ソナー 2014

HAPPENINGText: Julio Cesar Palacio from Panopttic

ソナーは毎年規模を拡大しており、最近ではアーティストのラインナップにも変化が現れている。「進化とマルチメディアのフェスティバル」と題するのがもはや難しくなり、今や主流イベントの方向へと向かっている。しかしながら、ソナーは今年も大成功し、そのラインナップは非常に魅力的で、新しく先端を行く企画は迫力あり貴重なものだった。

Nils%20Frahm.png

ソナーホールは1年前に新設された美しい施設だが、スペイン広場のフィラで繰り広げられるソナー昼の部のためにしっかりと整備がされていた。
木曜日の早くからソナーホールではドイツのニルス・フラームの若い作曲家やピアニストがそろい、美しいセットを背にクラシカルなピアノ、シンセサイザーを熱狂的なアクションでジャンプして奏でていた。力強いバスのラインととともに澄んだ奇麗なサウンドが響き渡った。最高のフェスティバルのスタートに会場は大きな拍手で応えた。フラームはピアノの上に汗をしたたらせ、全てを出し尽くすと約束した通りその信じられない才能を見せつけた。

まだ木曜日だというのに人々は早くからフィラに集まり、会場の空気は幸せ一杯だった。皆1年間このフェスティバルに参加するのを待ち望んでいたのだ。昼の部は早くから混み合ったが、この新しいフィラの会場はこれまで以上に広く充実し、皆が色々なステージを動き回ることを可能にした。

Nisennenmondai.png

我々が参加した2番目のショーは日本のバンドにせんねんもんだいのライブ。3人組がソナーホールをロックの構成(ドラム、ギター、ベース)で作られるエレクトリック・ビートで圧倒し、クラウトとポストパンクのテイストを取り入れたプログレッシブダンスのリズムが終わることなく続いた。

Chris%20%26%20Cosey.png

私が記事の最初に書いたように、ソナーは、先端を行くミュージックフェスティバルのタイトルを守るために、メインストリームとアヴァン・ギャルドの葛藤を見事に制した。私を含む多くの人々にとってクリス&コージー(コウム・トランスミッション、スロッピング・グリッスルのクリス・カーターとコージー・ファニー・テュッティ)の音楽的実験がまさにソナーの真の姿を語っていた。ベテラン達はイービーエム、インダストリアル、そしてテクノからエレクトロニック音楽を教えてくれた。この音楽的トーテムポールによる演奏を見られたのは本当にすごいことだ。

Daniel%20Miller.png

野外のソナービレッジではミュートレコーズの代表、あのダニエル・ミラーによるDJセットが組まれた。プロデューサー、ミュージシャン、そしてDJの素晴らしいパフォーマンスとともに人々は太陽の下で踊った。

Ben%20Frost.png

フェスティバル全体を通して最も優れたステージ、最もユニークで特別な演奏が展開された場所、それはソナーコンプレックスだ。心地よく堂々とした講堂で、暑さや人ごみから逃れ、椅子にリラックスし、今回のイベントで最もわくわくするコンサートを見るのに最適な場所だった。ここでは、二人のドラマーが加わった事で迫力を増したオーストラリアのベン・フロストのライブからスタートした。フロストが真ん中、ドラマーはそれぞれのサイドから向き合う形で位置に着く。フロストはシャープなリズムのパーカッションを用いてホワイトノイズや複雑な音環境をつくり、音響器機の可能性を一段階上のものへ、パワフルで痛快なものにした。

Plastikman.png

コンプレックスでの音体験を後にすると、外はもう暗く、ビレッジはフェスティバルの人気者の一人リッチー・ホウティンの登場に混み合っていた。今回はヨーロッパプレミアとなる プラスティクマンのオブジェクトの登場だ。抽象的なヴィジュアルとライトが交錯する中に浮かび上がるオベリスクトーテム。音楽が会場とシンクする混沌の中で、プラスティクマンはビレッジのオープンエリアに突然現れた。これがソナー昼の部の最も壮大なエンディングの一つだと私は記憶している。

Oren%20Ambarchi.png

初日がソナーコンプレックスの抽象的な音楽で幕を閉じたとすれば、2日目はもう一人のオーストラリア人によるやはりハイクオリティのパフォーマンスで始まった。オーレン・アンバーチはソナーとポーランドのフェスティバル アンサウンドから生まれた特別作品「ノッツ」を披露した。エイヴィン・カンとジョー・タリアのドラムが率いるクラコヴィア・シンフォニエッタの20人のミュージシャンによる作曲は素晴らしく、特別感あふれていた。

DESPACIO.png

このショーが終わると、ジェームズ・マーフィートゥーメニーディジェイによる「デスパシオ」が特別出演し、アメリカの「マッキントッシュ」社のサウンドシステムを使用したビッグジャズが始まった。このユニークなステージでディスコを楽しんだのは、フェスティバルの参加者総数を考えるとほんの一握り、たった1200人。マーフィーとトゥーメニーディジェイのクラブは7つのサウンドシステムタワー(3mtsのハイテク)と、ディスコボールや惑星が天井を飾るスペースで、ディスコミュージックと心地よい振動を毎日約6時間も展開していた。まるでソナーという国の中にある独立共和国のような素敵な場所だった。

Tarek%20Atoui.png

コンプレックスに戻ると、レバノンのタレク・アトウイのライブパフォーマンスが始まっていた。彼が作った楽器はオーガニックでアブストラクトな音のパレットのようで非常に面白い。アートや音の実験的音楽はシンプルだが雄弁だ。

Bonobo01.pngBonobo02.png

このとき、ソナービレッジではパーティーが始まり、ボノボの出演がその勢いを増していた。素晴らしい音階を持つボーカル達のビッグバンド。ニンジャチューンのバンドはシモン・グリーン、そして才能あるミュージシャン達のグループの絶妙な音色を醸し出すシンガーとともに炸裂した。

Oneohtrix%20Point%20Never.png

アメリカ人ダニエル・ロパティンと彼のオネオトリックス・ポイント・ネバーのプロジェクトを見に、コンプレックスまで戻った。素晴らしいビジュアルに身を包んだアーティストはシューリアルなスペースにバロックミックスのセンセーションを起こし、多面的な音とその脈動が退廃的未来主義とのパーフェクトなコンビネーションを醸し出していた。
ロバティンはハイパーモダニズムと古代美学の狭間にいるような特別な存在だ。インターネットカルチャーと音を実験させその魅力を光放っている。

Buraka%20Som%20Sistema.png

夜もふけてきたがソナーの醍醐味はパーティーにあり。人々は体を揺らして踊り続ける。レッドブル・ミュージックアカデミーによるソナー夜の部ほど楽しいパフォーマンスはない。ブラカ・ソム・システマのけばけばしいクドウロ、クンビア、電気レガトンのミックス。この4人組こそ、人々が探し求めていたパーティー・スターだ。ビートにあわせ汗をかきながら踊り、パーティータイムのスタート!

R%C3%B6ysksopp_Robyn.png

ノルウェーのデュオ、ロイスコップとスウェーデンのスターロビンという強烈な2組のアーティストによるライブがソナークラブとして大聖堂で始まった。二人のミックスは殺人的。ロビンはとてもエネルギッシュで今にも爆発しそうだし、その動きはセクシャルとも言えるくらいだ。エレクトロニックポップを存分に楽しむべくソナーナイトを皆が期待していた。

Woodkid.png

一つ大きな驚きだったのは、フランス人アーティスト、ウッドキッドのパフォーマンスニ対する人々の反応だ。アーティストのクオリティはもちろんすごいのだが、軍服姿の迫力のビジュアルで演奏するドラムとパーカッションはドラマチックで脳裏に焼き付くものだった。メランコリックな瞬間、暗い空間、そして軍隊のドラムビートが一つになる興奮のとき。ワオ!

Flux%20Pavilion.pngPretty%20Lights.png

パフォーマンスは夜通しのダンスを加速させる。狂気的なパーティーの時間だ。ソナークラブでは、フラックスパビリオンとディージェイングのエレクトロニックダンスミュージックを最大限に楽しんだ後、プリティー・ライツのライブが始まり、皆そのサンプリング、スクラッチング、ダーティーバス、ネオンライト、そしてエクスタシーを堪能した。

Neneh%20Cherry.png

いくつもの素晴らしいショウとたくさんの楽しいイベントが、1週間という時間を忘れさせた。そしてまだもう1日と1晩残っていることが信じられなかった。その日はネナ・チェリーとロケットナンバーナインから始まった。新しいレコード「ブランク・ポケット」で久々に戻ったネナ・チェリーは、彼女の持つ強く、絶妙なユニークな歌声で私たちを喜ばせてくれた。美しいポップミックスは、新しい時代のソウルを語る歌姫だ。

Kid%20Koala.png

ソナーのいつものお気に入りと言えば、レコードをターンテーブルでスクラッチする昔からのDJ技だ。ビレッジのステージでは、夜明けを待たずに、キッド・コアラがキュートなコアラの着ぐるみをまとい、現地の参加者に向けてカタロニア語をしゃべり、キャバレーダンスのサプライズ出演も用いながらいつものごとくステージに魔法をかけた。コアラは、美しい「ムーンリバー」を含む、彼の、それから彼の母親と娘のお気に入りの楽曲をパフォーマンスした。綺麗で、おかしくて、全てハッピー。ステージからジャンプしたコアラは観客に囲まれ、いつものように魅力全快だった。

D%C3%A2m%20Funk.png

レッドブル・ミュージックアカデミーによるソナードームではロスからのダム・ファンクによるブギーファンクが展開されていた。一時テクニカルな問題が発生し、ショーが中止になるのではと心配もあったが、突如全てが完璧に動き出し、アーティストはユニークでクラシックなエレクトロファンクスタイルで会場を沸かせた。銀河系エレクトロニックビートとファンクの融合だ。

TOKiMONSTA.png

その直後には同じステージでロスのDJでありプロデューサーであるトキモンスタがダンスミュージックのフレッシュなビジョンと彼女のラボから作られたビートを披露。それは夜の部最後に必要な音楽だった。トキマスタは、ドームにあふれる観客たちがビートに合わせて踊る反応をとても喜んでいた。

Massive%20Attack01.png

このあと、我々はこの会場を去らねばならなかった。マッシブ・アタックの昼の部が待っているからだ。この3日間、信じられないほど多様な音楽と企画を楽しんだ。新しいスペースフィラは大成功だったし、アヴァンギャルドで異様な音楽や音の実験を見せたソナーコンプレックスの講堂はここ数年のベストと呼べるだろう。

Massive%20Attack02.png

さて、マッシブ・アタックのライブ。いき過ぎることのない、でもシンプルでは終わらない快楽とエレガンスさ、そしてパワー。複雑だけど正確。音とビジュアルの完璧なマッチング。数々のミュージシャンに影響を与えてきたすごいバンドである。彼らの讃歌が頭に残る。それを聴いた者は、それを見た者は、忘れることのできない体験をするのだ。

Lykke%20Li.png

リッキー・リーの音楽は繊細でエレガントだ。ニューアルバム「アイ・ネヴァー・ラーン」で、彼女はどのように人々の心を奪うのかを学んだに違いない。皆、彼女のカリスマ的なボーカルの音色に聞き惚れていた。美しいショーだった。

Laurel%20Halo.png

メインステージではなかったが、ソナーカーには、ローレル・ハロを慕う人々がたくさん集まり、会場ならではのアーティストと観客同士が近い雰囲気を楽しんだ。ワイルドなパーティーでダンス漬けになる前にこのショーを見ておくのはパーフェクトなタイミングだった。彼女のライブはユニークでいつも新しい発見がある。落ち着き払った態度は自信に満ち、まるで自宅で歌っているかのようだが、その歌声は天地を覆すのだ。

CHIC%20feat.%20Nile%20Rodgers.png

このコンサートは我々に良質なミュージシャンによる良質な音楽はどんなエレクトロニック、コンピューター、プラギング音楽よりもパワフルでピュアであることを実感させてくれた。チック・フィーチャリング・ニール・ロジャース。彼らは2006年のソナーで演奏し、もちろん私もそれを見ていたが、今回のライブは年月を感じさせない素晴らしいものだった。同時に、うまく言えないが何かが違った。皆が大きなソナーパブのステージに立ち、おなじみのビートと歌詞で全ての歌を楽しんだ。私自身も最後の2曲を大勢の人々とステージで踊った。そしてこの後、やっと家路についたのだ。本当に感動的なイベントだった。

Sonar%202014.png

8年以上、このフェスティバルの記事や写真を手がけてきたが、イベントは毎年改良され、もはやティーンエイジャーではなくなった。組織的に見ても、会場デザインを見ても、ソナープレス部門を見ても。フェスティバルは間違いなく年を重ねるごとに増々エキサイティングになっている。

Sonar 2014
会期:2014年6月12日(木)〜6月14日(土)
会場:Fira Montjuïc, Fira Gran Via L’Hospitalet
住所:Avinguda Rius i Taulet, s/n 08004 Barcelona (Fira Montjuïc), Av. Joan Carles I 08908 L’Hospitalet de Llobregat (Fira Gran Via L’Hospitalet)
http://www.sonar.es

Text: Julio Cesar Palacio from Panopttic
Translation: Fuyumi Saito
Photos: Julio Cesar Palacio from Panopttic

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE