グローバル・フォト・コラボレーションズ・バイ・バイス・ジャパン

HAPPENINGText: Ayami Ueda

2013年11月、世界中のアートファンから絶大な人気を誇るフリーマガジン「バイス」がついに日本版を限定発刊した。ストリートカルチャーを体現するようなクセのあるロゴはどこかで目にしたことのある人も多いのではないだろうか。

グローバル・フォト・コラボレーションズ・バイ・バイス・ジャパン
Photo: Wataru Kitao

世界35ヶ所に構えられた支部の一つとしてバイス・ジャパンが再起動したのは2012年12月。国内ではユーチューブを主なプラットフォームとした映像配信などデジタルメディアとしての活動が知られており、おふざけネタから時事問題までバラエティに富んだ制作が好評だ。

131121_49044.jpg
Fumiko Imano & 松藤美里, Photo: Wataru Kitao

バイスの原点は紙としてのフリーマガジンにある。1994年にカナダのモントリオールで3人の若者によって創刊された「ヴォイス・オブ・モントリオール」誌を起源とし、1996年には誌名を「バイス」に変更。1999年にニューヨークに拠点を移した。テリー・リチャードソンやライアン・マッギンレー、ピーター・サザーランド、ダッシュ・スノウ、ジェリー・スー、ティム・バーバー、ネック・フェイスなどなど、今ではアートシーンですっかりお馴染みとなった彼らの黎明期に発表の場を与え、「悪徳」「不道徳」といった意味を持つ「バイス」の看板のもとに、ニューヨークのストリートカルチャーの最前線を歩むアーティストたちと共にとことん毒舌で挑戦的な誌面を築き上げてきた。本国アメリカで創刊20年を迎えた現在では「バイス」誌は世界25ヵ国で展開しており、無料配布を確固たるスタイルに毎月1冊の雑誌として配布しているが、その支持の高さゆえに入手できないファンも続出しているという。

131121_49076.jpg
小田島 等 & 中島大輔, Photo: Wataru Kitao

そんな中で満を持して完成した今回の日本版の特集内容は「フォトイシュー」。「コラボレーションズ」と題され、グローバルで活躍する写真家とアーティストによって寄稿されたコラボ作品と、日本と中国から9組18名のアーティストが本号のために制作した特別コラボ作品が掲載された。通常版マガジンより大きな判型のB4変形で個性豊かな作品の数々を迫力たっぷりに堪能することができる。

131121_49078.jpg
KYOTARO & 田附勝, Photo: Wataru Kitao

そしてこのインパクト大な発刊に伴い、渋谷のディーゼル・アート・ギャラリーにて写真展「グローバル・フォト・コラボレーションズ・バイ・バイス・ジャパン」が同時開催されている。「バイス」日本版の誌面を彩るコラボ作品の現物はもちろんのこと、コラボ作品を手がけたアーティスト2人の出会いや制作のきっかけ、作品が創り上げられた経緯を紐解く映像をも展示している。20歳から60歳までという幅広い年代のアーティストによるコラボレーション作品が並ぶ様はまさにビジュアルの坩堝。リアルタイムで発展し続けるシーンの担い手たちの普段とまた違った一面を見られる貴重な機会だ。独立した各々の世界観が他者との協同を通して打破され融合し未知の化学反応を生み出したイメージはどれも圧倒的で刺激に満ちている。写真という媒体は現存する事象を切り取るものだが、私たちはそこに目に見えないものをはっきりと意識させられる。彼らの被写体が存在することは紛れもない事実でありながら、そこに内在する印象の広がりは果てしない宇宙のよう。総勢14組28名のアーティストたちによるコラボレーション作品が一堂に会した意味をあえて言葉にするならば、それは有形の無形化、不可視の可視化という矛盾を越えることではないだろうか。

131121_49036_02.jpg
Ben Pier & Peter Sutherland, Photo: Wataru Kitao

「バイス」誌と今回のエキシビションについて、参加アーティストであるアスガー・カールセンベン・ピアーにインタビューをした。

「バイス」という媒体はどんなものですか?

アスガー:フォトイシューという希少な形式をとっているユニークな雑誌だ。アートと関わるにあたって「バイス」があってよかったよ。

ベン:「バイス」は僕が写真家になったきっかけなんだ。2000年代にバンドをやっていた頃、NYを訪れてこの雑誌と出会った。当時における斬新さに刺激され、自分のやりたいことを貫いていいんだと信じられたから写真を撮り続けることができた。大きなページをめくってストリートだけにとどまらない様々なスタイルの作品を眺められるのは感動的な体験だよ。

131121_49072.jpg
Roger Ballen & Asger Carlsen, Photo: Wataru Kitao

コラボレーションでの制作を通して得たものはありましたか?

アスガー:コラボレーションをきっかけに、協同したロジャー・バレンと一緒に本の出版や展示をすることになり多くを得たよ。自分ひとりでは想像することのできないものを見ることができた。

ベン:個人での制作に没頭していたが、他のアーティストとコラボレーションをすることで視界が広がったのは有益な経験だったね。もっとコラボレーションをしたいと思っているよ。

今回のエキシビションを通して日本のファンに伝えたいことは?

アスガー:まず、日本に来られて嬉しい。日本も日本の人々もとても好きだよ、食べ物も美味しいしね。今回の作品はとても見応えのあるものになっていると思う。

ベン:僕たちはコラボレーションをすることで世界が広がった。協同者との対話によって自分への執着を離れて新しいアイデアを得たんだ。作品はもはや写真を通して彫刻やオブジェのようなんだ。

131121_49102.jpg
Petra Collins & Arvida Bystrom, Photo: Wataru Kitao

ストリート、ファッション、アート、カルチャーといった要素が絶妙にミックスされ多くの人々を虜にしている「バイス」の魅力をいかんなく伝えるエキシビションが、ディーゼル・アート・ギャラリーというトレンドに敏感な場所でさらにファンを増やすことになりそうだ。誌面と展示の全てを余さずチェックして日本に吹き込む新たな旋風を体感しよう。

GLOBAL PHOTO COLLABORATIONS by VICE JAPAN
会期:2013年11月22日〜2014年2月14日
時間:11:30~21:00(不定休)
会場:DIESEL ART GALLERY
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti B1F
TEL:03-6427-5955
http://www.diesel.co.jp/art/

Text: Ayami Ueda

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE