコミュニケーションは、一方でスローな山口のテンポに不思議となじんでいた。未来への希望、恋人や友人、家族にあてたベストウィッシーズ。送られたメッセージは、圧倒的にラブ&ピースなものが多かった。平和のメッセージによってテイクオーバーされた公共空間に、小さな希望を見いだすのは性急だろうか。

11月25日午後6時。光はもう現れない。山口はいつもの夜空を取り戻し、なんの痕跡も空には残っていない。これがラファエル・ロサノ=ヘメルの作品だ。見る者の意識を一旦変容させ、あとにはなにも形を残さない。そのかわり、私たちの記憶に長くサスペンドされ、新たな都市のイメージへと、私たちの想像を膨らませてくれるのだ。

*ラファエル・ロサノ=ヘメルは、12月3日から10日まで、フランス・リヨンの「fete des lumieres」に参加する。

YCAMでは、12月28日まで、館内公共スペースを使って国内外の6組のアーティストの作品を展示した「メディア・ソケッツ〜多層なる創造圏」を開催中。

* アモーダル・サスペンションの3Dシミュレーションは、ウェブサイトで体験することができる。

アモーダル・サスペンション─飛びかう光のメッセージ
会期:2003年11月1日〜11月24日
会場:山口情報芸術センター
住所:山口市中園町7-7
TEL:083-901-2222
http://www.amodal.net

Text: Chiaki Sakaguchi
Photos: Kazuumi Takahashi, Eiji Ina, Archi BIMIng

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE