レイムッド・アブラハム

PEOPLE


「私が作品を作るにあたってのインスピレーションは、手の凝り過ぎた建造物、日々使っている電気製品、歩行中に目にする風景、そして文学の詩的観点から得ている。」

1933年、オーストリアのレインツで生まれたレイムッド・アブラハムは、1971年から活動の場をニューヨークに移し、クーパー・ユニオン・スクールとプラット・インスティテュートで教鞭をとっている。それ以前は、1960年から64年までグラツにあるポリテクニックで建築学を専攻し、ウィーンでウォルター・ピッチラ−と働いた経歴を持つ。
60年から70年代に渡り、アブラハムはオーストリアの急進主義グループのリーダー格の一人であった。彼の1963年の作品「エレメンターレ・アーキテクチャー」は、急進主義運動中の最初の発表作品である。1964年のアメリカ訪問では、ヨーロッパ・アメリカ両方からの実験的な前衛派と会い共に運動の為の重要な貢献を果たした。
専門的な活動としては建築のおけるドローイングの独立した価値は本質的なものになる、といつも考えていた。「ドローイングは建築的思考の認識の為の、私達が常に利用できる道具の一つなのだ」、とアブラハムは言う。

2001年10月25日から2002年1月19日までの間だ、アブラハムのエキシビジョンがミラノのザ・アム・ギャラリーで開催される。彼の最近のプロジェクトとして、2002年にニューヨークでザ・インスティトゥート・フォー・オーストリアン・カルチャー・イン・ニューヨークが予定されている。


Raimund Abraham: photo Nathalie Schueller

1992年にオーストリア外務省主催で行われたイベントで、ザ・ウィナ−・オブ・ア・コンペティションとして226のエントリー作品の中から選ばれ、レイムッド・アブラハムが手掛けたデザインは、マンハッタン東52丁目1番ある地上80mの高層ビルだが、通りにそって幅7.6m、奥行き28.3mという比較的小さな土地に立っている。

そのビルはアブラハムのデザインに対するメッセージを反映しており、そのランゲージ・グラフィックとサインを形どる事によって建築物をキャラクタライズするために空間を削ったようにも見える。特に、アブラハムは、ビル全体を3本の柱に分け、それぞれの柱がお互いに隠れて見えるよう配置した。脊柱は吹き抜け型の階段を支える形になっており、他の2本の柱のサポート役にもなっている。グラスマスクは通りに沿ってそびえ建っている。

仕事のコンテクチュアリティーについてのインタビューで「ニューヨークの状況は一体どうなっているのでしょうか?インスティトュートの片側では戦後に建てられたひどい高層ビルが立ち並んでいると思いきや、かたや戦前に建てられたまともなホテルがあったりする。人々はニューヨークの事をコラージュと呼ぶのが好きな様ですが、コラージュはなんらかのプランを示唆するでしょう。それよりもニューヨークという街は無政府主義のはかり知れなさに似ていると思います。」と、言っている。


The spine, the nucleus and the mask
left: The Institute For Austrian Culture In NY right: The Institute For Austrian Culture Plan (1992-2002)

小さなトイロルの街の中でも歴史色が濃い場所に建てられたこの建築物は、偶然にもニューヨークの物と同一のプロポーション(幅7.6m、奥行き36m)であり、街の中心部に続く通りに位置する。このビルのデザインは2つの正面とビルの両側からの銀行へのアクセスが可能だ、ということだ。


Bank at Lienz Drawing – An architectural sculpture in a medieval area (1993-98)

メイン広場に向かってデザインは付近の住宅地の風景と融合し、軒の高さと真横にきれいに並べられた入り口付近にも細かな配慮がなされている。しかしそれは、無理にその地域の風景に似つかせようとしたわけではない。白く下塗りされた南側の正面は窓がなくても自然光が入るように細長いまっすぐに伸びた軸が配置されている。

北側には似たような建築風景がないかわりに、三角形のラインが近隣の教会から対角線上に、そして隣の部屋に自然光が燦々とそそぐ相称的なグレイジングを巨大なプリズム場の空間に作った。


Bank at Lienz, conference room
An architectural sculpture in a medieval area (1993-98): photo Heinz Grosskopf/Domus

2つの異なった正面は、ビルのデザインと伝統的な赴きのある屋根がある上の部分両方からなる構造の一部であり、そこからは動きの中にボリュームの連鎖も見受けられる。

ボリュームのある概観をコーディネイトし融合したこの構造は、木にはめられたスケルトン、亜鉛とルーフグレイジングで覆われた北側、上階に管理人室があり、白い下塗りの層があるコンクリートで覆われた南側で作られている。

一見見るとビルの内側は低く狭い感じがするが、ビルの上部からも一階からも差し込む自然光のおかげですぐに開放感を感じさせる。アブラハムはボリュームのある環境を、たとえば2階で会議をする時に利用できるように2つの高さのある空間を屋根の上に作り珍しいインパクトを付けて完成させた。


Bank at Lienz The basement safe
An architectural sculpture in a medieval area (1993-98): photo Heinz Grosskopf/Domus

「インターナショナ−レ・バウアウステルン・ベルリン(ベルリン・インターナショナル・ア−キテクチュアル・エキスポ)」の一部として1985年に設立され、アブラハムがフリードリッシュタットと呼ばれる18世紀に作られたバロック式美術・建築の赴きが街周辺から中心部まで続いており、ベルリンの壁建設の後に作られたエリアの複合施設ビルショップとオフィスの建築で賞賛されたコンペティションが IBA Berling である。

ビル自体は6階建てで、通りに面した壁には対角線とビルの正面に直接付けられた鉄格子からなる長方形の要素が効いたグラフィックデザインがほどこされている。ブロック内にある円形のカントリーヤードとに沿うように、ビルは半円形になっている。

照明と効果的なグラフィック要素としての働きをする影を演出するのと同様に、鉄格子もまたショップとオフィスの上にある階の左右対称のバルコニーを支えるという建築上の機能を携えている。


IBABERLIN – Friedrichstrasse 32-33 (1985-88)

「メタポリカルハウス」はアブラハムが彼自身で現代語風に名付けた理論的なプロジェクトで、山中にある彼の原点ともいえる場所にある納屋、壁、倉庫等のなかから発見したシンプルな建築物の構造、自然に、見栄を張らず、かつ力強く、表現力がありうつくしい情熱的な体験の探究を形にしたものである。アブラハムによると建築とは下に上げるものとのミックスだと言う。

夢、炎、イリュージョン、山、死、底なしの地獄
誕生、花、変形、変化、祭、におい
スパイス、儀式、熟考、雲、矛盾、石
コントラスト、川、破壊、風、太陽、星
愛、月、実行、憎悪、熱狂、動作
やわらかさ、記憶、メタリック、無情さ、願望、苦痛
木製品、停滞、満足感、結晶性、ガラス、親密さ
顔、距離、行動、洞察力、悲観、エクスタシー
密度、空き地、不条理、孤立、葬式、子宮
睡眠、壁、復活、官能性、擁護、再覚醒
天空、腸、寒さ、肉、立方体、深淵
朝、日々、沈下、透明性、光、場所
夜、四角形、予想、優越、春、建物

冬、スキー、夏、秋、火、地平線
氷、無限、水、地球


The destruction of objects – “Chair”, Performance (with Alan Wexler), 1971

60年代と70年代という急進主義運動が盛んだった時代に、アブラハムは建築学の調査だけではなく概念的なボディアートのような実験的アートの活動に貢献した。

アブラハムにとってアートの世界で活動すること、コミュニケートすることを選ぶのは彼の作品の目的にはなんら変化を与えない。むしろそれは彼自身に建築物とアーバンデザインにおいての行動範囲を一層広げられることを意味している。

パフォーマンスのような作品、「チェア−」は正式な原理(対称的な軸線、開ける・閉めると動き、アングルのバリエーション)を入れ替えながら描写する一連のアクションと共に ミズ・エン・シーン(舞台装置)というオブジェから成り立っている。オブジェの操作、一連のアクション、正式な原理等の組み合わさった効果は、日々のデザインにそって探検的、経験的に表現される隠ゆから作られている。


Unlimited space – Metaphorical Houses (1970-72)

70年代前半のメガストラクチャーは、人々に対するテクノロジーの無条件の使用に基づいて都市のユートピアを表現している。この理論的作品のユートピア的アスペクトは、テクノロジーが生み出すことのできる伝統的な郊外のストラクチャーに対する敬意がこもった推定された独立と、シンプルなテクノロジカル環境から「タウト・コート」という建築物へ移項できる巨大、かつ芸術的、潜在的な正式な要素にあると考えられている。


The Infinite City – Megastructures (1962-65)

ユートピアは数いる急進運動の主唱者によって作られた同時期のアブラハムの作品と似ているといえよう。確立することと「労働者」を刺激するのと同様に、ユートピアは視覚化することの可能性と政治的、社会的そしてテクノロジーの発展に通じる様々な糸口という点においては、重要な役割を持っていたのだ。

Text: Hans Hoger from Domusweb
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーブ・ベイカー
MoMA STORE