ギャラリー・ウィークエンド

HAPPENINGText: Kiyohide Hayashi

アートの季節と言えばいつを思い浮かべるだろうか。多くの人は「芸術の秋」の言葉のように秋を思い浮かべることだろう。だがベルリンでは秋だけでなく春もアートを楽しむことができる。なぜなら毎年4月下旬から5月上旬にかけて「ギャラリー・ウィークエンド」と呼ばれるイベントが開催されるからだ。そこでは多くのギャラリーが時期を合わせて展覧会を開始し、同時に様々な関連イベントを行なう。こうしたイベントではベルリンのアートシーンに起きていることを感じることができるだろう。そんな「ギャラリー・ウィークエンド」について報告することにしたい。

galerie%20neu.jpg
Galerie Neu

2014年の「ギャラリー・ウィークイベント」は5月2日から4日、金曜日から日曜日までの週末3日間にわたって開催された。ベルリンのアートシーンになくてはならないものとなったイベントだが、意外なほどその歴史は新しい。2005年に始められており、今年2014年で10年目を迎えた。当初20軒のギャラリーで始められたイベントは年を追うごとに参加数が増え、今では倍以上の50軒が参加している。参加ギャラリーは国際的なアートフェアに参加するエリートギャラリーが多く、イベントへの参加がステータスとなるほど。だからこそ、このイベントでは質の高い展示を見ることができるのだ。

GALERIE%20KAMM2.jpg
NEGATIVE PLATE (MOULES FRITES), 2014, China plates, polyester resin, polyurethane lacquer, silicone, mussels shells, 30 x 30 x 11 cm

「ギャラリー・ウィークエンド」自体は週末のみの開催だが、そこで始まる展覧会は週末以後も継続される。そのためイベントがなぜ重要なのか疑問に感じる人もいるかもしれない。その答に挙げられるのは短期間で多くの展覧会を訪れられること。時期を合わせて展覧会が開催されるため、展示替えなど休廊を避けることができる。また多くのオープニングレセプションが開催されるため、アートシーンに漂う雰囲気はいつもより華やか。こうしたこともあってドイツ国内外から多くの人が訪れ、それを見越してギャラリーは力を入れた展示を行なうことになる。つまり「ギャラリー・ウィークエンド」では短時間で重要な展示をまとめて見ることができるのだ。

buchman%20galerie.jpg
Wolfgang Laib, Ailleurs – La chambre des certitudes, 1997, beeswax, wood Inner dimensions: 324 x 78-120 x 485 cm, Courtesy the artist and Buchmann Galerie Berlin, Photo: Roman März

「ギャラリー・ウィークエンド」のハイライトの1つは国際的に活躍するアーティストの展示だろう。例えば、ブッフマン・ギャラリーが見せるヴォルフガング・ライプの展示。蜜蝋、米、ミルクといった自然素材を作品に使用することで知られるアーティストは、今回は蜜蝋を使用した作品を見せている。ギャラリーに設置されたのは白く細長い構造物。シンプルで取り立てて特徴の無い構造物には入り口があり、薄暗い内部へと入ることができる。そして中に漂う強烈な蜜蝋の匂いで、初めてこの構造物が何で作られたかが判るというもの。このように自然素材の素材感を生かすアーティストは今回もその特徴をいかんなく発揮していた。

Sprueth%20Magers.jpg
Peter Fischli / David Weiss, Eine Ansammlung von Gegenständen, 1982-2013, Polyurethan, painted, Dimensions variable, installation view, ‘Eine Ansammlung von Gegenständen’, Peter Fischli David, Weiss, Sprüth Magers Berlin, May 2 – August 30, 2014, Copyright Peter Fischli / David Weiss, Courtesy Sprüth Magers Berlin London

他に多くの注目を集めていたのは、スプルス・マーガースでのペーター・フィッシュリとダヴィッド・ヴァイスの展示。国際的に活躍するアーティストはその名声に違わぬ素晴らしい展示を見せた。ギャラリーに設けられたのは中に入ることができない部屋。室内には木片やタイヤや椅子といった様々なものが見える。実物に見えるこれらの展示物はポリウレタンで似せて作られたもの。「レディメイド」と呼ばれる既製品を美術作品として見せる手法があるが、ここでは既製品に見せかけた手作業によって作られた作品を見せている。美術史に登場する手法を応用するユーモア溢れる作品だが、作品がそもそも何なのかを考えさせる印象深いものとなっていた。

GALERIE%20KAMM.jpg
UNTITLED (HOW DOES IT FEEL), 2014, 2014, Full HD Video, colour, sound, 8:20 min, loop, format variable

このように世界各地で紹介されるような世界的なアーティストが見ることができる一方、若手の才能あるアーティストの展示も見ることができる。中でも印象に残ったのはギャラリー・カムシモン・デュブレー・メラー。彼はビデオと共にインスタレーション作品を展示している。映像では様々な機材を用いて食品を撮影する様子や、撮影された写真がパソコン上で処理される様子を映し出す。こうした映像を通じて、広告などで見かける食品写真が現実とはかけ離れた非現実なものであること感じさせる。同時に食べることができない食品サンプルの実物を室内に並べ、何が現実かを問う挑発的な展示となっていた。

galerie%20neu2.jpg
Galerie Neu

「ギャラリー・ウィークエンド」では展示によってアーティストが強く打ち出すだけでなく、ギャラリーの性格を強く意識させるものもある。それは感じさせたのはギャラリー・ノイ。今回ギャラリーは設立20周年を迎えるにあたってスペースを移転している。そして本イベントに合わせて新しい展示スペースのお披露目を行った。現在多くのギャラリーがスペースを構えるのは市内西部のポツダマー通り界隈。それに反してギャラリー・ノイは、市内中心部のミッテ地区に移転している。こうしてアートシーンのトレンドに敢えて反することで、ギャラリーは独自性をアピールすることに成功していた。

このように「ギャラリー・ウィークエンド」では重要なアーティスト、これからのアーティスト、そしてギャラリーのヴィジョンを確認できる場となっている。だがそれは50軒の参加ギャラリーの話ではないのだ。公式にイベントに参加できないギャラリーも、本イベントを訪れる多数の来場者を目当てに、重要な展示やイベントを合わせて開催する。こうしてベルリン全域で週末の3日間にわたってアートシーンを彩る様々な展示が開催されるのだ。まさにベルリンの「芸術の春」。ベルリンのアートシーンを感じるためには、「ギャラリー・ウィークエンド」を見逃すことはできない。

ギャラリーウィークエンド
会期:2014年5月2日~4日
時間:11:00~19:00(5月2日18:00~21:00) 
会場:ベルリン各ギャラリー
http://www.gallery-weekend-berlin.de

Text: Kiyohide Hayashi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE