ムーブ #7展

HAPPENING


6月9日土曜日、ロサンゼルスの NEW IMAGE ART GALLERY で MOVE#7展が封切りとなった。7回目となる今回、活動拠点も違えば使うミディアム、表現言語も全く違う9人のアーティストがリッチ・ジェイコブスの指揮のもとにこの企画展をつくりあげた。何のことはないグループ展のように聞こえるかもしれないが集まった面々の名前をしかと見てほしい。それぞれのアーティストの紹介は追ってゆっくりとすることにして、いったいどうやってこれだけのアーティスト達を一堂に集結できたのか。自身もアーティストとして参加しつつ、 MOVE展をここまで育ててきたリッチにまずはきいてみた。

「みんなに電話をかけまくるんだよ(笑)。その時に一緒にやりたい、と思うアーティスト達にね。」そもそも MOVE展の発火点となっているのは自分を突き動かす震源となっているもの、流れをつくり出すもとになる何かだそう。
「最初は僕にとって意味のあるものを集めただけの小さなジーンだったんだ。その頃は音楽に傾倒しててね。でも気がついたらだんだんとアートの比重が増えてきて、ついにはグループ展を旗揚げするに至ったんだ。それが1997年のこと。NEW IMAGE ART にベースを移してからは(ニューヨーク、ペンシルバニアと2回だけ別ロケーションにて行っているが)いろんなテーマをもとにやってきたね。100人展もやったし。あれは半端な電話の量じゃなかった(笑)。」

MOVE#2のテーマとしてアーティスト達に渡されたのは、5×7″というサイズ規定のみ。そして1999年の MOVE#3 HALF FRAME PHOTO SHOW は、ご覧のような面々で開催。これは、マーシア (NEW IMAGE ART ディレクター) もよく話題にする絶品のショーだったときいている。

一方でリッチは、若いアーティストたちに切っ掛けと発表の場を与え続けていることでも知られている。いったいその心がけはいつから始まったのか。「うーん、何しろ中2の頃からジーン作りにはまってたからね。面白いことをやってたりする子が近くにいると、気になる癖がついたのかな。自分も物心ついた頃から何かしら描いてた。アートを自分とは違う形で成就してる人と出会うことが楽しくてしょうがないんだ。」オープニング前日の準備中だったにもかかわらず、おもむろに金づちをペンに持ち替えたリッチは、さらさらとそこらへんにあった紙にお馴染みの顔を描き始めた。

「アーティストの中には物凄い才能の持ち主なのに、仕事や生活に気をとられてなかなか筆や鉛筆を持たない、持てない人がいるんだよね。そんな時背中をちょっと押してやるという何でもないことが、その子達にとって決定的な切っ掛けを与えたりするんだ。まあ、もっともここに揃った面々はもう自分の世界が出来上がってる成熟したアーティスト達だけど。」

そこで今回は、どのようなテーマのもとこのメンバーを集めたのかときいた。建築家、イラストレーター、ぺインター、フォトグラファ−、グラフィックデザイナー、ミュージシャンと、アーティストと一口にいっても色々だ。一人でいくつも掛け持ちしてるアーティストもいる。しかも皆まちまちの活動拠点を持つ。

サンフランシスコ(エバン・ヒーコックス)、ロサンゼルス(ケーレフ・ブラウン)、ニューヨーク(ジョーディン・イシップ、シモーン・シューバック、ロジャー・スティーブンス、エリカ・ボーボア、リッチ・ジェイコブス)、ロード・アイランド(ブライアン・チッペンデール)、そしてサンフランシスコの少し南のサンタ・クルーズ(トーマス・キャンベル)まで。スケジュールを合わせるだけでも至難の技だったに違いない。実際オープニングに足を運べなかったアーティストもいたが、そこはリッチが「責任展示」をしていた。

「MOVE展をキュレーションする際にはいつも、緩いテーマを設けるようにしてるんだ。」とリッチは、きりだす。「もちろんグループ展としての機能の一部を担えるようなメンバーを選ぶんだけど、アーティスト達にはヒント程度の指示しかしない。皆独自の世界を持った僕の信望するクリエイタ−達だから、かえって曖昧なテーマをどのように料理してくれるか、そのちょっとしたズレを楽しみにしているんだ。今回のテーマは『(reflective insides) and built realms/(内面世界)と創造王国』。参加メンバーを見てもわかるように各自すでにいろんな分野で活躍中だよね。だからこのテーマにもうまく反応してくれるという確信があったんだ。」

会場となった NEW IMAGE ART は、昔の教室を改築したようなこじんまりとした、ノスタルジアさえ漂いかねないスペース。といってもここに集うアーティスト達の中には各方面で名を馳せる大物も少なくはない。
リッチ・ジェイコブはもちろん、エド・テンプルトン、シェリル・ダン、クリス・ジョハンソン、デーレク、クリス・ヨーミックなどは、ほんの氷山の一角。もともとの拠点となった6畳弱のメインルームと5月にオープンしたばかりの15畳くらいの大部屋の2つからなっている。後者は窓から入る自然光が実に気持ちいい。2つのスペースへのアーティスト振り分け、そして壁の分配に至るまできちんとストーリー性を持たせるべく、リッチとマーシャは熱く意見を交わしていた。「実際にはスペースを区切っての展示だけど、空気・雰囲気が繋がることは絶対なんだ」と自分の展示もそっちのけに、リッチはギャラリーを歩き回っている。首をかしげたり、アーティストとちょっと話したり、うなずいたり忙しそうだ。

そんなセッティングの数日間が続き、道の向いにある Whole Foods(健康趣向のスーパー)への散歩が息抜きの口実として定着した頃、「今回の MOVE展は今までの中でも一番といってもいいくらいのお気に入り。」とリッチが嬉しそうに笑みをこぼした。過去の MOVE展のフライヤーを見て、その場に居なかった自分を呪っていただけにこれは本当に至福の一言だった。

以下に主なアーティストの紹介をしたい。

トーマス・キャンベル。映像作家、ぺインター、フォトグラファ−、レコードレーベルオーナー、ロングボーダー…とここにも上げきれないくらいの顔を持つトーマス。今回はそのなかの2つの看板を引っさげてやってきた。いくつもいくつも作品がでてくると思ったら駐車場には彼の愛車の白いバンが。“It’s really great!”と本人も豪語するように、ここには、トーマスワールドがつまっている。サーフボード、スケートボード、ペイント、キャンバス、CD、ビデオ、カメラ機材一式、フレーミングされた写真の数々、生活用具に至るまで。現在の拠点のサンタ・クルーズからこのバンで駆け付けた。ボサノバ調のBGMをバックに多くのセレクションの中から展示作品を吟味していたが、最終的にはサイズもまちまちなペインティングが9点(小さなキャンバス9−10点で一作品というのが2点)、写真を3点というところでセッティング終了。彼の明るいカラーパレットはやはり海と太陽を思い起こさせる。


エバン・ヒーコックス。サンフランシスコをベースにグラフィックデザイナー、イラストレーターとして活躍するエバンは、その細部にわたる緻密な作品で知られている。チョコレート(スケートボード)のグラフィックで彼のスタイルとはお馴染みの人もいるかもしれない。今回の展示作品からもわかるように彼は、ストリートをインスピレーションの場として追求している。自身でストリートに「実践」することはまずないというエヴァンは、非常に忠実に再現したグラフィティ、寂れた廃車工場などをモチーフにあくまでもアートという土俵の中で、そのメッセージ性の強さを示唆している。

シモーン・シューバック。普段は花屋で働くというシモーン。それも納得のオーガニックなプレゼンテーションが繰り広げられた。ミートスライサーでスライスされた赤と黄色の乾燥トマトのランジェリー、オープニングの夜まで冷蔵庫に保存されていたプロシュート(イタリアハム)のパンツ、几帳面に縫い付けられた乾燥エビの靴下・バッグなど。ふとすると見のがしてしまいそうな細かいところにこだわりが感じられる。「このエビが縫い付けてあるバッグは実際持ち歩くこともあるんだけど、臭うって友達に不評なの。」繊細すぎてとても機能的にはとても見えない作品達だが彼女の生活にはなんのことなく登場するらしい。「 それに“SS”は 私のイニシャルだからきちんと意味があるのよ」とシモーン。現在はニューヨークに拠点を置く彼女だが、学校時代を過ごしたサンフランシスコのアートシーンにも活発に参加している。

ジョーディン・イシップ。ニューヨークに住んでいる人なら必ずと言っていいほど、ジョーディンの作品に遭遇したことがあるに違いない。ニューヨークタイムズを初めとし、ハイクラスなエディトリアル界の寵児である彼は、ここで3スタイルを展示。コラジューのような、ペインティングのような『ミクスト・メディア』の名に相応しい4点と、ハガキに施されたラインアート16点、そして床にごろっと転がる顔3点で完成。何層も何層もペイントや紙を重ねていく手法のジョーディンの作品は、一枚の紙がかなりの厚さと重さになっている。「裏を見てごらん、補強しあるのがわかるから(笑)」と手の内を公開するのも何のことない様子。去年のハロウィンにはこの顔をマスクとしてかぶれるようにわざわざ製作し、かぶって町中を数人で歩き回ったと言う。ジョーディンの奥さんであるメリンダ・ベックも過去の MOVE展に参加したことがあり、グラフィックデザインがバックグラウンドの彼女とのコラボレーションも多方面で行われているようだ。

ブライアン・チッペンデール。コネティカット東隣の小さな州、ロード・アイランドに拠点を置くブライアンは、自身がドラムを叩く2ピースバンド、ライトニング・ボルツのツアー中ということでオープニングには姿を見せなかった。だが6月20日、幸いにもそのツアーがロスにやってきた。ダウンタウンのかなり勇気のいるロケーションにある「The Smell」(247S. Main St. Downtown L.A.)。ゲリラ型パフォーマンスを繰り広げるオルタナ(?)ノイズバンド達(VAZ、PINK AND BROWN、LIGHTNING BOLT etc.) が集結した。すでに前のバンドのパフォーマンスで会場の照明配線はやられていたため、大迫力の暗闇でのライブとなった。マイクが縛り付けられたマスクをかぶってわめき声のようなハウリング音を出している彼はボーカルでもある。ベースはこれまたブライアン(ギブソン)。押し合いへし合いの観客の中にどのようにしてかドラムを徐々に移動していくという、狭いスペースでのアメーバ的パフォーマンスはその夜の目玉だった。ライブ後になんとか話かけることができたが、爆音演奏の直後のため全く会話は噛み合わず。「明日はもうサンフランシスコでライブでしょ」「うん、何層にもわけてプリントするんだ。」どうやら彼の作品の説明をしているらしい。コミックブックやライトニング・ボルツのアルバムアートワーク(最新アルバム「Ride The Skies」のレコードジャケットはなんと一枚一枚手刷りだそう)を手掛けてもいる彼の作品は実に色鮮やかなシルクスクリーン。それも新聞紙にプリントされている。

翌日サンフランシスコに向かう前にギャラリーやってきたブライアンの聴力はもとに戻っているようだった。「7月中旬までツアーで全米を回ってロード・アイランドに帰ったらた立ち退きしなきゃならないんだ。」というその家は「フォート・サンダー」という10人のアーティスト/ミュージシャンが生息する古いウェアハウス(倉庫スペース)。「いろいろ理由はあるんだけど、決定打は消防署の勧告だね。」皮肉を込めてその様子が今回の展示作品の一枚になっている。帰ったらどこに行くの、ときくと「ロード・アイランドにいるだろうね。今は大都市に住む気はあまりないんだ。ロード・アイランドにはアーティストも沢山いるし、生活コストがかからないからね。」場所を移してもクリエイティブ集団としてのフォート・サンダーは当分の間健在でありそうだ。

ケーレフ・ブラウン。唯一の地元からの参加、ケーレフの作品も実にいろんなところで見ることができる。アートセンターを出た後、そのままパサデナ(ロスよりやや北東)に拠点を置いて、イラストレーターとしてロサンゼルス・マガジン等を筆頭に活躍する傍ら、児童向けの絵本づくりに力を注いでいる。「イラストの仕事は仕事としてやってるけど、でもそのおかげで好きな時に旅に出たり、絵本づくりに時間をかけたりすることができるからね。」彼の作品は今のところ「Polka Bats and Octopus Slacks」と「Dutch Sneakers + Flea Keepers」の2点(共に Houghton Mifflin Company から出版)。リズミカルな詩と暖かい色の絵は、子供だけでなく大人の読者にも支持されている。絵本製作プロジェクトはたえず進行中というケーレフも過去の MOVE展貢献者だ。今回はなんともタイムリーにエミネムとエルトン・ジョンをモチーフにした作品もエントリーしていた。

エリカ・ボーボア。サンディエゴ出身のエリカは現在リッチと共にニューヨークに在住。リッチのガールフレンドでもある彼女の作品は何気ない鉛筆の一ストロークがとても味わい深い。モチーフとなっているのは動物が大半。アースカラーのパレットを使いこなし、ふぞろいな板で作り上げられたスペースは、とても暖かい空気をかもし出す。以前は鳥が多かったのが今回は海洋生物が増えている。もしかしたら1年弱のニューヨーク生活で西海岸が恋しくなったのでは?と思いきや「今回一週間こっち(西海岸)にいただけでニューヨークに帰りたくなった気がする」と言っていた。やはりニューヨークは人を惹き付ける街。誰もが20代の内に一度は住むべき、という云われが余計に説得力を持つ。リッチとコラボレーションすることも少なくない。今回の MOVE展でも一点リッチの壁に掲げられている。

今はなきギャラリーで産声をあげたこの MOVE展だが、今ではすっかり NEW IMAGE ART に定着。すでにマーシアとリッチの間では #8の構想が進んでいるという。「リッチとの出会いは運命的だったわね」と第一回のオープニング・パーティをマーシャは振り返る。「リッチは自身もすばらしいアーティストでありながら、人を繋ぐ力や才能発掘、特にアウトレット(発表の場)とチャンスを与えることによって若い才能を育成してる。そのカリスマ性と献身の絶妙のブレンドにうたれたのね。」と彼女は言う。リッチと彼の率いるMOVE ファミリーとの出会いによってギャラリーのスタンスも明確になった。「頭の中で完結するアートももちろんすばらしいけど、ここ(NEW IMAGE ART) では、オーディエンスに身体的/視覚的に訴える作品、アーティストを集めているの。」確かに自分を取り巻くリアリティにそれぞれの解釈が与えられた時のメッセージ性の強さにかなうものはない。ここ NEW IMAGE ART では、まだアート界では若くて純粋に自分の好きなことを追求しているというアーティストの卵達も多く見せている。中にはまだまだ技術的に荒削りな作品もないわけではないが、それぞれが生きているリアリティだけは強く反映されている。そんな作品が時にはどんな名将の絵画より価値があるかを、このギャラリーに幾度となく足を運び続けるコレクター達は知っている。そして「今、ここ」の空間と時間に展示された作品自体は言わずもがな、その背後に微妙に示唆されたアーティスト同士の関係図が放ついたって人間臭い空気が、NEW IMAGE ARTの何よりの魅力だと思っている。
グループ展の醍醐味をここに見るなり。

MOVE #7
会期:2001年6月9日〜8月11日
会場:New Image Art Gallery
住所:7906 Santa Monica Blvd. #208 Los Angeles, CA 90046
TEL:1(323)654-2192

アーティスト、作品に関する問い合わせはディレクター Marsea Goldberg まで。

Text and Photos: Aya Muto from New Image Art Gallery
Gallery Photos: Alex J. Brown

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE