クレプトマニアック

PLACEText: Kanya Niijima

年末のクリスマス商戦にちなんで、ネット通販系会社による猛烈なキャンペーン合戦が、テレビで飽きる程エアーされていたここアメリカでは、オンライン・ショッピングの需要が予想以上に伸びすぎて、商品発送などの人件的なプロセスでの遅れが生じるサイトの数も少なくはなかったと聞く。ますます過熱する一方のこのネット商法も、書籍やCDなど、高セールスを出しやすいといわれるアイテムならともかく、ファッションとなると、実際の消費者達の細分化されたニーズに100%応えるサイトは、まだまだ数が少ないのが現状のようだ。

そのような中で、ストリートスタイル・フリーク達にターゲットをおいたショッピング・サイトが出現した。クレプトマニアックは、エッジの入ったインディー系のファッションデザインのみにフォーカスをおく、オンライン・ストアの中では稀な存在として注目を浴びつつあるウェブサイトである。

実はこのサイトには、サンフランシスコに5つの店舗を持つ、レアなストリート・ウェアが充実しているストア「Rolo」と、ジーンズのセレクションでは西海岸でトップクラスという「AB Fits」の両店が提携しており、各々のバイヤー達が世界各地を旅行して、自らピックアップしたユニークなアイテムを、店舗に出向かずにウェブサイトを通して手に入れる事ができるという。

インディペンデントに活動しているデザイナー・ブランドとのコンタクトも豊富で、フランスから「Aviatic」、イタリアからはおなじみのディーゼル、エナジー、ミスシックスティ、スウェーデンから J.リンドバーグ、そして日本からは、ハリウッド・ランチ・マーケット、ドープア&ドラッカー、アンティパストなど、100以上に及ぶ、他店では見つからないようなレアなデザイナー・レーベルを豊富に扱っている。

クレプトマニアックでは、各々の商品数を故意に限定することによって、常に最新のスタイルを流通させようと試みている。一つのアイテムが品切れになると、それを再オーダーするのではなく、代わりにより新しいアイディア、スタイルをもつ品物をストックするのである。シンプルで見やすいデザインのこのサイト、世界各国からの最も新しいスタイルを探している人にとってはうれしい存在になりそうだ。

Text: Kanya Niijima

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
スティーヴン・チータム
MoMA STORE