キース・ライリー / ファブリック

PEOPLEText: Monika Mogi

キース・ライリーは1999年にロンドンの伝説的なナイトクラブ、ファブリックを設立。たとえ訪れたことがなくても音楽好きであれば、幻想的な体験を提供してくれるこのクラブを誰もが知っているだろう。ライリーのライフスタイルは、ダンスや社交そしてラグジュアリーなものに囲まれた派手で商業的なものではなく、とてもシンプル。今回ライリーは、ディーゼルと手を組み、渋谷にあるディーゼル・アート・ギャラリーにてファブリックのグラフィックアートに焦点をあてたエキシビション「US by fabric」を行う。ファブリックの壁に飾られてきたアートは、ナイトシーンの中で不安や絶望から逃がれさせてくれるものばかり。このエキシビションは、2013年2月15日まで開催されている。

キース・ライリー / ファブリック

自己紹介をお願いします

私自身について皆に伝えられるほど興味深いことなんてあまり無いということを、まず言わせて下さい。私は派手なライフスタイルを送っているわけではなく、実際はとてもシンプルな人生を送っています。音楽とアートに対する自分の情熱をすべて注ぎ込むことができるナイトクラブでの仕事をさせてもらえたとても幸運な人間です。私にはハンナとジョージアという素晴らしい娘達に恵まれました。私は本を読んでいる時と、音楽を聴いている時が一番幸せだと思っていてそれ以上に何も望むことはないです。

cut-1_057.jpg
Photo: Nozomi Kato

世界初のファブリックのエキシビションをやることになったきっかけと、コンセプトを教えて下さい。

このコレクションを企画して展示することになったきっかけは、ディーゼルからのとても嬉しいお誘いがあってのことです。ディーゼル無しではこんな機会は実現していなかったと思いますし、実際に日本で展示するなんていうチャンスは、きっとこれからも二度と巡ってこないでしょう。私は東京のギャラリーや、DIESEL:U:MUSICといった活動を通じてアートをサポートしてるディーゼルに多大なる敬意を持っています。会社のロゴばかりを目立たせようという目的だけの、他社のスポンサードイベントとは違い、ディーゼルは誠実な姿勢で、育んできた活動について深く理解し、本物のイベントを創り出しています。その感覚は以前自分が関わったディーゼルのイベントから感じ取ったもので、日本のチームとの最初のミーティングの段階で、すぐに進行を決めたのも、それが理由です。私たちはこれまで、作品を展示しないかと他のオーガナイザーたちに提案されたこともありましたが、そこに誠実さを感じられなかったため断ってきました。ディーゼルの提案の純粋さは、すべてのプロジェクトが価値のあるものだと感じさせてくれます。このエキシビジョンに特別なコンセプトはなく、シンプルな私たちがこの13年間の間にプロデュースしてきた回顧コレクションなのです。セレクションには本当にとても苦労しましたし、いろいろな理由で選べなかった作品があることを心残りに思っています。でも、そこに何もコンセプトがなかったということはいいことでした。セレクトの過程を完全に自由にしてくれましたし、おそらくそのほうが良かったのだと思います。コンセプトにこだわることは、私たちの選択を偏らせるでしょうし、それは最も大切な「美しいか美しくないか」という基準を浸食してしまうでしょう。真実は、あるべき形で存在しています。アートを過剰に分析したり、知的にとらえることは簡単ですし、私たちはみな時としてそのようなことに陥りがちですが、一番大切なのは鑑賞者の美の観点であって、その感覚に合致するかどうかだと思うのです。

cut-1_047.jpg
Photo: Nozomi Kato

それぞれの作品がとても印象的ですね。どれくらいの人々がこれらの作品に関わり、そしてどうやって作ったのでしょうか?

「印象的」というコメントをくださったことに感謝します。そのように思って下さったことを、とても誇りに思います。展示されている作品は、基本的にジョナソン・クークとロベルト・ロゾリンという、2人のアーティストによるものです。どのプロダクションにも特別なフォーマットはありませんし、そのチームをプロデュースすることにおいても特に変わったことはありません。それぞれの作品は一人の個人によるものとも言えますが、そこにはアーティストを支えるフォトグラファーやモデル、編集者など4〜5人のチームが存在していることは確かです。これらの支えは、アーティストのディレクションのもとにあるものです。私たちはそれぞれの作品に、たくさんの技術とプロセスを注ぎ込み、これらはグラフィックデザイン、写真、彫刻、モデルメイキング、ペインティング、破壊行為さえも含んでいます。時々私たちは、破壊したり、削ったり、何かしらの方法で変換したりして写真を撮るということに、単純な興味をもちます。ただ一つ決してやらないのは、作品を売ったり、写真を撮り溜めるということ。それぞれの作品一つ一つが、私たちのアート部門の斬新な創作なのです。たいてい、ひとつの作品を仕上げるために、たくさんのプロセスが必要となります。私たちが撮った膨大な写真からひとつを選び、そこにモデルをおき、また写真を撮り、その写真を別の方法で痛めつけ、例えば酸をかけたり、もっとペイントしたり砂をかけたりインクを塗ったりして、さらにまたその写真を撮る。そこにはルールなんてないし、作業を進めるのに決まったパターンもありません。ただそれは、公開する前その美しさが約束されていなければなりません。

cut-1_025.jpg
Photo: Nozomi Kato

どうしてファブリックのようなクラブでアートを展示することが必要なのでしょうか?

アートをプロデュースする人は誰でも、それを人に見せるということが必要不可欠だと思います。表面的に考えれば、それはただ良いことのように思えます。アートが好きな人やそれを見るのが好きな人、でも近代の特殊な時代のなかでは特に、アートと人々の関係性は過去になかったほど重要なものになってきていると思います。あまりにも多くの醜いものや攻撃的なものが私たちの生活には直面していて、どうしても芸術的な美しさのバランス感覚が必要ですし、あらゆる価値や物事のなかで人々の感覚がひどく鈍ってきているように思います。実際に、他の全ての人間の存在要素は、私たちの思考と魂を枯渇させたり退化させてしまいます。でもアートは、どんな形式であったとしても、私たちの生活において、人間であるということがどういうことか思い出させてくれるひとつの宝です。愛を感じたり、共感したり、単純に語るということだけでなく実際に同情を示すこと、そして場合によっては困難なことですが少しの無私無欲さを見せること。

あなたは、いま一体いくつの戦争や紛争が行われているのか、聞いたことがあるでしょうか。約30の戦争が常に地球上で行われているのです。あなたは、いくつの国が汚職や賄賂、虚偽やあからさまな私利私欲から解き放たれて運営されていると思いますか?それはほとんどゼロに近いのです。あなたは、世界でだいたいどれくらいの人々が、敵を恐れながら日々を生き抜くことに追われているか、立ち止まって考えたことがありますか?この問題に関しては、数え切れないほどの人々が苦しんでいます。これに関して、アートや他の方法を利用して、それらの問題を和らげる義務があるとは思いませんか。このような問題に、アートを使おうと考えるのはとても難しいことだとは思いますが、ただ見て見ぬふりをするのではなく、やってみることが大事だと思うのです。そして、全くアートがない世界が、どれだけ冷酷なものになるのか、想像してみることも面白いです。

当たり前の生活を何不自由なく暮らせる、いわゆる先進国とよばれる国々に住む人々にとってさえも、仕事や理性など日々の戦いを生き抜くことは時にとても難しいことですが、アートを楽しむなど、そこに少しの美があれば少しは楽になれるに違いありません。望むのは、私たちが気持ちよく暮らせるようになれば、日々の振る舞いもより良くなっていくということです。

cut-1_023.jpg
Photo: Nozomi Kato

ファブリックの雰囲気や、またいわゆるロンドンのナイトライフで過ごしたこの年月のなかで、変化したこととは何でしょうか?

音楽以外に、特にファブリックで変化したことはないです。いつもシンプルな哲学がベースにあるだけなので、変化は必要ありません。良質なサウンドシステムと、斬新で本当に素晴らしい音楽を守るというポリシー以外の何ものでもありません。ありがたいことに、新しい音楽の波がいつもここにはあります。私たちの仕事は、それを探し出して、人々に見せるということです。このシーンは、確実にもっと大きくなり洗練されていくでしょう。人々は近年、よりよい音楽を聴いていると思うし、より深く音楽を理解し、受容しているように感じます。彼らは本当にそのことを良く分かっていて、新しい音楽を発掘することにとても熱心ですし、チャンスをくれ、少し間違った方向に進もうとしたときに気づかせてくれたりもします。それがファブリックのクラウドを愛している理由です。彼らはいつも、私たちが挑戦することをサポートしてくれます。彼らがこの仕事の本当の勝者です。彼らの情熱がなければ、新しい魅力的な音楽を聴くことはできないのですから。

40x40-05.jpg

あなたにとってナイトライフとは何でしょうか?どうして私たちにとっては、それが社交的でなければならないのでしょうか?

私にとってのナイトライフは、新しい音楽の発見です。実際興味のあるアーティストを見るためでなければ、きっと私は出かけないと思います。私の人生の大部分は、ナイトライフで占められています。ナイトライフが、太陽の出ない暗闇の間に起こるという事実も好きです。なぜなら、それがナイトライフの秘密めいた魅力なのですから。新しい魅力的なアーティストを見つけたり、奇妙な新しい経験も、たいてい夜に起こることです。すべてのことが、夜に起こります。私たちの人生において、素晴らしくて、エキゾチックな出来事は、夜に起こりがちだと思います。みんな夜になると、別人のようになりますしね。ある人は、昼よりもリラックスして面白い人になるし、ある人は新しい自分を発見します。そのことが、素晴らしい社交的な環境になる理由なのではないでしょうか。もちろん、仕事が終わった後で、探検とお楽しみが始まるという要素無しには、ナイトライフの楽しさはありません。社交的であることを必要とするにせよしないにせよ、必ず理由があってそうなりますし、自然と社交とコミュニケーションが起こります。私たちの洗練された複雑なナイトライフにおいて、その事実は群れの本能として普遍のものなのです。

A2-POSTER-04.jpg

今回のディーゼル・アート・ギャラリーで展示する作品のなかでお気に入りはどれですか?その理由も教えて下さい。

私はいつもこの手の質問を、はっきりとした理由があって避けています。でも今回のケースでは、喜んでひとつの作品を選びます。なぜなら、私たちが創り、使っているアートをシンボライズすることは目的を分かりやすくするからです。私が好きな作品は、女性が椅子に座っている60年代の写真を使ったものです。隣には男性が立っています。彼はキツツキの頭をもっていて、写真は黒のインクでスプラッシュされています。なぜこの作品を選んだかというと、上品で控えめなビジュアルを使っているから。私たちのナイトクラブが他の場所とは違うということを知らせるのにもいいです、なぜなら私たちは無礼な言葉よりも、こういうイメージが好きだから。美や思考や文学をだめだと言っているわけではありません。単純に、言葉はこの空間において色々なものを制限してしまうからです。これは不快感を与えるまもなく画像の解釈を行えるという領域なのです。そして、このイメージがファブリックについて伝えようとしていることが好きです。その解釈は、あなたに委ねます。

40x40-02.jpg

日本のモダンアートとナイトライフについてどう思われますか?ファブリックと比較できるクラブがあれば、ぜひそれについてもお聞かせ下さい。

これは難しい質問ですね。東京については、あまりよく知らなくて、本当に観光客レベルですから。でも第一印象が圧倒的だったということは否定できません。

日本のモダンアートについては、まだ学びたいことがたくさんある大きなテーマですから、今は表面的なことしか話せないですね。ロンドンで会った日本人アーティストに、さわひらきという方がいます。私はすぐに彼の作品のなかの、大好きな日本アート的な要素に引き込まれました。最上級の柔らかさや上品さと西洋人の視点にはない落ち着きを感じました。でもそれ以上に彼の作品にはたくさんの魅力があります。そしてそれを通してまるで舞踏のような、パフォーマンスの美について全く別の考えを与えてくれるような要素を発見しました。また日本の建築にもとても興味があります。東京はそれ自体が私がこれまで出会ったことが無いような巨大なアートになりえると思います。多くの魅力的なビルを見ることができ、私のようなシンプルな人間にとってはここは天国のようです。たった2度目の短い東京滞在なので、これは大きな冒険の始まりに過ぎません。ナイトライフについては、まだレストランにしか行ったことがないのでわかりませんが、もちろんレストランも素晴らしかったです。

私が感じた日本の人々の喜びに満ちた精神は、これまで経験してきたナイトライフを定義するようなものでした。とても礼儀正しくて、謙虚で、思いやりがあって、私は自分がヨーロッパ人であることを恥じてしまうほどでした。私たちヨーロッパ人特にイギリス人は、この高貴な品位に本当に欠けています。私たちはWOMBで今回の展示を記念したパーティを開催しましたが、それは本当に素晴らしいものでした。まるで、ファブリックのスタッフと一緒に自分のホームにいるような気分でした。彼らは、アプローチと音楽の面において、私たちととてもよく似ていましたし、自分たちの信じる音楽をプロモートし続ける努力の歴史を共有していました。彼らが作り上げたプロダクションを私は二度と忘れませんし、受けたもてなしは私のなかでずっと生き続けると思います。関係者のみなさん、そして特にサビ(WOMBのエグゼクティブディレクター)と彼のチームにありがとうと伝えたいです。

36x24-01.jpg

ファブリックのオフィスを日本にオープンすると聞きましたが本当ですか。また今後の目標があれば教えて下さい。

はい、私たちは日本にファブリックのオフィスをオープンしました。いくつかの理由があって、特に目標といったものはもうけていません。一つ目は、ディーゼルの展示に本当に集中したかったから。前に話したように、本当に彼らなしではこの企画は実現し得なかったし、彼らが私たちを招いて下さったことを心から光栄に思っています。二つ目に、ブランディングするというよりも、より文化的なことを交換していけたらいいなと思っているから。ブランドの多くは傲慢にも、私たちの外見や、聞く音楽や、買うもの等までをも押しつけてきます。私たちは、最近の日本から学ぶべきことがたくさんあるように感じています。ここで築いていく自然な関係から、自然な形で生まれるプロジェクトを、ゆっくりと丁寧に進行していけたら幸せです。このような形は、音楽やアート、ライフスタイルの分野においてもまたとても自然なことなのです。それこそが、アートや音楽の喜びでもあります。これから何が起こるかなんて、誰にも予想はできません。

A2-POSTER-08.jpg

日本の読者にメッセージをお願い致します。

シンプルにまず皆さんにありがとうをお伝えしたいと思います、そして、私に感動を与えてくれた美しく豊かな日本のカルチャーを形作ってきた全ての皆様にも感謝を申し上げたいと思います。アート、文化、建築そして他に代わるもののないスタイルの美しさは、私の人生にとても大きな喜びを与えてくれました。出会った皆さんからのあたたかく丁寧なおもてなしには、本当に頭が上がりません。その温かい対応に、本当に驚きましたし、人間ってこんなにも他人に対して優しくなれるんだということを教えて頂きました。このことに気づけるかどうかで、日常を幸せにすごせるかどうかが変わってくると感じました。日本人がその文化を大切にしていることは間違いなく、あなたたちのとても特別な宝だと思います。

US by fabric
会期:2012年11月16日〜2013年2月15日
時間:11:30〜21:00(不定休)
会場:DIESEL ART GALLERY
アーティスト:キース・ライリー / ファブリック
キュレーター:Yoshihiro Kozuma / ziginc.
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti B1F
TEL:+81 03 6427 5955
http://www.diesel.co.jp/art

Text: Monika Mogi
Translation: Mio Ota

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE