第16回 文化庁メディア芸術祭

HAPPENINGText: Sakuma Tomomi

メディア芸術の総合フェスティバル

年々国内だけでなく世界での注目が集まる文化庁メディア芸術祭が2月13日から24日まで開催されている。過去最多の71カ国の国と地域から1502作品を含む合計3503作品の応募があり、アート、エンターテイメント、アニメーション、マンガの4部門においての受賞作品を中心に、幅広いジャンルの作品が集まっている。会場は国立新美術館をメインにシネマート六本木、東京ミッドタウン、スーパー・デラックスで作品展示や各種イベントが開催される。

第16回文化庁メディア芸術祭
『Pendulum Choir』Cod.Act (Michel DÉCOSTERD / André DÉCOSTERD)

アート部門で大賞を受賞したのは、15年以上兄弟でパフォーマンスやインタラクティブインスタレーションを展開してきた、コッド・アクトの「ペンデュラム・クワィア」だ。台座に乗った複数の男達が、マイクを付け、様々な角度に動きながら合唱をしている。よく見ると彼らは機械に縛り付けられて、表情豊かに歌っている。シンプルな空間に、同じ黒い衣装をきた彼らは人間であるにも関わらず、先日ロンドンの科学博物館で公開が始まった人造人間「レックス」を思い出させた。実験的で意外性に富んだ作品だ。

code.jpg
『欲望のコード』三上晴子

黒い幕をあけて入ると、そこには巨大なインスタレーションが現れる。アート部門で優秀賞を受賞した三上晴子の「欲望のコード」。白い壁には90個のカメラを付けたストラクチャー、そして中央にもカメラとレーザープロジェクターが搭載された6基のサーチアーム。それらが観客の動きに反応し、動きだす。その映像と世界各地の監視カメラの映像が複雑に交差しながらまるで蜂の巣のような円形スクリーンに投影される。その空間にいると、カメラに追われ監視されているような気分になるのだが、監視しているのも自分であり、なんとも奇妙な気分だ。

Perfumel.jpg
『Perfume “Global Site Project”』真鍋大度/MIKIKO/中田ヤスタカ/堀井哲史/木村浩康

50台のiPadを壁一面に並べCG映像を流しているのは、エンターテイメント部門で大賞を受賞した「パフューム“グローバルサイトプロジェクト”」だ。

パフュームはこれまで最先端のテクノロジーを使ってパフォーマンスを行っているテクノポップグループである。この作品は彼女達の世界デビューを記念したプロジェクトで、ウェブサイトから振り付けのモーションキャプチャーと楽曲データがフリーで配布され、それにより、500以上のプロジェクトが世界各国から生まれたそうだ。人間不在のテクノロジーが増えている中で、テクノロジーをどんどん取り入れつつも、ファンとクリエイター、アーティストという人間的な部分でつながっていけるこのプロジェクトはエンターテイメントの新境地を切り開いている気がした。

hajimeyou.jpg
『永野 亮「はじめよう」』新井風愉

一方、アナログな手法で多くの鑑賞者を驚かせたのがエンターテイメント部門で新人賞を受賞したミュージックビデオ、永野亮はじめよう」。新井風愉が監督し、簡単な工夫だけで「空中浮遊」映像を実現している。会場では舞台裏と見比べられる「裏バージョン」も同時に公開され、DIY精神を見ることができる。音楽も映像も暖かみがあり、幸福な気分になれる作品だ。

otomo.jpg
『火要鎮』大友克洋

「AKIRA」の原作者、監督として知られる大友克洋の「火要鎮(ひのようじん)」はアニメーション部門の大賞を受賞した。同作品は先日の第67回毎日映画コンクールで大藤信郎賞を受賞している。アニメーション予告映像では江戸町の大川端のパノラマ絵がこれから始まろうとする物語へ引き込んでくれ、作画のアニメーション表現と3DCGによる表現の融合が、斬新な映像を実現している。

一緒に原画もたくさん展示されていてカメラワーク、台詞、シーンの説明が詳細に書かれており、ファンにとっては貴重なものであろう。

Benoit-PEETERS-Francois-SCHUITEN
『闇の国々』ブノワ・ペータース/フランソワ・スクイテン 訳:古永真一/原正人

フランス・ベルギーの人気コミックシリーズ「闇の国々」がマンガ部門での大賞を受賞。会場の壁には作者のブノワ・ペータースとフランソワ・スクイテンのサインが書かれていた。彼らは30年前からこの作品を共作しており彼らの重厚なストーリーはあらゆる芸術への深い素養に根ざし、1ページに1週間かけるという。また、イラストも緻密で、謎の都市群で繰り広げられる摩訶不思議な事件の数々が堪能できる作品だ。シネマート六本木のマンガライブラリーでは「闇の国々」を含めた受賞作品と審査員会推薦作品を閲覧できる。

最新技術を使った洗練された作品が多く、現代社会の不穏な状況を表現した作品と人間としての深みや暖かさを追い求め表現された作品が目立った気がする。メディア芸術祭の作品を通して、今が映し出されているようだ。

この芸術祭は今月24日まで開催されており、アート、エンターテイメント、アニメーション、マンガと多様性にとんだジャンルと内容、会期中には上映会、公演、受賞者によるプレゼンテーションやシンポジウムが開催されるため多くの人がこのメディア芸術祭に足を運ぶ。

多彩な作品と、国内外のクリエイターに会えるこの機会をたくさんの人に楽しんでいただきたい。

第16回文化庁メディア芸術祭
会期:2013年2月13日〜24日
時間:10:00~18:00(金曜日は20:00まで)※入場は閉館の30分前まで
メイン会場:国立新美術館(東京都港区六本木7-22-2)
サテライト会場:シネマート六本木、東京ミッドタウン、スーパー・デラックス
主催:文化庁メディア芸術祭実行委員会
http://j-mediaarts.jp

Text: Sakuma Tomomi
Photos: Sakuma Tomomi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE