イエロー・ペリル

PEOPLE

ここ数カ月寒くなり始め、アウトドアパーティーが開かれることはほとんどなくなってきた。寒さに負けじとがんばっている人達のために、CHINESE LAUNDRYが Nick Toth やAJAXなどといったDJ達を起用して金曜と土曜の夜にいい音楽を提供しているが、観客の全体的な低俗さはシドニーの夜をつまらなくしている。
SUBLIMEナイトクラブで何日か前に起こった悲劇的な死はメディアに大きく取り上げられた(真実はほとんど取り上げられてはいないが)。その裏に潜んでいる本当の意味は、この場所が生き残ることが出来るかという点ではまだ分からない。そのナイトクラブは以前はシドニーで最もきれいで安全で、最もプロフェショナルなナイトクラブだと定評があり、最近はサウンドの質を向上し、最先端のスタジオを取り付けるために大規模な投資をしているところだった。
それは別にして、とても楽しく知的な Sub Bass Snarl による日曜の夜のFRIGIDが今年の8月1日で3周年を迎えた。日曜の夜のつまらなさを打破することの出来る、めったにない楽しいイベントで、FRIGIDは一貫して最先端で実験的なパフォーマンスと映画を提供し続けているイエロー・ペリルを紹介しよう。


まずはじめに、3周年おめでとうございます。厳しい道のりでしたか?

いいえ、全然。毎回厳しくなっていく中で僕達はラッキーだと思います。例えば、僕達の最初の活動に影響を与えたKINSELASの閉鎖(96年12月)や、DENDYの経営状態が変わった結果、断念することを決めたこと(98年12月)など、全て切り抜けることが出来ました。FRIGIDは常に財政的に組織されているので、コストに見合うようにCRYOGENESISや、CYCLIC DEFROST、Club KOOKYとのDUNGパーティーなど、僕達が計画したこと全てを実行することが出来ます。僕達(Sub Bass Snarl & Sir Robbo)の誰も、お金を無駄にすることをしないので、利益シェアを基本に最小限のコストで仕事をし、企業スポンサーシップや財政上の提携などに頼る必要がないようにしています。1994年から現在まで、僕達が経営したもの(イベントやCDリリース)の中でお金を無駄にしたものはありません。もちろん、利益全体は微々たるもので、他のプロジェクトにあてられています。僕達は皆一律の給料を貰い、同じように扱われ、利益は全てフリーのマンスリー雑誌CYCLIC DEFROSTやスペシャルイベントなどを通して全ての人に還元されます。

FRIGIDは、音楽的なスタイルとメディア両方の異なったジャンルの集中性に対するオープンさで、ある程度特徴づけられていると思います。ジャズポエッツ、B&WクラシックNosferatuのエレクトロミックス、デトロイトベースから地元のライブバンドの音楽まで。これは意識的なイデオロギーの形ですか?それとも年月を経るうちに成長していったものですか?

FRIGIDは1993年から95年までのアンダーグラウンドレイブシーンで、僕達が深く関わっていた「chill space(冷たい空間)」というアイデアを持った意識的な努力の形として、また、人々が新しいサウンドに触れることが出来、みんなをひとつにする方法のひとつとして1996年に設立されました。同じ精神が1997年から99年に僕達がオーガナイズしていた2SERの慈善パーティーのFREAKY LOOPSシリーズの土台となっています。KINSELASではLeeroy BrownやMetabassといったヒップホップのクルーとDJがいて、ラウンジDJにはMoodarama、ジャングル/ドラムンベースではRaised By Wolves、いろいろなことをやっていました。DENDYではショートフィルムナイトで映画の要素を取り入れ、毎週 「憎しみ」や「猿の惑星」、「フォクシー・ブラウン」、「レジェンド・オブ・フラッシュファイター格闘飛龍/方世玉 」などを取り上げていました。ニュータウンのThe GLOBEに活動の場を移した今では、映画の要素を保ちつつもっと多くのライブを行うために余分なスペースやPAがあります。90年代始めのレイブのチルアウトルームがあり、Club
KOOKYと共に、多様性のはっきりしたポリシーを持った唯一のクラブです。
僕達(Sub Bass SnarlとSir Robbo)の誰も、サウンドや人の間にバリアをはることを望んでいる人達のための時間はありません。また、ここ半年間で、1950年代からの音楽を広げるような広い範囲のサウンドを紹介するためにFRIGIDのセットを移動しました。僕達にとっては音楽のスタイル的な分類は、「カテゴライズ」される必要がある市場やレコードショップのニーズを提供しているに過ぎません。ある意味では、僕達は変化するスタイル、アンチ・サブカルチャーを生み出そうとしています。サウンドは、ヒエラルキーという点で何を表現するのかではなく、それがどう聞こえるか、それによってどんな感じになるかで認識されるのです。また、僕達は故意に「ダンスフロア」を無視しているわけではないので、パフォーマーはムードを感じ、普段はプレイしないような曲をプレイすることが出来ます。アルコールを多く飲ませるために「楽しい音楽」をプレイしたり、踊らせるために速い音楽をプレイする必要はありません。その代わり、FRIGIDはサウンドの間に橋をかけ、ジャングルとダブ、テクノとミュージックコンクリート、ヒップホップとエレクトロ、機械音とジャズの共通性を見極めようとしています。

バックグラウンドを教えてください。また、それがSnarlとどこで結びついているのですか?

Sub Bass Snarlは、ニュージーランド生まれで、パケハとチャイニーズのハーフの僕イエロー・ペリルと、イギリス生まれでドレッドヘアのレックス・ルーサーの2人です。1991年に大学で出会い、何百というレイブでプレイし、VIBE TRIBEのフリーのパーティーというアイデアとPUNOSのアーティスティックなデザインの解放に多大な影響を受け、いろいろなものに関わってきました。

最近、「アンダーグラウンド」というコンセプトの誤用が一般にはびこっているにもかかわらず、あなたがやっているイベントや発行物は、純粋にサブカルチャーに対する草の根的なアプローチでの自主経営を目標とし、アンチ金儲け、アンチ企業というスタンスがあるように感じます。シドニーのダンス/エレクトロシーンは企業スポンサーシップを通してどの程度妥協していると思いますか?

今現在のダンスシーンやその他のシーンは1980年代の終わりに育った人達で作られています。その頃は政府が全てを民営化し、企業を奨励していました。レイブは全て企業家のアイデア次第です。税金を払っているレイブプロモーターを何人知っていますか?それと同時に、レイブはコミュニティーでもあるので、クリエイティブな摩擦を生み出す2つの傾向があります。1994、95年に警察の取り締まりによってレイブや関連イベントが姿を消してしまった時に、クラブへと移動して行きました。クラブではアルコールを出し、それに応じて音楽も移り変わって行きました。クラブの場所と、観客がクラブスペースと互いに影響し合った結果が、音楽的な束縛を巻き起こすのです。
なぜ皆がイベントのための一種の冒険資本として企業スポンサーと契約するのかは理解できます。海外ツアーという点に関しては特に。でも、皆が他の手段を考えているとは思いません。例えば、資本金を集めるとか。資本金を集めるということは、人が集まってお金を出し合うということです。バンドのツアーを呼ぶとすると、5000ドルの費用がかかります。僕達ならシドニーでそのバンドのライブを見たいという人を10人集めて、それぞれに500ドルづつ出してもらいます。もしパーティーで4000ドルの利益しか得られなかった場合は、1000ドルの損失を10人でシェアします。それぞれ100ドルで、長い間見たいと思っていたバンドと一緒に過ごす経験が出来、公平な取り引きになります。もちろん、投資した10人はお互い一生懸命にイベントをプロモートし、最大限の努力をすることになります。
スポンサーと契約しなければならない時に、彼等も同じようにその取り引きから何かを得ているのだということを理解することが大切です。スポンサーのことを考えてステージを飛び回る必要は少しもありません。スポンサーはどんな場合でも、アンダーグラウンドなイベントに関わったことが嬉しいのです。2SERのFREAKY LOOPS慈善パーティーでの例を挙げると、スポンサーはイベントの費用を引き受けるために2SERに使われ、その代わりスポンサーは大規模なアンダーグラウンドイベントに関わることが出来たのです。リーバイスのようなスポンサーがついた時にはそのことを理解しなければなりません。彼等はここ10年間で「若者」向けの市場シェアが大幅に崩壊している立場にいるのです。実際彼等は音楽や人は気にしていません。同じように、アルコールのスポンサーと契約した時には、アルコールがイベントで大規模な暴力沙汰を巻き起こし、社会的な問題を引き起こすことは言うまでもないということに気付くべきです。

最近、Snarl Heavy IndustriesはいくつかのことをFRIGIDと平行してやっていますね。フリータイムには何をしているのですか?(インタビューを受けることは別にして)

フリータイムですか?Snarlではウェブページをやり、デイル・ハリソンと共に雑誌を編集し、ストリートのプレスやいろいろなところに記事を書き、日々の仕事としてITで働き、UNSWとUTSでメディアと社会政策について教えています。レックスは設備の整ったスタジオでサウンドを制作し、日中はITで働いています。僕達はもう3年もの間、家でくつろいで日曜の夜のテレビを見ていないんです!

では、今後の予定は?

たくさんリリースし、12月にCRYOGENESISのイベントをやり、FRIGIDを多様化し、続けていきたいと思っています。

Text: Adam Hulbert
Translation: Mayumi Kaneko

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE