NIKE 公式オンラインストア

医学と芸術展:生命と愛の未来を探る ― ダ・ヴィンチ、応挙、ダミアン・ハースト

HAPPENINGText: Alicia Tan

「芸術こそ至上である!それは生きることを可能ならしめる偉大なもの。生への偉大な誘惑者、生の大きな刺激である。」とはニーチェの言葉。それと同じ感情を、医学と芸術という2つの相容れないエリアが出会い、発展していく場所として人間の身体に反映しているのが、森美術館で行われている「医学と芸術展」だ。

Medicine and Art
“Medicine and Art: Imagining a Future for Life and Love”. Photo: Osamu Watanabe, Courtesy of Mori Art Museum

ロンドンのウエルカム財団のコレクションから150点程の貴重な医学資料や歴史的な現代美術品を集めた展覧会場は、ユニークな雰囲気に包まれ、見るものは自らを観察し究明することで、科学や美の始まりを追求していく。

レオナルド・ダ・ヴィンチのファンにとって朗報は、英国ロイヤルコレクションのダ・ヴィンチ作解剖図3点の展示だろう。その内2つの解剖図は日本初公開となった。

Medicine and Art
Leonardo da Vinci Two Studies of a Cranium. 1489. Pen and ink, over traces of black chalk 18.8×13.4 cm. ROYAL COLLECTION ©2009 HER MAJESTY QUEEN ELIZABETH II

展覧会は、「身体の発見」「病と死との戦い」「永遠の生と愛に向かって」の3部構成。私たちの身体へと侵入する医療との関係性や、さらに私たちがどうやって医学により癒されるかを説明する、医療器具やイラスト、日本画や現代インスタレーションなどを参考にし、過去、現在、未来のその関わりを探っている。

Medicine and Art
Jacques-Fabien Gautier d’Agoty Dissection of a Pregnant Female Figure. Lateral View. 1764-65. Oil on canvas 193×53.5 cm. Wellcome Library

展示会場へ入ると、まず迎えるのは ジャック・ファビアン・ゴーティエ ・ダゴティによる2つのペインティング作品。今にして思えば、何とも衝撃的な展覧会の序章である。ダゴディの解剖された女性から芸術と医学の融合が全て丸見えとなっている作品だ。冷酷な科学的アプローチが和らいでいて、控えめなのは、芸術的価値がある作品だからであろう。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
マリアンナ・ドブコウスカ
MoMA STORE