アート・ステージ・シンガポール 2013

HAPPENINGText: Fann ZJ

今年で3回目となるアート・ステージ・シンガポール2013が開催された。世界各地からコレクターやアーティスト、アートファンらが集う一大イベントであると同時に、シンガポールのアート経済を盛り上げる機会ともなっている。最近では、ギルマン・バラックス(アジアの現代アート発信地とも言われるシンガポール最大のアートスペース)のオープンや、チャンギ空港に隣接するアジア初となる美術コレクションの管理・取引を行うシンガポール・フリーポート、ナショナル・アート・ギャラリーのオープンが控えるなど、シンガポールがアジアのアートシーンを先導するエリアになりつつある。

Art Stage Singapore 2013

18の地元のギャラリーを含む、130以上(3/4がアジア太平洋地域から)のアートギャラリーがそれぞれのコレクションを紹介したアート・ステージ・シンガポール2013。2012年の11月に開かれたアフォーダブル・アート・フェアに続いての開催となったアート・ステージでは、アートがより手頃で身近になりつつあるのと同時に、よりプレミアムなアート産業を始動させる役割を果たした。

Artstage%202%20Fost%20Gallery.jpg
Fost Gallery

いくつかのギャラリーは、一人のアーティストにフォーカスし、ストーリー性を持った作品紹介を行った。地元のフォスト・ギャラリーでは、スークーン・アンの工芸作品を展示。スポットライトの下には、彼女によって魔法をかけられたかのような、結晶化したパンの作品が展示された。

Artstage%203%20Ai%20Wei%20Wei.jpg
Ai Weiwei’s “Aibudao”

そのほか、草間彌生のドットがちりばめられたギャラリーには、ウォーホルやピカソ、アイ・ウェイウェイの「アイブダオ」とエリック・ソウによるコラボレーション作品やなど現代アートのマスターピースがが並んだ。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
フェルナンド・トロッカ
MoMA STORE