NIKE 公式オンラインストア

ワン・ナイン

PEOPLE

新年第1号で、通算50号目のSHIFTを記念するカバーデザインを制作してくれたのは、マット・オーエンス率いるニューメディア・エージェンシー「ワン・ナイン」。
マット・オーエンス、ウォーレン・コービット、リー・ミセンハイマーの3人からなる「ワン・ナイン」。ナイキや、ヒューレッド・パッカード、ナショナル・ジオ・グラフィック、レイガンなど多くのクライアントワークを手掛ける、ニューヨークを代表するデザイン・スタジオの1つだが、常に斬新なアプローチでニューメディア・デザイン・シーンを押し進めている。


デザインに興味を持つようになったきっかけは?

マット・オーエンス:もともと音楽が好きで、高校、大学時代にレコードジャケットやフライヤーを制作していたのがきっかけです。DISCHORD レコーズやジェイソン・ファーレル、ジェフ・ネルソン、クリス・バルドのデザインワークには、すごくインスピレーションを受けました。大学に入ってデザインクラスを選択してからも、それをやり続けました。卒業後は大学院に入り、アイディアを通しての制作ということについて多くの事を学びました。今も音楽には興味があり、自分ができる限り音楽やシーンに貢献して行きたいと思っています。

ウォーレン・コービット:全ては高校時代に始まったのだと思います。高校時代に学校新聞の編集をやっていて、僕の役割は、各号のレイアウトをすることでした。80年代半ばの「ニューウェーブ」のとりこになって、NEW ORDER のレコードジャケットと雑誌のインタビューページをベッドルームの壁に貼っていました。その後いろいろな経過を経て、最終的に常に興味があったことをやるようになりました。

リー・ミセンハイマー:かなり早い段階で、イラストレーションの道に進むことに決めました。学校では、ファインアート系のものにグラフィックデザインの要素を少し加えたものをやっていたのですが、デザインは僕にとって、自分のアートワークを発表する雑誌やフライヤーを作るひとつの手段でもありました。大学の終わり頃にインタラクティブデザインに興味を持つようになって、主にディレクターを使うようになり、卒業後も仕事としてインタアクティブデザインを続けました。幸運にもウェブの波が起こって、それに応じて自分のインタラクティブデザインを変化させていきました。パーソナルサイト「DESTROY ROCKCITY」では、クリエイティブ作品やデザイン、イラストレーションを制作しています。このアウトプットによって、ここ数年自分がビジュアルコミュニケーションという主題にどのようにアプローチすべきかを考える上で、大きな手助けとなっています。

ONE9INEは、3人のフルタイムデザイナーとその他数人のスタッフがいますが、小規模なスタジオのメンバーとして、オンライン/オフラインともに現在のデザインの状況についてどう思いますか?

マット:デザインは今、面白い場にあります。デザイン分野のパロディーをやっている「ONE」などといった新しいデザイン雑誌もありますが、SUBMETHODKIOKENCHOPPING BLOCK など、デザインを新しいレベルへ押し上げようとしているオンラインデザイナーや、ブロードキャストデザイナーが数多くいます。基礎としてのデザインは、いかなるメディアにおいても良い作品を制作する上で根本的に重要なことだと思います。

ウォーレン:今日、至る所でデザインを目にすることができます。僕らと同じ世代の人達は、視覚的により洗練されていて、前世代よりも様々なことを早くから自覚しています。つまり、僕らの世代は、より早い時期にビデオゲームやテレビ、インターネットから視覚的なインプットを得ることができるのです。
オンライン/オフライン問わず、遍在する数多くの作品にどれだけの思想が込められているのか分かりませんが、とても優れたビジュアル制作者達がたくさんいます。残念ながら、僕自身それが何を意味するのか分からないし、彼等が自分自身何を伝えようとしているのか自覚があるのかも定かではありません。

リー:普段あまり「デザインの状況」について考えることがないので、良く分かりません。オンラインデザインに関して言えば、クールなビジュアルをあちこちで見ることができるようですが、と同時に、おそらくアイディアが欠けていると思います。スキルは素晴らしいものがあるので、今後の可能性に期待したいです。

どのような教育を受けましたか?デザインにおいて、大学の学位を得ることが重要だと思いますか?インターネットの出現によって、デザインの教育は変わったと思いますか?

マット:僕自身、大学でデザインの学位を取得しています。デザインの歴史や系統を知ることは、デザインが何に由来するのかをしっかりと把握するという面で非常に重要です。テクノロジーを学ぶためには、教育的な背景はあまり重要ではないかもしれません。僕は、学校にいた時よりもむしろ卒業してからの方が多くのことを学びました。今言えることは、自分で物事を率先してやり、自分自身で学んで行くことが重要なのだということ。デザインの基礎は常に重要になってくるとは思いますが。

ウォーレン:バッサー大学で政治論のBAを取得しています。ポスト構造主義と性的アイデンティティ学について広く学び、フーコーやヘーゲルの理論を勉強しました。1997年に、クランブルックアカデミーでスコット・マケラ教授のもと、グラフィックデザインのMFAを取得すべく勉強を開始しました。
僕は必ずしも、良いグラフィックデザイナーになるためには大学の学位が必要不可欠だとは思いませんが、あえて言うなら、考えたり問題を解決したりできるようになるということが必ずしも正しく、良いデザインにとって重要な最も好都合な方法ではないと思います。僕自身、大学時代にデザインを勉強しなかったのですが、その代わりに議論を組織立てたり、ある意味制約に捉われない考え方をする方法を学びました。大学に行くことが必要不可欠なことだとは思いませんが、観念的な探求という面で共通の目的を持ったコミュニティーの一員になることによって、それを楽しく容易にすることができます。たまに、クランブルックの卒業生を召集して「クラブメッド・オブ・グラフィックデザイン」を開催するのですが、その理由は、そこでは自分自身のデザインとコミュニケーションとの関係のみにフォーカスすることができる贅沢な場だからです。クライアントや日々の仕事から解放されることによって、探求に没頭することができるのです。

リー:東キャロライナ・アート大学でイラストレーションのBFAを取得しました。僕も、大学の学位が必ずしも必要だとは思いませんが、それが厳しいカリキュラムによるものであれ物事を始動させることのできる共通のクリエイティブな存在であれ、経験を通して新しいアイディアを思い付くきっかけとなり、間違いなく「アイディア」を創造する刺激になり得ると思います。

小規模なデザインスタジオで仕事をする上での良い点と悪い点を教えてください。多くのデザイナーが大/中規模のスタジオで仕事をしていますが、その点について何か言えることはありますか?

マット:様々なプロジェクトを手掛けることができる能力を持ちつつ、小規模なカンパニーで仕事をするのが好きですが、ネガティブな面で言えば、ひとりで3人分の仕事をしなければならないのが大変です。プロジェクトの管理、デザイン、アートディレクションをひとりで同時にやらなければならないのですから。ONE9INEを始める前に、かなり大きなエージェンシーで仕事をしていたのですが、そこでプロジェクト管理とクライアントインターフェイスについて多くのことを学びました。その経験がなかったら、会社を始めるなんてことはできなかったと思います。

ウォーレン:ONE9INEを結成した主な理由のひとつは、様々なタイプのプロジェクトを手掛けると同時にデザイナーとして自分自身を発展させていくためです。スタジオとして仕事をすることによって、大規模なプロジェクトにも取り組むことができます。もちろん自分達が望みさえすれば、小規模なものも可能です。社員もそんなにいないので、大きな組織よりは金銭的なこと以外でクオリティーを維持することができるのです。と同時に、スタジオではひとりで何役もこなさなくてはなりません。また、常にクライアントワークと個人的なプロジェクト両方が必要する注意と時間を確実に得ることができるようにしなければなりません。難しいことではありますが、それが僕達が求めるスタジオのあり方なのです。バランスを取るのはかなり厳しいです。

リー:デザインとアイディアを実行するプロセスの全側面に関わって行きたいです。大規模なスタジオでは、比較的簡単に仕事の役割を与えられます。仕事の目的もかなり特定され、一日中PSDファイルを作っているだけのデザイナーもいます。ある人にとってはそれが理想的なのかもしれませんが、僕はもっと変化のある役割をして行きたいです。

ONE9INEのメンバーは、皆それぞれ個々のスタイルと能力を持っていますが、それが、スタジオとしてのプロジェクトの制作過程にどのような影響を与えていますか?

マット:リーが DESTROY ROCKCITY、僕が VOLUMEONE、ウォーレンが REMEDIプロジェクト、ダンが DEVELOPINDUSTRIAL と、それぞれが個々のプロジェクトをやっています。各プロジェクトが、それぞれにとって個人的でクリエイティブなアウトレットとなっていて、デザインとものづくりへの愛情とともにビジュアル/インタラクティブカルチャーへ貢献するものとなっています。メンバーは皆共同で作業し、と同時に個々でも作業しています。必然的に、メンバーのひとりがプロジェクトを引っ張るリーダーになるわけですが、僕が思うに、リーには僕らと一緒にうまく作業する才能があると思います。ウォーレンと僕は、いくらか個人的な考え方になってしまう時もありますが。スタジオ内では、それぞれが自分の仕事をするのは大歓迎です。中には、何年間もひとりで作品制作をしてきたメンバーもいるので、そのための場を与えてあげることは、意味のあることです。また、結果としてそれがクライアントワークや実験的な可能性にも活気を与えることになります。個人的な制作をやらなければ、仕事が面白いかそうでないかに関わらず、仕事はただの仕事になってしまうのだと思います。

ウォーレン:僕達は皆、デザインに対してはっきりと自分の意見を持ったアプローチで取り組んでいます。皆頑固なので大変ですが、それを曲げる気はありません。何かを守ろうとした時、それには何か意味があるはずで、そうした理由が必ずあるはずです。うまくやる秘訣は、クライアントやプロジェクトのニーズに対して、「これは好き」「あれは好きじゃない」といった主観的な意見を持つことだと思います。また、全てのプロジェクトには、それを引っ張るクリエイティブリーダーが必要ですが、最終的な責任はそのリーダーにあります。様々なコラボレーションプロジェクトで仕事をしてきましたが、少しの苦労があった時にのみ成功は生まれるのです。トーマス・ジェファーソンがかつて言った言葉にも、「人々の幸せが、時に巻き起こる大嵐や少々の流血によって守られているのだとしたら、そこからは貴重な収穫があるであろう」というのがあります。

リー:スタジオ以外では、皆それぞれ自分の作品を制作していて、間違いなくそれはプラスになっています。高いレベルでクリエイティブ性を注ぎ込み続けています。ONE9INE以外で僕達がそれぞれ探求している実験が、ビジュアル的インタラクティブ的にクライアントワークに取り組む新しい方法へと繋がります。また、それによって共同で作業がしやすくなり、楽しく仕事ができるようになります。「君が使ってるナビゲーションかっこいいね。それをこのプロジェクトに応用してみたらどうだろう?」といった感じで、一緒に作業をする上での「道具」をより多く与えてくれるのです。すごくインスピレーションを得ることができるプロセスです。

自分はグラフィックデザイナーだと思いますか?それとも、ウェブデザイナー?また、デザイナーとは何かという定義は変わってきたと思いますか?

マット:僕は自分を、トラディショナル、デジタル両方の背景を持ったデザイナーだと思っています。グラフィックデザイナーであれ、ウェブデザイナーであれ、ブロードキャストデザイナーであれ、限定してしまうと限界があると思います。そういったもの全てを手掛けることができるようになりたいです。スタジオとして個人として、ビジュアルコミュニケーションに関する全エリアで良い仕事をして行きたいです。

ウォーレン:アイディアや思想を表現する手段としてビジュアルコミュニケーションを使っている限り、僕は自分をグラフィックデザイナーだと思っています。また、デザイナーの定義は、デザイナーが「きれいな」ものを作るためだけにデザインを使っているのではないことを認めつつある大衆の認識の中で変わってきていると思います。僕達は、物事を意味のあるものにしているのです。

リー:もしどうしても決めなくてはならないとしたら、デザイナーと呼ばれても構いませんが、ONE9INEではクライアントワークのデザインは、そんなに制作していません。インタラクティブデザインとグラフィックデザインの中間をやっているような感じです。大規模なアイディアのプロジェクトから些細なものまで、プロジェクトをデザインし、それを機能的にするのが好きです。ただ、ものを作るのが好きなだけなのです。

ONE9INEはどこに向かっているのですか?スタジオとしてのゴールは何?

マット:ONE9INEは、今後も常にデザインスタジオであり続けると思います。プロダクトベースのデザイン、例えばポスターやビデオを使った作品など、アウトプットの領域を広げるものをやって行きたいです。今現在、ウェブの仕事が最もお金を稼げますが、様々なメディア間でバランスをとりつつ仕事ができたらと思います。

ウォーレン:今と同じように探求を続けていくことと思います。メンバーは何人か増えるかもしれませんが、大規模なスタジオにすることは考えていません。今年は、例えばブロードキャストなどの他メディアにも進出して行きたいです。また、自分達のプロジェクトだけでなく、他のデザイナーやグループの作品も世に出して行くことができればと思っています。

リー:個人的には、ブロードキャスト関係をもっとやって行きたいです。以前にアフターエフェクツの仕事を少しやっていたことがあって、そこにもう一度立ち戻りたいと考えています。スタジオとしては、クリエイティブなパワーを前面に押し出し、中身のある面白い仕事を続けて行きたいです。

グラフィックデザインは、90年代初/中期の実験的なものからシンプルさに重点を置いた新しいもの、一種のネオモダニズムへと変化してきているようですが、この変化についてどう考えますか?

マット:グラフィックデザインは、カルチャーの中で実際に起こっているものよりも遅れている作られた制度の中で変化していると思います。日本のガスブックやジェフ・マクファーレッジ、エヴァン・ヘコックス、シェパード・フェアリーやその他新しいデザイナーの作品などがその監視レーダーを逃れ、面白いことをやっています。役立つものとしてのデザインという考えが、よりクリエイティブでコラボレーティブなものへと変化してきています。

ウォーレン:全て同じ「型」から生まれたものだと思います。ただ、グラフィックデザインの暦の別の時期にいるというだけです。新しい経済への返答としての「ネオモダニズム」からデザインの企業スポンサーシップモデルへの回帰に及ぶ議論をよく耳にしますが、あえて言うなら、それは僕達皆に関係のある進行中の論議における別のセンテンスであって、刺激であると同時に、未来への返答でもあるのです。

リー:広範囲にわたって、素晴らしいデザインが数多くあると思います。良いデザインは良いのです!デザインにアプローチする考え方を変えてくれるものもたくさんあります。どれも皆ものすごい速さで動いていて、僕にとってはエキサイティングでもあります。ただひとつの願いとしては、僕の作品が常に進化の過程に存在し続けることができればと思います。

個人的にデザインにおいて影響を受けた人は誰ですか?またその理由は?面白いことをやっていると思うデザイナーを教えてください。

マット:FUTURA2000 の大ファンです。長い間に渡って、素晴らしいアート/グラフィティ/デザインを手掛けています。彼の進化と素晴らしいことをやり続ける能力には尊敬します。アート/デザイン/イラストレーション/グラフィティ/オブジェ/プロダクト間のギャップを埋める彼の作品は、僕にとってものすごく革命的です。
エリオット・イールズも、パフォーマンスを通してデザイン、音楽、ナレーティブ、タイポグラフィーをひとつにし、素晴らしいことをやっています。
また、尊敬できる僕の友人達、SUBMETHOD のマイク、ABC のニコ、GMUNK のブラッドレー、ASSOCIATES IN SCIENCE のエド、CHOPPING BLOCK、そして仲間のリーとウォーレンにも影響を受けています。

ウォーレン:最近、ヴィム・クロウェルの作品を知ったのですが、彼が作る作品の幅の広さに完全にやられました。彼のシステムとタイポグラフィーに対する探求は目を見張るものがあり、僕達が今「新しいデザイン」だと考えているものが本当はそれほど新しくないんだということを教えてくれます。スコット・マケラ教授にも、先生として友人として多大なインスピレーションを受けました。BATES+HORI のアレン・ホリも、素晴らしく美しい作品を制作しています。昔からの友人であるバリー・デックも脅威的で、並ぶもののない独特のタイポグラフィーの使い方をしています。もちろん、僕の今のパートナー、マット・オーエンスも忘れてはいけません。

リー:友人達には間違いなく影響を受けています。彼等のクリエイティブさには、すごくインスピレーションを与えられます。マットとウォーレンも、間違いなく常に僕を刺激してくれます。彼等から多くのことを学びました。現在起こっている面白い動きとしては、ドローイングとペインティングを統合してデザインに取り入れている PRESS TUBE のジェームスや KRENING のカレンなど、彼等の作品を見ると、僕自身ドローイングとデザインをミックスして自分のパーソナル作品の中に取り入れてみたくなります。CHOPPING BLOCK にいる僕らの友人も、イラストレーションをミックスしてクライアントワークに取り入れています。また、今何が起こっているのか僕達に教えてくれる K10KDESIGN IS KINKYkIIROI などの活躍も素晴らしいです。もちろん SHIFT もそのひとつです。

最後に一言。

マット:数年のうちに、今後20年間においてデザインがどうなって行くのかを決定づけることになるだろうと思います。僕達は今、カルチャーが集合している場の縁にいて、デザイナー達は今後、その収束の真ん中で活躍することになるでしょう。

ウォーレン:僕達は皆、情熱を持って取り組んでいます。それがなければ、多分今頃マットは高速道路のドライブインで皿洗い、リーはグレービーソースのレシピを開発してメールオーダービジネス、そして僕は、ポルシェの配線関係の仕事に就いて、12インチのサブスピーカーを2台積むにはどうしたらいいのかを計算していたことでしょう。

リー:もっと多くのことを精力的にやっていきたいです。みんなも頑張ってください。

ONE9INE
住所:54 West 21 Street No.607, New York, NY 10010
TEL:212.929.7828
info@one9ine.com
www.one9ine.com

Text and Translation: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE