NIKE 公式オンラインストア

ピエロ・デソポ

PEOPLE

今月のカバーデザインを制作してくれたのは、イタリア、ボローニャでウェブデザイナーとして活躍するピエロ・デソポ。ウェブデザインを始めたばかりという彼だが、ミュージシャンとしてのバックグラウンドを持ち、自身のサイト「PHOENIXART」では、サウンドを効果的に使った繊細な作品を発表している。


まずはじめに、自己紹介をお願いします。

ピエロ・デソポ。イタリアのボローニャで、ウェブデザイナーとして働いています。ミュージックアカデミーで8年間ピアノを学び、その後7年間ポップミュージックとジャズをプレイしていました。デッサンの基礎も勉強し、17歳からボローニャのアートアカデミーでコンセプチュアルアートの勉強をしました。最近では、コミックの制作も開始し、そのおかげでいろいろなことを学ぶことができました。現在は、企業のウェブサイトの制作や、個人的なグラフィックデザインの実験をしています。

PHOENIXART.COM について教えてください。どのようなことをやっているのですか?

PHOENIXARTは、僕にとってはすごく大規模な実験です。2年程前にスタートしたのですが、最初のアイデアは、ナビゲーションのコンセプトから生まれたものです。インターネットによって、情報をシェアすることができる新しい方法の可能性が生まれ、いろいろな方法でそういった情報を得ることも可能となりました。僕は、ユーザーがナビゲーションの異なるフォームを探して理解しなければならないような隠れたナビゲーションが好きです。現在、商業的な仕事ではできないようなものをやるため、また、セルフプロモーションの場として、PHOENIXART をやっています。

ウェブデザインの仕事をするようになったきっかけは何ですか?

ウェブデザインを始めたのは、ごく最近です。イタリアでインターネットが普及したのも最近で、ウェブに興味を持ったのも、ほんの3年前です。
ウェブデザインに対する僕のアプローチは、好奇心からでした。ウェブには、コミュニケーションやアイデアをシェアする新しい形があり、その上、多くの人の反応を即座に得ることができる速攻性のあるメディアだということに気付いてからは、ウェブというメディアが大好きになりました。
ウェブデザインは、独学で学びました。いろいろなチュートリアルや記事を読んだり、他のウェブページを解体して研究しています。いろいろな本も読んでいるのですが、現在は雑誌、プリント、音楽など、ウェブ以外のものからもインスピレーションを探しています。

ウェブサイトでは、音楽を効果的に使ったフラッシュ作品を制作していますが、作品を制作するうえで心掛けている点は何ですか?

大抵は、センセーションや印象というアイデアからスタートします。まず雰囲気について考え、その後で色や形を想像します。これら全てをコンピューターに触る前に心の中で映像にして、それが強烈ではっきりしたものになってから、コンピューターに向かいます。
まず、フォトショップを使って作り始めます。僕自身、絵描きではあるのですが、紙に書いたアイデアをコンピューターに変換することはできません。紙/鉛筆とコンピューターの適切なコミュニケーションをまだ見い出すことができないでいるのです。多分将来いい方法が見つかると思いますが。

ウェブデザインで最も重要なことは、何だと思いますか?

明解、単純、均衡。

今回、SHIFTのカバーデザインを制作していただいたのですが、何をイメージし、どのように制作したのですか??

まず、SHIFT という言葉について考え、その言葉を分割し、遊んでみました。その他のステップのほとんどは、音楽自体から連想したものです。フォトショップでテクスチャーを作り、ラインとタイポグラフィーをいくつか加えました。そのちょうど良い均衡を見つけ出してから、フラッシュとイラストレーターに変換しました。

イタリアについてお聞きしたいと思います。何か興味深い動きはありますか?

ウェブに対するアプローチの遅れが、イタリアの大きな問題だとは思いません。イタリアには、ウェブカルチャーが全く存在しないということが問題なのだと思います。
まず1つに、コミュニケーションエージェンシーが、ウェブをデザインやウェブサイトの見た目などを全く考慮せずに、単なる金儲けの手段と考えていること。もう1つには、ニュースを提供する人達(デザイナー)が、ウェブデザインについて良く知らないということがあります。クライアントの多くは、インターネットの使い方を知らないので、ほとんどの人達にとっては、くだらないものが良いもとされてしまうのです。
そういったことを変えようとしているデザイナーも中にはいて、彼等はイタリアのシーンを新しい次元へ変えようとしています。全ては、ミルコ・パスカリーニや、ニコラ・ストゥンポアンドレア・トニオロや、その他、日々成長し続けている人達のおかげです。

イタリアでの一般的なインターネット環境はどのようなものですか?

回線事情はまだ良くありません。去年、ウェブブームが巻き起こり、多くの人がウェブサービスについて知るようになりましたが、それも携帯電話のトレンドのようなものですね。

イタリアで活動することについてどう考えていますか?

現在は、有名ではないけれど僕に多くのものを与えてくれる素晴らしいデザイナーを探しているところです。
もし、インターネットカルチャーが今後何年間もこのままの状態なのだとすれば、イタリアを出て海外の素晴らしいカンパニーで仕事をしてみたいと思っています。

日本についてはどう思いますか?

残念ながら、日本についてはほとんど知りません。日本についての知識は、ロラン・バルトの本から得たものが全てです。1900年代初頭にマティスなどのアーティストにインスピレーションを与えた日本の古い絵画について教えてくれました。

今興味のあることは何ですか?

もっといろいろなことを学びたいです。今は、オーディオと画像を使った実験に取り組んでいます。また、PHOENIXART ウェブサイトのスムーズ&ラフバージョンのように、異なるものの間に均衡を見つけだすというリサーチには、常に興味があります。相反するものに惹かれるのです。

好きなビジュアル/グラフィックデザイナー/サイトを教えてください。

Jonathan Leong : www.the-eclectica.com
彼の繊細な感覚と、写真/テクスチャー、タイポグラフィーの使い方が素晴らしい。
Jimmy Chen : www.typographic.com
ゆがんだタイポグラフィーの使い方が絶妙。
Matthew Mejia : www.h73.com
クリーンなデザイン。
Mirco Pasqualini : www.ootworld.net
オーディオの使い方が素晴らしい。
Dmitry Utkin : factory512.com
ポータルの違った捉え方と、膨大なデザインアーカイブ。
Andrey from Design Agency : www.design-agency.com/project
素晴らしいイニシアチブと、テクスチャーに対する共通の愛情。

最後に、今後の予定や、これからやっていきたいことなどを教えてください。

素晴らしいデザインエージェンシーで仕事をし、素晴らしいデザイナーと、ただ美しいウェブサイトを作るだけではなく、過激で実験的なことをやってみたいです。
また、僕の考え方を広げてくれるその他のデザイン/マルチメディア分野や、僕にインスピレーションを与えるもの全てを見つけ出したいです。
デザインは、人間にとって刺激的なものですが、その刺激を保ち続けるためには、僕達皆が固く誓い合うことが必要なのだと思います。

Piero Desopo : PhoenixArt
住所:Via Nazionale, 21940065 Livergnano – Pianoro (BO) Italy
TEL:+39 (0)51 77.87.05
piero@phoenixart.com
www.phoenixart.com

Text and Translation: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
カラードットインク
MoMA STORE