アイ・シー・ア・ディファレント・ユー

PEOPLEText: Miki Matsumoto

双子のイノセントとジャスティス、そして親友のヴヨの3人で構成されるアーティストコレクティブ「I SEE A DIFFERENT YOU」。3人の故郷であるソウェトの街は、南アフリカ最大のタウンシップ(黒人居住区)として知られている。「どんなことにもネガティブな面とポジティブな面がある。僕たちはポジティブな面を見るようにしているんだ」と語る彼らは、2011年にグループを結成し、故郷の町やそこに暮らす人々を撮影した写真を、インターネット上で発表し始めた。今回、ファッションブランドであるDIESELが展開する「STUDIO AFRICA」(*1) キャンペーンに抜擢され、渋谷のDIESEL ART GALLERYで展覧会を開催することになった3人に、作品にこめられた思いや、彼らを創作へと駆り立てる原動力について話を伺った。

アイ・シー・ア・ディファレント・ユー

「I SEE A DIFFERENT YOU」というユニット名は、とてもユニークですね。「一般的なメディアイメージとは異なる、ソウェトのポジティブな姿を捉える」というコンセプトで活動していると伺っていますが、「(I SEE A DIFFERENT) SOWETO」ではなく、「YOU」という単語を用いたのは何故ですか?

ヴヨ(V):「I SEE A DIFFERENT YOU」というフレーズは、僕たちだけが所有しているわけじゃない。それはあらゆる人に、異なる視点をもってもらうためのものなんだ。

イノセント(I):もし「I SEE A DIFFERENT SOWETO」と言ったら、僕たちの活動が表現しているものを、ソウェトで起こっていることに限定することになるよね。僕たちはソウェト出身だけど、アフリカ人でもある。作品に関しても同じで、特定の人や地域について表現しているかもしれないけど、より広い括りに回収することもできる。作品ではそういうことを表現したいんだ。

ジャスティス(J):よりグローバルなことを扱うためにね。僕は自分たちが地球市民であり、世界のどんな場所でも自分たちの考えや感情を表現することができると信じている。例えば、僕たちは今東京にいて、写真を撮ったり、それをインターネットにアップロードしたりしているけど、それはきっと、君たちが見ているのとは異なる東京の姿だと思うんだ。

SA_insta_130228_032.jpg
© KENJI TAKAHASHI

「ソウェト」という地名は、日本の若者にあまり馴染みがないかもしれません。メディアが伝えてきたソウェトの「歴史」を、鑑賞者には把握しておいてほしいと思いますか?

V:大抵の人はアフリカについて考える時、きっとネガティブなイメージを持つよね。僕たちはずっとアフリカで生活してきたけど、アフリカ以外の国や地域からやってきた人達が、そういった写真を撮るのを見続けてきた。でもそれは僕たちにとってのアフリカじゃない。僕たちの目を通して見たアフリカはもっと美しいもので、僕たちはそれを世界に見せたいと思ったんだ。

I:歴史はとても重要で、常にそこにあるもの。もちろん忘れることはないよ。だけど僕たちは、これから先へと進む若者、つまり未来そのものでもある。だから僕たちはアフリカが昔どうだったかではなく、アフリカの今を世界に示したいんだ。

J:僕たちの歴史はとても大きい。それは1976年に起きたソウェト蜂起 (*2) とか、そういったことだけじゃない。例えば人々が自由に着飾ったりとか、もっと郷愁的なことも含んでいる。そしてそういったものこそ、僕らが守りたいものなんだ。人生にはネガティブな面とポジティブな面があるけど、僕たちはポジティブな物語を伝えることを選んだ。メディアに溢れている、争いや貧困といったネガティブなイメージに対して、僕たちは美しい人々の豊かな歴史を取り上げる。

SA_insta_130228_013.jpg
© KENJI TAKAHASHI

「STUDIO AFRICA」のキャンペーンに抜擢されたきっかけは?

J:ある日、一通のEメールを受け取ったんだ。そこには「STUDIO AFRICA」のキャスティングに関することが書かれていた。「あなた達の作品に偶然出会ったの。あなた達の活動は、今回のキャンペーンに本当に合っていると思うから応募してみて」。実際に応募してみたら、1週間かそのくらいで、9名のファイナリストに残ったという返事がきた。それから様々なことが起こり始めたんだ。とにかく人生が変わるような体験で、全く想像もしなかったことが突然起こった感じだよ。

作品写真を「タンブラー」で紹介していますね。今回のキャンペーンに起用が決まる前から、インターネットは活用していたのでしょうか?

I:ああ、自分たちの作品を見せるためにね。2011年の12月にタンブラーを使い始めて、それがきっかけで、全てのことは起こったんだ。

SA_insta_130228_039.jpg
© KENJI TAKAHASHI

Vimeoにアップされている動画の中で「Not only did we inherit wisdom from our forefathers but style」(知恵だけでなくスタイルも祖先から受け継いだ)という言葉が出てきます。皆さんが受け継いだ知恵、そしてスタイルとは?

V:知恵とは、国や両親といった僕らのルーツに対して抱いている愛だね。例えば、僕のおばあちゃんも、ひいおばあちゃんも、僕が今住んでいるのと同じ家に住んでいたんだけど、それは彼らがそこに愛を感じていたから。プロジェクトを通して伝えたいのはそういうことなんだ。古来からの遺産や文化を大切にすることとか、他の誰かになろうとするんじゃなくって、自分自身であることの大切さっていうのかな。

I:知恵とは誇りのことでもある。例えば、君自身がどこからやって来たのか、ということに誇りを持つこと。それが創造性や生産性に繋がる一番の道だと思うね。

SA_insta_130228_048.jpg
© KENJI TAKAHASHI

受け継いだ知恵やスタイルを、どのように自分自身のスタイルとして昇華していますか?

V:僕たちの作品がスタイリッシュだと君は言ってくれたれど、それは僕たちの親や先祖のおかげなんだ。彼らがそういったスタイルを伝えてくれた。

J:幼かった頃には、両親のスタイルを理解することができなかったんだけど、無意識のうちに刷り込まれていたんだと思う。当時のアルバムを見返すと、僕らの上の世代がどういった服を着ていたのかが分かるけど、僕たちはそういったスタイルを、現代の都会的なスタイルと混ぜ合わせて再現する。街で撮影をするとき、親世代のスタイルを感じる人に会うと撮影させて欲しいと声をかけるようにしているんだけど、今回の展示にも、そういった写真は含まれているよ。60年代とか80年代のトレンドだった服を今の時代に着ている。こういったことこそ僕たちが捉えたいと思うものなんだ。

SA_insta_130228_020.jpg
© KENJI TAKAHASHI

皆さんの作品からは、ポジティブさに対する強い意思と、どんな状況にも存在する、物事の「美しい側面」を掬い取る優しい眼差しを感じます。そんな3人にとって「美」とは一体、何を意味するのでしょう?

I:僕たちにとって、美はあらゆるところに存在している。人々があまり美を見出さない環境、例えばタウンシップ(旧黒人居住区)にも美しさを感じるんだ。2人の子どもがそこにいたとする。一人は裕福な家庭の子ども、もう一人は余り裕福ではない家庭の子ども。貧しい家庭の子どもは、レンガを使って車のおもちゃをつくる。豊かな家庭の子どもは、店で車のおもちゃを買う。でも一般的な基準というものをまだ知らない子ども達だから、それらの車は、彼らにとって等しく価値があるものなんだ。僕自身がレンガを車に見立てて遊んでいた子どもだったけど、それは車を持っている子どもと同じくらい、僕を幸せな気持ちにしてくれた。僕にとっては、それこそが美なんだ。

J:美とは君自身が快適さを感じる中に幸せを見つけること。他の人と同じ評価基準に合わせようとするんじゃなくてね。お金に美を見出す人もいれば、愛やその他の物事に見出す人もいるだろうけど、僕らにとっての美とは、今僕たちを幸せにしてくれるものなんだ。特に物質的なものは必要じゃない。僕のこの考えは、スケートボードに夢中になったり、とにかく走りまわったりしていた小さい頃の記憶にインスパイアされている。荒廃した建物を見ると、遊んだり楽しいことができる場所という印象を受けるんだけど、何が起こるか全く気にせず、一日中ただ遊んでいられるほど、素晴らしいことはない。僕たちが撮影する場所には、そういった種類の美を感じるんだ。

SA_insta_130228_027.jpg
© KENJI TAKAHASHI

東京の街でも、「美」に出会いましたか?

東京は本当に美しい。とても多くの美に出会ったよ。特に素晴らしいのは、人々が恥ずかしがり屋なことだね。僕らが近づいて「一緒に写真をとってもいいですか?」と聞くと、もしかしたら写真を一緒に撮りたくないかもしれないけど「嫌です」って言えないんだ(笑)。そういった純粋さとか誠実さって、凄く美しいと思う。

日本の皆さんに、メッセージをお願いします。

I:僕たちが行っていることに芸術性を見出し、そして信じてくれる人達に心から感謝している。彼らのサポートがなければ、僕たちはいまここにいなかっただろうし、そういった人達から刺激を受けて、僕たちは作品を作り続けることができる。それは本当に素晴らしい感覚だよ。

J:自分自身に正直であり続けてほしいな。君自身であることが、君がなることのできる一番すばらしい人だと思う。

I:夢見ることを決してやめないことだね。そして夢は大きく抱くこと。どんなことだって可能なんだから。


*1 「STUDIO AFRICA」はアフリカの創造力を世界中に伝えることを目的とした「DIESEL+EDUN」のグローバルキャンペーン。ファッション、映画、音楽、写真など様々なフィールドでアフリカの発展のために積極的な活動を続ける、才能溢れる9人の若手アーティストを紹介している。なお、「DIESEL+EDUN」とは、DIESELの創始者レンツォ・ロッソ、世界的なロックバンドU2のボノ、そしてボノの妻でありファッションブランドEDUNの設立者アリ・ヒューソンによるコラボレーションプロジェクト。コレクションを通じてアフリカ大陸に持続可能なビジネスモデルを創出するという理念に基づき、アフリカの素晴らしいデザインや創造力を目に見えるかたちで世界へ発信することを目的としている。

*2 1976年に起こった、アパルトヘイト政策時代の大惨禍として知られる出来事。当時の政府による、アフリカーンス語(オランダ系の住民が使う言語)を学校教育に導入するという決定に抗議した若者たちに、軍隊が無差別に発砲したことで多数の犠牲者が出た。この事件はアパルトヘイト政策への大きな国際非難をもたらし、政策撤廃へと国内外が動き始める一端ともなった。

STUDIO AFRICA
会期:2013年3月1日〜5月10日
時間:11:30〜21:00(不定休)
会場:DIESEL ART GALLERY(DIESEL SHIBUYA内)
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti B1F
TEL:03-6427-5955
http://www.diesel.co.jp/art/

Text: Miki Matsumoto

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
スティーヴン・チータム
MoMA STORE