NIKE 公式オンラインストア

シンケル・パビリオン

PLACEText: Kiyohide Hayashi

ベルリンには多くの美しい展示空間を持ったギャラリーや美術館などの美術施設がある。世界遺産にも選ばれている博物館島の旧博物館や新博物館などはその代表例と言えるだろう。一方規模が小さいとはいえ私設のスペースであるシンケル・パビリオンの存在を忘れてはいけない。博物館島など無数の名立たる建築が集まるベルリン中心部で、それらに埋もれること無く異彩を放つシンケル・パビリオン。その美しい建築空間では現代美術の作品が展示されている。

シンケル・パビリオン
Photo: Thorsten Klapsch

ベルリンの中心部にはウンター・デン・リンデンという大通りがある。通りはかつてベルリン王宮があった博物館島からブランデンブルク門までを結ぶ昔からの目抜き通りだ。通りに並ぶのはドイツ歴史博物館(旧武器庫)、ノイエ・ヴァッヘ(旧衛兵所)、フンボルト大学、ベルリン国立図書館など。それらは過去の街の姿を今に伝えてくれる。

このような大通りを脇道にそれて少し進むと、シンケル・パビリオンが見えてくる。通りからは際立った特徴が無いように見えるが、ひとたび展示室に入ると驚くに違いない。作品だけでなくベルリンの風景が眼に飛び込んでくるからだ。八角形の形をした展示室は入り口部分を除く残り7面がガラス窓で覆われており、屋外からの光と風景が来場者を包み込む。そのため展示室は小さな空間にも関わらず、ベルリンの風景を取り込んだ圧倒的な広がりを生み出しているのだ。

SchinkelPavillion01.jpg
Photo: Thorsten Klapsch

シンケル・パビリオンの名前は19世紀のドイツ人建築家カルル・フリードリッヒ・シンケルに由来している。彼は当時の王室に仕えベルリン中心部の都市計画を担い、ノイエ・ヴァッヘや旧博物館といったギリシア建築に影響を受けた荘厳な建築物を多く生み出した。実際のところシンケル・パビリオンの建物はシンケルでなく建築家リチャード・パウリックによって1969年に建てられたもの。だが歴史的な景観に馴染むように建てられており、そこには取り壊されたシンケル建築の一部分が取り込まれている。また展示室のガラス窓には隣接するシンケルによって設計された教会が大きく写り込むため、建物が持つシンケルとの繋がりや、彼が生み出したベルリンの景観との繋がりを強く意識させられるだろう。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MATZ(マッツ)
MoMA STORE