アートフェア札幌 2013

HAPPENINGText: Ayumi Yakura

国内外20のギャラリーが札幌に集結。札幌初の国際的アートフェアが開催。

あなたは「アートを読む力」を必要としているだろうか。同じ意味で「アートリテラシー」という言葉があるが、「情報リテラシー」(氾濫する情報の中から、必要に応じて正しい情報を選別し、読み解いて使いこなす能力)と比較すると、その必要性は曖昧なものかもしれない。

11月23日・24日、クロスホテル札幌で「アートフェア札幌2013」が開催された。北海道では前例の無い、国際的な現代アートの見本市だ。国内外から札幌に集結した20軒のギャラリーが、推している所属アーティスト達の作品を出展し、販売を行った。著名な大御所から新進気鋭の若手まで、合計200組を超える現代アーティストの作品が揃うのは圧巻だった。来場者は入場無料で、それらを自由に巡って鑑賞し、プロの説明を受けながら理解を深め、欲しい作品があれば商談することができた。

両日ともに多くの来場者があり、その波は途切れることなく続いた。事前にマスを含む各種メディアで紹介され、SNS等で口コミが広まった効果により、道内外のアート関係者やコレクター、学生から一般市民まで、週末の2日間にわたり幅広い層を集客することに成功したようだ。

写真:小牧寿里

ホテル型のアートフェアを行う最大のメリットは、ホテルの客室を巡る「非日常」を楽しみながら、アートが自宅にある「日常」をイメージできることだ。今回は、13階・14階のフロアーを貸し切り、1軒につき1部屋を与えられた20軒のギャラリーが、壁面のみならず、ベッドやバスルームなども巧みに使用しながら、バラエティ豊かに作品を飾っていた。

写真:小牧寿里

会場となったクロスホテル札幌は、2007年の開業以来、ホテル内部に留まらず「サッポロ・シティ・ジャズ」とのタイアップや、「ART-X」(アートクロス)などの新たなアートイベントの企画を行っており、年間を通して地域の文化向上やイメージアップに貢献している。市民や地元企業から常に注目され、集客力に長けているうえ、前例のないアートフェアであっても、参加ギャラリーの要望へ柔軟に対応し、来場客へ行き届いた案内をすることが可能となった。

写真:小牧寿里

さて、肝心の展示内容を紹介する前に、「なぜアートフェア札幌を開催する必要があったのか」「アートフェア札幌ならではの特色とは何か」という、重要な2点を確認しておきたい。

今回、多くの市民の目が良質な現代アートに触れたことは、札幌のアートマーケットにとって、良い循環を生むきっかけになったのではないだろうか。来場者にアートの購入が習慣付けば、札幌にアートマーケットが生まれる。それにより、作品を売って生活できるアーティストが増えれば、才能の流出を防ぐことができる。結果として、札幌から数多くの良質な作品が生まれ、アートマーケットの活性化が期待できるのだ。

アートマーケットといえば、オークション(競売)を思い浮かべる人もいるかもしれない。今年のニュースでは、フランシス・ベーコンの絵画「ルシアン・フロイドの三習作」が約141億円で落札され、競売史上最高額として話題となった。なぜ、それほどの高値になったのだろうか。一般の人は「現代アートの価値基準はよく分からない」と思っただろう。「自分には関わりようもない特別なものだ」と。外からの情報を受けているだけでは、アートが話題の種になっても、リテラシーの芽が育たず、マーケットが開花しないのだ。そこで、地方のアート関係者は、市民に向け街でアートの魅力を発信して、身近なものだと感じさせなくてはならない。

そこでまず、札幌で初となるアートフェアを開催し、一歩を踏み出したのには大きな意義があるだろう。市民に実際に見て体験してもらわなければ、その魅力について理解を得るのは難しいからだ。理解なくして協力を得られることは滅多にない。

totsuka-4.jpg
[アートフェア札幌2013 特別企画] ゲストトーク「アートフェアの楽しみ方」

24日の午後には、ホテル2階のミートラウンジにて「アートフェアの楽しみ方」と題したゲストトークも開催された。ゲストスピーカーは、アートフェア札幌2013のアドバイザーを務めた、hpgrp GALLERY TOKYOのディレクター・戸塚憲太郎。約1時間にわたり、国内外のアートフェアの紹介や、作品購入のヒントなどをレクチャーした。参加者はメモを取りながら熱心に話を聞く人達も多く、今後のアートフェアの楽しみ方について、より多くの理解を得ることができただろう。

既に国内では、東京以外の地方でも国際的なアートフェアが開催されている。後発であるならば、札幌ならではの独自性を打ち出していくべきだ。道外や海外の人が札幌の特色に魅力を感じたときこそ、市民は自都市を誇りに思い、自ら街を盛り上げようという機運が熟する。今後、アートフェアを継続的に開催し、発展させていく為には欠かすことのできない要素だ。

[アートフェア札幌2013 特別企画] 「モエレで朝食を」モエレ沼公園内「ガラスのピラミッド」 写真:小牧寿里
[アートフェア札幌2013 特別企画] 「モエレで朝食を」モエレ沼公園内「ガラスのピラミッド」

そのような独自性を打ち出す取組みとして、フェア初日(23日)の朝は、札幌へ集まった国内外の関係者達に、北海道の自然・アート・食を楽しんでもらう趣向で、イサム・ノグチが「公園をひとつの彫刻」として構想した、モエレ沼公園の「ガラスのピラミッド」内に「モエレで朝食を」と題した朝食会がセッティングされた。この日限定の特別料理を用意したのは、北海道を代表するフレンチシェフ・中道博がプロデュースする、同建物内のレストラン「ランファン・キ・レーヴ」。一般市民が参加できるものではなかったが、既存の施設やサービスも、その価値や組合せを見直せば、アイディア次第で驚くような活用方が見つかり、参加者を喜ばせながら「アートの街」としてのイメージアップが図れるという、札幌の未来へのモデルケースが生まれた。

[アートフェア札幌2013 特別企画] 「モエレで朝食を」モエレ沼公園内「ガラスのピラミッド」 写真:小牧寿里
[アートフェア札幌2013 特別企画] 「モエレで朝食を」モエレ沼公園内「ガラスのピラミッド」

来年は札幌で初となる「札幌国際芸術祭2014」が開催される。アートフェア札幌はその連携事業として開催された。他にも、芸術祭の成功に向けて、多くの市民がアートに興味を持てるようにと、既に「アート札幌」というプラットフォームも用意し、この時期に開催される様々なジャンルのアートイベントの情報発信も行われた。そのすべてを目撃することは難しいだろう。情報リテラシーを駆使して、見るべきものを自ら選び、鑑賞による感動を蓄積しながらアートリテラシーを磨いておきたい。

いつか札幌を「アートの街」として世界に誇れる日は来るだろうか。街中にどれほど美しいアートが集まっても、それらを迎え入れ、理解し、心から楽しむ市民の笑顔がなければ、真に美しい街とはいえないだろう。

前置きが長くなったが、20軒のギャラリーの展示内容について触れていこう。文字数に限りがあるため一部の作品のみの紹介になるが、実際に訪れていない読者にも、ホテル型アートフェアの雰囲気と、アート鑑賞の喜びを感じ取っていただきたい。なお、全室の記録写真が「アート札幌」のフェイスブックページで公開されている。

TheBeatle.jpg
写真提供:クロスホテル札幌

ホテル正面のエントランスには、北海道のアーティスト・砂金隆則による、赤い木の棒をドーム型に組んだ、大きな造形作品が3つ設置されていた。その横には、同じく赤色のフォルクスワーゲンの「ザ・ビートル」が特別展示され、華やかさを演出し、フェアへの期待感を高めた。なお、フォルクスワーゲン札幌東ショールームでは、アートフェア札幌出品作家であり、北海道に生まれ、ドイツ・スイスを拠点に活動を展開するアーティスト・小林俊哉の作品が、来年1月13日まで展示されている。

ホテル館内へ入り、2階で受付を済ませれば、エレベーターが国内外のギャラリーへ連れて行ってくれる。13階には、アジアセレクションのギャラリーが3軒隣り合っていた。

1303号室 オフィス339(上海) 写真:小牧寿里
1303号室 オフィス339(上海)

オフィス339(上海)は、上海へ日本のアートを紹介するため、北海道出身の鳥本健太によって設立され、現在はアジア各地にネットワークを広げている。壁には、上海を拠点とする日本出身の韓国人アーティスト、ナン・ヒョジュンによる、政治家や権力者の肖像をモザイク状にしたモノトーンの油彩画のシリーズが並んでいた。ちなみにオフィス339は、本誌SHIFTの中国語版編集部にもなっているので読者はご存知の方も多いかもしれない。

1304号室 リーソウル・ギャラリー(ソウル) 写真:小牧寿里
1304号室 リーソウル・ギャラリー(ソウル)

リーソウル・ギャラリー(ソウル)の、カン・ケジョンが描いた竹林や雪景色などは、季節の自然風景を繊細な感性で捉えた作品だ。こちらの出展者は、この2日間の為だけに印刷したパンフレットを配布していた。二つ折りの紙に、作品のカラー写真と、アーティストからのメッセージが日本語訳で記載されたものだ。それにより彼らは、札幌へ韓国のアートを伝えられると信じているのだろう。信じ合うことで新たな交流を育むことができるかもしれない。

1305号室 ステイトオブアーツ・ギャラリー(香港) 写真:小牧寿里
1305号室 ステイトオブアーツ・ギャラリー(香港)

ステイトオブアーツ・ギャラリー(香港)の、高畑早苗による「意識のポートレート」という絵画は、日本の海に中国の花が浮かんでいるかのような幻想的な世界を表現していた。現物は無かったがドレスへの展開も美しい。出展者とは、筆者の語学力の問題により、簡単な英単語での会話になったが、アートを介することによって、出展者が作品のどこを見て欲しいか、筆者がいかに感動したかなど、互いの意思が通じ合う実感を得た。文化が異なる者同士を繋ぐのも、また文化なのだ。

東京セレクションのギャラリーは9軒だ。それぞれが国際的な視点を持って活動している。ギャラリーの役割は、アートを展示・販売することだけではない。例外はあるが、日本のアーティストが海外で活躍したり、海外アーティストの作品と日本で対面できる背景には、その才能に惚れ込んだギャラリーによる、優れたマネジメント力が働いているのだ。新進気鋭のアーティストを発掘することも彼らの重要な役割といえる。

1404号室 小山登美夫ギャラリー(東京・シンガポール) 写真:小牧寿里
1404号室 小山登美夫ギャラリー(東京・シンガポール)

小山登美夫ギャラリー(東京・シンガポール)の、シックかつ現代的なセンスの空間づくりは、ホテルを最大限に活かした展示と言えるだろう。白と木目を基調とした内装に、青木良太の陶芸の白や、日高理恵子が描いた樹木のモノクローム、菅木志雄の木彫、蜷川実花のカラー写真や、桑田卓郎の陶器などを鮮やかに配し、完璧に調和させることで各作品の個性と上質さを際立たせていた。今回は、世界的にも有名なイギリス人アーティスト、ダミアン・ハーストの作品出展を発表したことでも、事前に注目を集めた。

1406号室 ミヅマアートギャラリー(東京・北京・シンガポール) 写真:小牧寿里
1406号室 ミヅマアートギャラリー(東京・北京・シンガポール)

ミヅマアートギャラリー(東京・北京・シンガポール)にも、会田誠の「あぜ道」などの有名な現代アーティスト達の作品が並んでいた。会田といえば、今年、札幌芸術の森美術館で展示された大作「大山椒魚」のインパクトも記憶に新しい。鴻池朋子が鉛筆で描いた少女の大きな瞳からは、宇宙のように広がる輝きを感じた。宮永愛子の消えゆくナフタリンを使用したオブジェは、洗面台の暗闇で仄かに光り、目の前にありながら声の届かない遥か深海を思わせた。

1407号室 東京画廊+BTAP(東京・北京) 写真:小牧寿里
1407号室 東京画廊+BTAP(東京・北京) 

東京画廊+BTAP(東京・北京)には、帯広出身で60年代から国際的に高い評価を受けている矢柳剛の作品があった。2011年には同ホテルで個展「POP UKI – 色彩の魔術 –」も開催している。入江早耶による、平面作品を消した消しゴムのカスで立体を作った、ユニークな発想と斬新な技法は、SNSや口コミでも話題を呼んだ。話題性だけではなく、平面と立体の本質を提起しながら、幅広いターゲットの興味を現代アートへ誘う魅力があった。

1412号室 AI KOWADA GALLERY(東京・上海) 写真:小牧寿里
1412号室 AI KOWADA GALLERY(東京・上海)

AI KOWADA GALLERY(東京・上海)は、若手アーティストであるカトーフレンドの、柔らかで透きとおった色彩で、動植物を活きいきと描いたグラフィカルな絵画が多数並び、カラフルで愛らしい雰囲気が好ましかった。窓際の衣紋掛けには、同じく若手の関水美穂による型染めのグラフィカルな着物が存在感を放っていた。

1403号室 hpgrp GALLERY TOKYO(東京・ニューヨーク) 写真:小牧寿里
1403号室 hpgrp GALLERY TOKYO(東京・ニューヨーク)

hpgrp GALLERY TOKYO(東京・ニューヨーク)の、川久保ジョイが撮影した鳥居には、静謐さと普遍性を感じた。写真とは風景を創造することができるものなのだろうか。一方で、高木耕一郎D[diː]の絵画に見たのは、東京の若い世代の身近なファッションカルチャーに浸透しているアート水準の高さだ。

1408号室 EINSTEIN STUDIO(東京) 写真:小牧寿里
1408号室 EINSTEIN STUDIO(東京)

EINSTEIN STUDIO(東京)は、「日本の若手写真家を世界へ」をスローガンに、全く新しい形のフォトコンペティションなどを実施している団体だ。「写真をコレクションすることをより身近に楽しんで欲しい」との思いで、100名もの写真家の作品を1枚3,000円で販売する「WONDER BOX」が人気を集めた。レコードのような陳列による「お気に入りを探す楽しみ」が自然な流れで「写真を買う楽しみ」として受け入れられたのだろう。世界へ向けた新たなアートの販売方法が、札幌で好スタートを切ったようだ。

1405号室 マキイマサルファインアーツ(東京) 写真:小牧寿里
1405号室 マキイマサルファインアーツ(東京) 

マキイマサルファインアーツ(東京)の、サミラ・ホダエイは、作品により女性として社会の不条理を訴えているという、イランの女性アーティストだ。平面の鳥籠のような小作品のほか、海外で発表した大作を縮小し特殊印刷した作品に見入った。小林俊哉が描いた花は、ごく単純な色で、それが花であることを認識できる極限まで簡略化されたものであり、花そのものだった。来年3月1日から同ホテルで開催されるという新作の個展も楽しみだ。

1306号室 mograg garage(東京) 写真:小牧寿里
1306号室 mograg garage(東京)

mograg garage(東京)の、若い双子アーティストであるHAMADARAKAの作品は、黒地に鮮やかな半透明で、美しさと畏怖を感じさせる動物のようなものが、月や太陽など象徴的なモチーフと共に描かれていて、神話の一場面を描いたようにも見えた。また風船のオブジェに映像を投影した伊波英里のインスタレーションも話題となっていた。

1410号室 SNOW Contemporary(東京) 写真:小牧寿里
1410号室 SNOW Contemporary(東京)

SNOW Contemporary(東京)には、金理有による古代土器のようでいてスタイリッシュな陶芸作品が並んでいた。見たことの無い表現に驚くと、独創的な文様や強い眼など、表面の細かなディテールも観察したくなる。飯沼英樹の木彫はやや荒削りなようでいて、時代や世代を象徴する女性達の女性らしさが、ファッション広告のように第三者の視線を通しながら立体化されていると感じた。

国内の3つの府県からも特色あるギャラリーが出展した。札幌に居ながらにしてこれほどのギャラリーを巡る機会は初めてであり、来場者が戸惑いを感じても不思議ではない。フェアなのだから買う目的でアートを見ることが自然だが、それが難しい場合はイマジネーションを働かせると良い。買うつもりで見る、全て我がコレクションというつもりで見るなど、楽しみ方は無限にある。購買意欲が余るなら、青幻舍による2階の特設ストアへ寄って、画集やアーティストグッズを手に入れれば良いのだ。

1411号室 同時代ギャラリー(京都) 写真:小牧寿里
1411号室 同時代ギャラリー(京都)

同時代ギャラリー(京都)の、アリアン・モノによる、大きなパノラマのアルミ板に描かれた油彩には、実物に対面する価値がある。一瞬だったが、人工物であるアートの美が、自然風景を超えることが有り得るだろうかと考えてしまうほど美しかった。秋山はるかの焼き物は素朴な造形で、表面が割れたガラスや傷で覆われているにも関わらず、撫でてみたくなるほど柔らかな色と質感をしていた。

1409号室 ギャラリー点(金沢) 写真:小牧寿里
1409号室 ギャラリー点(金沢)

ギャラリー点(金沢)には土地柄、工芸作品が多かった。小曽川瑠那によるガラスの花びらは、分かっていてもガラスとは思えない柔らかな質感で、儚い造形に植物らしい生命力を宿していた。河野迪夫の金工は、流れるような生命体のフォルムが、白く柔らかなベッドの上でその輪郭を際立たせていた。

1307号室 ギャラリー水無月(岐阜) 写真:小牧寿里
1307号室 ギャラリー水無月(岐阜)

ギャラリー水無月(岐阜)の、飯沼由貴による「あつまる×あにまる」には、タイトル通り集まる動物が描かれていて、「集まる」という行為が異様に感じられた。細部の描写が美しく見飽きない作品だ。近澤悠子の版木には和の趣があり、墨色と木彫りの痕跡のコントラストが客室をモダンな空間にしていた。

札幌のギャラリーから参加したのは5軒だ。一般の来場者からは「北海道にもこんなにアーティストがいるんですね」との率直な感想を聞いたが、実際にはこの何倍ものギャラリーとアーティストが存在していて、その活動は道内に留まらない。

1311号室 北海道画廊(札幌) 写真:小牧寿里
1311号室 北海道画廊(札幌)

北海道画廊(札幌)では、安田侃の版画や、岡部昌生のフロッタージュ作品、花田和治の抽象画など、現在活躍する北海道出身アーティストによる作品が多数出展されていた。創業40年という北海道で老舗の画廊ということもあり、北海道の芸術史と、それにまつわる物語を紐解きたくなる興味をかき立てられた。

1308号室 ギャラリー門馬(札幌) 写真:小牧寿里
1308号室 ギャラリー門馬(札幌)

ギャラリー門馬(札幌)の、藤沢レオの作品は、金属の棒を加工した作品を中心に出展され、種子のようなフォルムは優しさを内包していた。久野志乃が描く幻想的な世界と色使いには、何気なくでも一度見れば忘れられない深さがある。

1312号室 ハナアグラ(札幌) 写真:小牧寿里
1312号室 ハナアグラ(札幌)

ハナアグラ(札幌)では、若手の作家の作品を中心に展示。佐藤菜摘の「ゆめのなか」を描いた作品がまさしくベッドに飾られていた。不思議な生き物の目に惹かれるが、キャンバス全体の構成も見所だ。篠木正幸の新たな表現技法を模索したテキスタイルは、壁の中央でその在り方を柔らかく主張。経塚真代の少し間が抜けたようでいて胸の奥を揺さぶる人形造形は、数種類が遊ぶように並べられていた。

1310号室 スペース シンビオーシス(札幌) 写真:小牧寿里
1310号室 スペース シンビオーシス(札幌)

スペース シンビオーシス(札幌)では、蒲原みどりによる金箔を使用した絵画と、小森愛による繊細な金彫が、どちらも自然を感じさせながら、客室の為に設えたかのように完璧に調和し、シックでしっとりとした雰囲気を醸し出していた。

1309号室 クラークギャラリー+SHIFT(札幌) 写真:小牧寿里
1309号室 クラークギャラリー+SHIFT(札幌)

クラークギャラリー+SHIFT(札幌・上海)は、アートフェア札幌の企画・運営ギャラリーでもある。札幌を拠点としながら東野圭吾や林真理子など数々の装丁画を手がける民野宏之の作品は、原画のタッチに静けさと安らぎを感じた。窓から差す光によって、白い自然素材に染み入るように映る色彩が変化を見せた澁谷俊彦のインスタレーションは、見る者を癒した。若くしてユニークな視点により様々な作風を展開する米澤卓也の絵画には、制作年が異なる作品を見比べる楽しみがあった。

たくさんのアートを堪能したが、まだ足りない。もっと「アートを読む力」を手に入れたい。なぜなら、今回のように好きなアーティスト作品と多く出会うほど、その先には再会の喜びが待っているからだ。また同じ作品を見たいと思うほどの感動、アーティストの成長や発想への共感、次はどんな作品だろうという期待。それらに触れることは他の何ものにも代え難く、まず出会わない限りは感じ得ない喜びだ。札幌市民はもちろん、道外や海外の人々も、札幌の街を訪れてアートや人と出会い、そして来年、再び会いに来てほしい。

アートフェア札幌 2013
会期:2013年11月23日(土) 11:00 – 20:00 – 24日(日) 11:00 – 19:00
オープニングレセプション&プレビュー:22日(金) 19:00 – 21:00(招待客のみ)
会場:クロスホテル札幌(ホテル型アートフェア)
住所:札幌市中央区北2条西2丁目23
出展者:20軒 [客室2フロアー / 各ギャラリー各1部屋を使用]
来場者数:約2,000人
フェアディレクター:大口岳人(クラークギャラリー+SHIFT)
アドバイザー:戸塚憲太郎(NEW CITY ART FAIR ディレクター)
主催:アートフェア札幌2013 実行委員会
共催:クロスホテル札幌
連携:札幌国際芸術祭2014、LOVE & GIFT、アート札幌2013
特別協賛:フォルクスワーゲン札幌東
協賛:アッシュ・ペー・フランス、グラニフ、青幻舎、クリプトン・フューチャー・メディア、プリズム、山謙建設、エスポワール不動産、アウラ・アソシエイツ都市建築設計
協力:NEW CITY ART FAIR、SHIFT、ランファン・キ・レーヴ
後援:札幌市、北海道新聞社、UHB、HBC、AIR-Gʼエフエム北海道、FMノースウェーブ
http://www.artsapporo.jp/fair/

Text: Ayumi Yakura
Photos: Yoshisato Komaki

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
icon
MoMA STORE