フンボルト・ラブ・ダーレム「玉座のゲーム」

HAPPENINGText: Kiyohide Hayashi

今現在のベルリンを象徴する場所を挙げるならば、ベルリン王宮以上に相応しいものはないだろう。王宮はベルリンで起きた様々な出来事に立ち会い、時代の荒波に翻弄され失われてしまった。現在その再建が進められ、再び歴史の表舞台に立とうとしている。再建されるのは創建当時の場所であるベルリンの中心部。今後は周りにあるベルリン大聖堂や博物館島など共にベルリンの顔としての役割を果たしていく。このように重要な意味を持つベルリン王宮だが、美術の世界と密接な繋がりを持っている。なぜなら再建された王宮の中に「フンボルト・フォーラム」と呼ばれる美術施設が入る予定となっているためだ。

フンボルト・ラブ・ダーレム「玉座のゲーム」
Berliner Schloss, Schlossforum; Rendering: Stiftung Berliner Schloss – Humboldtforum, Franco Stella

ベルリン王宮はドイツの歴史とも言える建物。それはドイツ皇帝の宮殿でありドイツの中心地だった。第二次世界大戦中には他のドイツの大都市と同様にベルリンは焦土と化し、爆撃により王宮は大きな被害を受けた。戦後にはイデオロギーの戦争に巻き込まれ、東ドイツ領に位置していた王宮は、過去との繋がりを嫌う東ドイツ政府によって破壊されてしまう。跡地に建てられたのは東ドイツの象徴となる共和国宮殿。だがもはやその宮殿も存在しない。ドイツ再統一のあとに利用されることなく撤去されてしまったのだ。残されたのは空き地となった歴史的な場所。このような歴史が積み重なる場所に王宮は再び登場しようとしている。

00074803.jpg
View from the Altes Museum to the Stadtschloss through Lustgarten, 1890; Photo: bpk / Leopold Ahrendts

歴史的な建物の再建と言えば過去への郷愁と思われがちだが、王宮に入る「フンボルト・フォーラム」は別の意味を持つ。ベルリンで活動を行う様々な組織によって構成されるためだ。民族博物館、アジア美術館、フンボルト大学、ベルリン中央図書館が共同で王宮にできる空間を活用していく。つまり、世界の文化を紹介する場、アジアの美術と文化を紹介する場、教育と研究の場、知の保管庫が集まり、世界の文化を多様な視点で紹介する。そのため王宮の再建は多くの価値観があふれる現在の世界を映し出す。また同時に多くの外国人が住み、様々な文化が交錯するベルリンの姿を反映することにもなる。ベルリンの中心で現在のベルリンを反映するのが「フンボルト・フォーラム」なのだ。

20130613-2157.jpg
KIRSTINE ROEPSTORFF “Daughters of the Immortal Mother” 2013, Mixed media installation, Humboldt Lab Dahlem, Probebühne 2, Project “Spiel der Throne” © Staatliche Museen zu Berlin, Photo: Jens Ziehe, Courtesy Studio Roepstorff, Berlin

こうした「フンボルト・フォーラム」の動きは既に目に見えるものとなっている。民族博物館とアジア美術館が共同で建物を構えるベルリン郊外のダーレム、そこでは「フンボルト・ラブ・ダーレム」と呼ばれる準備の動きが始まっている。王宮が完成するまでの間、ここダーレムの建物を実験の場として展示やイベントを行っていく。企画は既に2013年春より始められ、アーティスト、デザイナー、建築家、キュレーター、研究者といった専門家が集まっている。現在ここで開催されているのは「玉座のゲーム」(Spiel der Throne)という展覧会。アジア美術館で展示されている中国の玉座をテーマに、同国の文化を取り扱う。

Kirstine%20Roepstorff3.jpg
KIRSTINE ROEPSTORFF “Daughters of the Immortal Mother” 2013, Mixed media installation, Humboldt Lab Dahlem, Probebühne 2, Project “Spiel der Throne” © Staatliche Museen zu Berlin, Photo: Jens Ziehe, Courtesy Studio Roepstorff, Berlin

建物の一室に集められたのは「玉座のゲーム」の展示物。ただし民族美術やアジア美術の展示物ではない。展覧会のために制作された現代アートの作品だ。部屋の片隅には光と闇に彩られた美しい空間が広がっている。展示されているのは出品アーティストの一人、クリスティーネ・レプストーフによる様々な形の照明。例えば一つの照明では、明かりを覆う幾重にも重ねられた形態が、壁や天井に美しい影を作り出す。展示室に生み出されたのは幽玄な世界。だが作品は美しさを見せるだけでなく、中国での照明が持つ社会的な役割を伝える。死や誕生といった社会的な出来事を伝えるそこでの明かりの意味を取り扱い、文化の一片を美しく垣間見せるのだ。ここでは中国独自の文化を現代的な解釈によって目に見えるものとしていた。

KONSTANTIN%20GRCIC2.jpg
KONSTANTIN GRCIC “migong” 2013, Mixed media installation, Humboldt Lab Dahlem, Probebühne 2, Project “Spiel der Throne” © Staatliche Museen zu Berlin, Photo: Jens Ziehe

展示室を歩いていくと中国の玉座の間が見えてくる。アジア美術の展示室に紛れ込んだと錯覚するが、どこかおかしい。玉座の前には不必要に多くの手すりが取り付けられている。この異様な空間を作り出したのはデザイナーのコンスタンチン・グルチッチ。無数の手すりによって迷路が生まれ、玉座へは容易に近付くことが出来ない。手すりは作品への接近を妨げ、同時に人々の動きをコントロールする。だが作品は来場者と展示物の関係のみを意味するわけではない。権力を持つ者が守られ周りにいる者が混乱するように、統治者と民衆の関係でもあるのだ。玉座はまさに管理と支配の象徴。もちろん現在も変らぬ中央集権的な政治への批判ともとれる。この点で言えば、ヨーロッパから見た中国の特殊性を気付かせる作品となっていた。

zhaozhao3.jpg
ZHAO ZHAO “Waterfall” 2013, Mixed media installation, Humboldt Lab Dahlem, Probebühne 2, Project “Spiel der Throne” © Staatliche Museen zu Berlin, Photo: Jens Ziehe, Courtesy ALEXANDER OCHS GALLERIES BERLIN I BEIJING

異文化を紹介する展示は時として視点の偏りが見られ、場合によっては異国情緒を伝えるだけで終わることもある。だが「フンボルト・フォーラム」にそれを危惧する必要はないだろう。ここでは中国の内部からの視点を用意し、多角的な視点を生み出す。中国人アーティストのシャオ・シャオ(Zhao Zhao)は展覧会でその役割を果たしていた。彼が見せたのは赤いパラフィンワックスをかけた玉座。それは真っ赤な血しぶきを浴びているようにも見え、権力が持つ暴力的な力を露にする。また作品の横にモニターを置き、インターネット上に書かれた彼の作品への反応を読めるようになっている。現在中国ではインターネットに検閲が入り言論の自由が制限されているという。そこで同国からアクセスが可能なページを用意して、自身の作品に対する自由な場を作り上げた。ここで感じられるのは自由を妨げる強力な権力。同時に中国で現在起きている問題が何であるかを強く印象付けていた。

simon%20starling.jpg
SIMON STARLING “Screen Screen” 2013, Mixed media installation, Humboldt Lab Dahlem, Probebühne 2, Project “Spiel der Throne” © Staatliche Museen zu Berlin, Photo: Jens Ziehe, Courtesy Simon Starling; eugerriemschneider, Berlin

一つの文明を内外から見ることによって生み出される様々な視点。そこで見えてくるのは今まで気付くことの無かった別の可能性でもある。特にアーティスト、サイモン・スターリング(Simon Starling)の作品は、多様な視点が生み出す可能性を気付かせていた。彼が見せたのは玉座の細部を映し出す映像作品。調査のごとく細部を映し出す映像は肉眼で捉えられない玉座の細やかな表情を見せる。表面は異国情緒を感じさせる物語や風景の一場面が描かれているが、映像では螺鈿細工の美しい幾何学模様が登場している。見えてくるのは時代を感じさせない美しいデザイン。アーティストは玉座が持つ可能性をその表面に惑わされることなく探し出し、従来とは異なる観点によって目に見えるものとする。異文化という見知らぬものを身近とするうえで何が必要なのかを気付かせ、「フンボルト・フォーラム」に相応しい作品となっていた。

UU3JKeqTZeUnckTkJOrDYrH-uByfFe-j8sk9-uATVJ0%2Cfm3-ugfaHFysisNUs1D5i-X10o8kaXZQkO_-CjEpZTQ.jpg
Project “Wissen erzählen”, Humboldt Lab Dahlem, Probebühne 2 © Filmgestalten

異文化の紹介、異文化の批評、その文化内からの視点、可能性を見出す冷静な観察といった形で「フンボルト・フォーラム」の考えは他文化への扉となり、今後王宮で行われるプロジェクトの姿を予感させる。もちろんその扉の先は中国だけでなく、北アメリカやインドといったように他の地域も対象となっており、今後は更に別の地域や文化が紹介されることになるだろう。そう、再建される王宮は世界の文化を知り、体験できる場となるのだ。王宮が再建されるベルリンの街だが、そこには様々な人が住む。かつて壁によって街が東西に隔たれていた頃、東ドイツ側には同じ社会主義国のベトナムから多くの人が移り住んだ。また西ドイツには労働力を求められて多くのトルコ人がドイツへと渡っている。そして現在ではEUという新しい国家の集合体が、無数の外国人をその中心都市ベルリンへと惹き付けている。ベルリンは多国籍な人々によって多様性あふれる街となっているのだ。こうした常日頃から生じる様々な文化の混在は、ベルリンの未来を語る上で避けることが出来ないテーマである。いかに異文化を理解するか、この街に溢れる多様性を受け入れるか、それは王宮の再建という国家的なプロジェクトに関わっているように、ベルリン、そしてドイツが向き合わなくては行けない現実なのだ。

Humboldt Lab Dahlem “SPIEL DER THRONE”
会期:2013年6月18日〜10月27日
開館時間:10:00〜18:00 (土曜日曜11:00から、月曜定休)
入場料:8ユーロ
会場:Museen Dahlem
住所:Lansstraße 8, 14195 Berlin
http://www.humboldt-forum.de

Text: Kiyohide Hayashi

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
icon
MoMA STORE