NIKE 公式オンラインストア

アイ・ウェイウェイ展「エビデンス」

HAPPENINGText: Kiyohide Hayashi

今ベルリンで最も話題になっているアーティストは誰だろうか。それは中国人アーティストアイ・ウェイウェイに違いないだろう。ベルリンで展示されることは多くなかった彼だが、ベルリンにある美術館マーティン・グロピウス・バウで大規模な個展が始まった。そんな彼の展示について数多くの新聞やテレビが取り上げ、大きな話題となっている。こうした盛り上がりはメディアに留まらない。彼の展示には僅か一ヶ月で10万人の来場者を越える人々が詰めかけている。これはアイ・ウェイウェイ フィーバーとさえいえるだろう。このように熱狂的な迎え入れられたベルリンでの展覧会について報告したいと思う。

Ai Weiwei
Ai Weiwei, 2012, © Gao Yuan

チケット売り場に長蛇の列となって並ぶ人々。それに続いてチケット売り場に並ぶと、視界に奇妙なものが見えるだろう。来場者の目に映るのは入口を睨む数台の監視カメラ。それは美術館には場違いな物々しい印象を与える。だが、このカメラはアイ・ウェイウェイが大理石で制作した作品「サーベイランス・カメラ」で、形から想像するような機能は何一つ持っていない。このような作品が展示会場入口に置かれた理由は、監視カメラが今回の展示のテーマを象徴するため。本展のタイトル「エビデンス」だが、それは英語で「証拠」を意味し、展覧会が彼に起きた出来事について証言する。その出来事とはアイ・ウェイウェイが現在中国に軟禁されていることだ。

mgb14_p_ai_weiwei_09_very_yao.jpg
Very Yao, 2009, 150 Fahrräder, unterschiedliche Größen, © Ai Weiwei

アイ・ウェイウェイは1990年代から「ドクメンタ」や「ヴェネツィア・ビエンナーレ」といった世界的な展覧会に参加してきた。そんな彼の作品の特徴と言えるのは社会問題を取り扱うこと。こうした彼の作品には中国政府を批判するものが多く含まれている。また作品だけでなくインターネットを通じて、社会や中国政府に対する意見を発信してきた。だが彼の発言が影響力を持つにつれて、中国政府は彼に圧力をかけ、インターネット上のページは閉鎖され、2011年には警察に拘留されてしまう。81日間に渡って収監された後、彼はパスポートを取り上げられ、国外に出国することができなくなってしまった。そして今現在も秘密警察の監視下にあると言われている。

mgb14_p_ai_weiwei_08_zodiac_heads.jpg
Circle of Animals, 2011, Bronze mit Gold-Plating, 12 Statuen, © Ai Weiwei. Foto © Mathias Völzkei

展覧会の入口で鑑賞者を出迎える大理石製の監視カメラは、彼が経験した収監生活や今も続く秘密警察の監視を象徴するもの。さらに展示会場には彼の体験を直接伝えるものが展示されている。それは会場に置かれた来場者が入ることができる巨大なボックス状のコンテナ。その狭い空間にはベッドと小汚いトイレが置かれている。この作品「81」はアイ・ウェイウェイが監禁された場所を再現したもの。必要最低限のものしか置かれていない空間は劣悪な状況下にあったことを伝える。また室内は監視カメラで監視されており、コンテナの側に置かれたテレビモニターはコンテナ内を映し出す。つまり、ここでは中国政府が彼にかけた圧力を見せることで、その不条理さを批判しているのだ。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE