朝食のためのリーディング

HAPPENINGText: Gisella Lifchitz

リーディング・フォー・ブレックファストという団体がある。これは、およそ2週間毎に開かれるサークルで、朝食をとりながら物語の朗読を楽しむのが目的だ。そして今回、このサークルからのはじめての本が出版された。そしてその記念パーティーが、寒空の中、6月7日の午後、ブエノスアイレスのあるタワーで行われた。

南半球に位置するアルゼンチンは今、冬。天気は大荒れだったが、タワーの窓からは街全体を臨む景色を楽しむことができた。私達が参加したお茶会が行われたビルは(今回はブレックファストではなくランチでした)イングリッシュ・タワーという名称がついており、名付け親はイギリスからアルゼンチンに移住したイギリス人だとか。このタワーがイギリス人住民からアルゼンチンに、1810年5月に発生した独立記念日を記念して寄贈されたためだ。そして現在このタワーでは、6つのホールを利用して現代アーティストの展覧会が開催されている。

サークルのメンバーが一同に集結し、朝食を共にする。ゲストが紹介する題材も様々。クッキーをお供に、本を読み、そしておしゃべりを楽しむのがこのサークルの基本だ。毎回その会合は録音され、それが文書になる。それが何度となくくり返されているのだ。

リーディング・フォー・ブレックファストがはじめて開催されたのは、2001年のこと。当初はグループの規模もまだ小さく、様々な本についての意見を交換するために場所を借り、会合を開いていた。そしてその目的と言えば、お祭り気分の精神と政治との間に繋がりを作ることであった。メンバーを代表して朗読する人物がおり、ちょっと沈黙があると、その時に聞こえるのはお茶をすする音だけだ。

会合開始1周年を記念して行われたパーティーはビューティー&ハピネスというギャラリーで開催。お茶会ではなく、朝食会にスタイルが変わったのは、2002年に入ってからのことになる。当時は金融危機の影響で、地元自治体は包囲状態であったが、会合は公の場で続けることができた。ブエノス・アイレスの中心街、第9フリオ通りに面しているスタジオ、バー、カフェ、はたまた地下鉄駅に隣接している駐車場など、彼らの会合の場所は実に様々だ。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ステファン・マークス
MoMA STORE