NIKE 公式オンラインストア

フェイク ID

PEOPLE

今月のカバーデザインを制作してくれたのは、サンフランシスコを拠点に活躍するデザインユニット「FAKE ID」。アートインスタレーションでのパフォーマンスからウェブ制作まで幅広く活動し、ウェブサイトでは、シカやバッファローなどの動物をモチーフにしたビットマップスタイルのデザインを展開。彼等のユニークなコンセプトから生み出されるショックウェーブ作品も必見だ。


まずはじめに、自己紹介をお願いします。

ジョシュア:ジョシュア・トゥリーズ。イリノイ出身で、僕のバックグラウンドは、コンセプチュアルデザインとパフォーマンス/ビデオ。FAKE ID は、かつて、1892年に閉園するまでサンフランシスコで一番人気だった遊園地ウッドワーズガーデンの由緒ある地区の頂上にスタジオを構えるデザインユニット。その当時は、サンフランシスコ最大の水族館や日本の鉱物、シカ、トド、バッファローなどの動物学的標本を25ドルで見ることができたそうです。現在その地区は、僕達のような小さなデザインスタジオのホームとなっています。FAKE ID は98年頃設立され、デザインへの本当に意味でのボーダレスなアプローチを提供することを目的とし、僕達を、ウィンドウディスプレイ(URBAN OUTFITTERS)、ファッション(SHIFT FACTORYからリリース予定。一部商品は購入可能。)、アートインスタレーションでの彫刻制作(LA PANADERIA、メキシコシティ)など、アイデアをコミュニケートするために必要な、いかなる分野へも「侵入」することを可能にしています。

イヴァン:イヴァン・マルチネス。ベネズエラ出身で、僕のバックグラウンドは数学。コンセプトにぴったり合うフォームを取り入れています。また、営利、非営利プロジェクトのバランスを保つ努力をしています。

最近の活動について教えてください。

ジョシュア:ゲイ、レズビアン、バイセクシュアル、性倒錯者の社会のための新しいアイデンティティと、そこから発生する2次的なものをクリエイトしつつ、プロモーション的なゲームのためのブレイクダンスチームを展開しています。また、ビルボード、バスのキオスク、ポスターなどで構成される PROJECT OPEN HAND の屋外広告キャンペーンを仕上げているところです。

FAKE IDではどのようなことをやっているのですか?

イヴァン:今、FAKE ID のサイトで一番面白いのは、毎月更新している AIR セクションです。インターネットをメディアとして、アーティスト、建築家、ライター、司会者、デザイナーなどをフィーチャーしています。全プロジェクトは、スキャンされデジタルに変換されたものとは対照的に、スクリーンのためだけに制作されたものです。

様々なデザイナーの作品やインタビューをアップしていますが、今後フィーチャーしてみたいデザイナーは誰ですか?

ジョシュア:分野を問わず、リスクと実験を背負う勇気があり、強烈なコンセプトでプロジェクトを展開している人達。AIR セクションでは、常に批判的、挑発的なコンテクストのために安全ではないコンテンツにライセンスを与えることを目的としています。いろいろな提案も受け付け中です。

ウェブデザインの仕事をするようになったきっかけは何ですか?

ジョシュア:学校を卒業する時に、ダイビングマスターになるべくハワイに旅立とうとしていたイヴァンに出会って、一緒にパフォーマンスやビデオプロジェクトをするようになったのですが、それがすごくうまくいったので、ビジネスに発展するのは時間の問題でした。95年に、最初のHTMLクラスを受けて、本を一冊買いました。イヴァンも同じ本を買って、彼はHTMLを3日でマスターしてしまったのです。他の人達と同じように、僕もウェブの可能性にすっかり魅了されてしまって、それで、ダイビングに行くのを中断して、代わりにウェブサーフィンをやってみないかとイヴァンを説得したのです。

イヴァン:一度始めたらもう止められません。

ウェブデザインで最も重要なことは、何だと思いますか?

イヴァン:ウェブの制約を逆手に取って、それをひとつの出発点として活用すること。あとは、ウェブを、TVの派生的なものではなく、独自のメディアとして捉えること。

ジョシュア:ソフトウェア制作者のアイデアに頼り過ぎないこと。自分だけのスクリプトを書き、既存のソフトウェアを矛盾した形で使うこと。

今回、SHIFTのカバーデザインを制作していただいたのですが、何をイメージし、どのように制作したのですか?

イヴァン:SHIFTのカバーの伝統的なスタイルとは違ったアプローチでやろうと考えました。SHIFTにカバーデザインを依頼されたのと同時期に、ジョシュアと僕が一緒にやったパフォーマンスのオンライン版を作ることを計画中だったので。

ジョシュア:ストックフォルムのカルチャーセンター、YNGLINGAGATAB-1で、すごく面白いパフォーマンスをやったのですが、まず、巨大な段ボールのコンピューターを作って、参加者にカードを配ってサインをしてもらって、奇妙なインターフェイスにそれを入れてもらいます。僕ら2人がラジカセを持ってその箱の中に入って、大袈裟に箱を揺らしてオールドスクールのビープ音を出して、それに反応します。伝統的な筆跡学と占いに基づいて、ビットマップで書かれた各ユーザーの分析結果の用紙を段ボールのコンピューターから吐き出します。最後に書かれている言葉は決まっていて、どの分析結果も「アートに関係する仕事に就くことをお勧めします」という一文で締めくくられています。

サンフランシスコについてお聞きしたいと思います。何か興味深い動きはありますか?

ジョシュア:手のひらサイズの機器、ポータブルMP3プレイヤーと、ピンク色の髪の毛。

イヴァン:WML(ワイヤレス・マークアップ・ランゲージ) 。


サンフランシスコで活動することについてどう考えていますか??

イヴァン:なかなかいい質問ですね。サンフランシスコで活動することは、特権であると同時に、問題もあります。

ジョシュア:問題のひとつは、シリコンバレーに近接しているおかげで、誰よりも先にテクノロジーに関する情報やベータバージョンを手に入れることができるという状況で、自分達の「インサイダー」によって搾取されてしまっているということ。一方で、テクノロジーに対する地元の抵抗が、ヤッピーと同じような「ドットコマーズ」と呼ばれる新しい人種を作り出してしまっています。僕は、ドットコム資金のオフィスに対する、特に、結果的に無情にも家を立ち退かざるを得ない状況に追い込まれた人達からの政治的な反応があるべきだと信じていますが、講議する人達の多くは、技術的な合併による都市計画の問題を複雑にする「自分達 対 彼等」という精神性を取り入れてしまっています。このことが、携帯電話を持ち歩き、ドットコムカンパニーで働くことによって、周りの全ての人を「敵」にしてしまうのです。

日本についてはどう思いますか?

イヴァン:はっきり言って、僕はオタクです。日本に関して一番近いと感じるのは、スクエアソフトの全ゲームをプレイしたことがあるということですね。

ジョシュア:実際日本に行ったことがないので多くは言えませんが、日本の表現方法に見られる繊細さには尊敬させられます。混雑した場所は好きではないので、東京は多分僕には合わないと思いますけど。

今興味のあることは何ですか?

ジョシュア:至る所に存在するコンピューター関係のものと、アイスランドの、家系に対する脅迫観念。

イヴァン:小説「DUNE」。全シリーズを今英語で読み直しているところです。

好きなビジュアル/グラフィックデザイナー/サイトを教えてください。

CHAMPION GRAPHICS (ロサンゼルス):ジェフ・マクファーレッジこそがチャンピオン。
NATURAL BORN (ニューヨーク):ケヴィン・リオンズの魅力。
WALKER ART CENTER(ミネアポリス):アートとデザインをひとつにしている。
TREE-AXIS (サンフランシスコ):僕らの仲間でもあるけど、名前を挙げる価値がある。
KALIBER 10000:常に新鮮。

TOKION:雑誌が好き。ウェブサイトもまあまあ。
Y-1:ミックス&マッチのカルチャーセンター。
HOUSTON:かっこよくてバカバカしいサイト。
BAM-B:セクシーなシカとエイリアン。

最後に、今後の予定を教えてください。

イヴァン:もうすぐ新しいスタジオに引っ越す予定です。
ジョシュア:しかも、今の場所からたった1ブロック先!

FAKE ID
住所:27 Woodward San Francisco, CA 94103 USA
TEL:+1 415 255 9761
www.fake-i-d.com

Text and Transletion: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE