NIKE 公式オンラインストア

チュペル・ガランジェ

PEOPLE


昨年カンヌで開催された「ミリア」で僕は、チュペル・ガランジェに会った。そこで彼は、写真がベースになったおもしろいショート・アニメーションのシリーズを紹介していたのだ。先月には、パリで行われたBD4Dで新作を発表。そして僕は、彼のインタビューを取り付けることに成功した。

自己紹介をお願いします。

チュペル・ガランジェです。1975年にフランスで生まれました。

どのようなバックグランドをお持ちですか?

1991年まで、学校でビデオについて勉強していました。その後、大学で映画を専攻し、ビデオカメラが壊れたのを期に、ウェブへと転向しました。それからモーションでいろいろと作っていたのですが、小型ですがデジカメを買った後からは、フラッシュを使っていろいろな画像を制作しています。


どのようなものから影響を受けますか?

街とか人。街に行った時は、よく人間観察をしますね。その人の動きとか。あとは音楽からはものすごく影響を受けています。

作品制作はどのように行っていますか?

音楽とか、それ以外の音をまず聴いてみることからいつもはじまります。そういった音をコンピューターやMDに入れて、歩いたり、考えたり、また歩いたり…。そうしているうちに、どういった動きやイメージを取り込もうか、アイディアが浮かんでくる。いつもこんなかんじなので、MDを思いきって買いました。

進行形のプロジェクトはありますか?

(いつものことですが)ビデオの編集を行っています。「ACTE3」を制作した時と同様(毎日たくさんの写真を撮影して、ミックスする)、現在もできるだけ頻繁にいろいろなものを撮影するようにしています。新しいアニメーションやショートスト−リーの案も、どんどん頭に巡らせていますよ。

現在はどのような活動を行っていますか?

去年の12月に、キヤノンの「デジタル・クリエイターズ・コンテスト」に参加する為に、東京に行きました。そこではとてもいい経験を積むことができました。現在は、東京で撮影した映像を編集しています。他の街の映像もミックスしたいので、近々撮影にも出ないと、というかんじです。今年の8月には、サンパウロで「ファイル・フェスティバル」というイベントが開催されるのですが、視野を広げてみたいし、それにもちろん、ビデオの撮影も行いたいので、行ければいいなと思っているところです(そうすれば、他の作品とミックスできる素材ができますし)。

現代のクリエーションについてどう思いますか?

基本的に僕も、良いもの作りということを念頭に置いているのですが、それが現代であろうとなかろうと、僕にはあまり重要なポイントではないですね。その時代というよりは、アイディアの方にもっと興味があります。

好きなアーティストを教えて下さい。

音楽では、ピンク・フロイドはいつも好きなアーティストです。アレックス・ウィルナーも好きなアーティストの一人で、彼のサントラは、僕の「ACTE3(8月のビデオプロジェクト。10コマから成る30分の映画)」のシーン3「ダイアグラム・オブ・サバーバン・カオス」 で使わせてもらいました。僕のプロジェクトの中で使っている曲は、全部お気に入りです。僕が聴いたり考えたりしたことが、すべてそのままの形で表現することができたら、それ以上いいことはないですよね。例えば、僕がミュージシャンで何か楽曲を作ることができれば、それは僕にとっては完璧な作品。でもだからと言って、それを僕が作る必要はどこにもない。なぜなら、もうすでに他の誰かが作ってくれてますから。

映画だと、2、3年前に「あの夏、いちばん静かな海」を観て以来、北野武監督の大ファンです。「あの夏〜」以降の彼の作品も好きです。しかし実際のところ、キヤノンのコンテストに参加するのに東京に行ったのは、北野監督の「ドールズ」を見に行くためでもありました(その映画がフランスに来るまで6ヶ月待たなければいけなかったのですが、僕にはどうしても待てなかったのです。)「ドールズ」を上映している映画館を探し回って、やっと新宿にある小さな映画館を発見。嬉しかったなぁ(情報をくれたオフィス北野に感謝します。)

Text: Jerome Lacote from Endown
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE