アヤミ・ニシムラ

PEOPLEText: Wakana Kawahito

「MAKE UP」Ayami Nishimura by Rankin 

英国を代表する写真家で、デイズド&コンフューズドの創設者でもあるランキン(Rankin)と、メイクアップアーティスト、アヤミ・ニシムラ(Ayami Nishimura)によるコラボレーション作品が、東京・渋谷のDIESEL ART GALLERYにて展示中だ。2009年に発売された、メイクアップアーティスト、アレックス・ボックスとランキンによるビジュアル本に続く「Ayami Nishimura by Rankin」の発表を記念とした今回の展覧会。100枚以上の中から選ばれた20枚の写真に加えて、2人の作品をまとめた映像が上映される。本展に合わせてロンドンから来日したアヤミ・ニシムラさんにお話を伺った。

アヤミ・ニシムラ

今回の展覧会のコンセプトは「サイバー」(Cyber)と伺いましたが、なぜサイバーをテーマにしたのですか?

2年半ぐらい前に、ランキンがアレックス・ボックスとの写真集を出したとき、メイクアップアーティストとのコラボレーションを気に入って、その本をシリーズ化したいと思ったそうなんです。それで、第2弾を一緒にやらないかって言われたので、すぐにやろうということになりました。その時に「サイバー」というテーマが思い浮かびました。元々、サイバーファッション、いわゆるフェティッシュとか、クラブ系というかそういうシャープなファッションが好きで。自分自身が着るわけでは無いのですが、サイバーをテーマにして作品をつくってみたいなと思ったところから、始まりました。

この写真集自体は、トータルで2年半ぐらいかけて作っています。というのも、なかなか撮影の日にちが取れなくて。とにかくランキンが忙しい人なので、撮影にかけられる時間が限られていましたし、一緒にやった他のアーティストも、どうしてもこの人とじゃないと、というのもあったりして結局2年ぐらい掛かってしまいました。その後、レタッチ、レイアウト、プリントなどで半年ぐらいですね。時間はかかりましたが、納得のいく仕上がりになりました。

ayami8.jpg
© Rankin

アヤミさんにとって、具体的にサイバーとはどういうことですか? 作品を拝見すると、アフリカなど民族的なものからシックなものまで、取り入れているようですが…。

テーマはサイバーですが、全く違うものとサイバーが出会うとどうなるのか、ということをやってみたかったのです。アフリカっぽい作品も民族調というよりも、アフリカンアートやオーストラリアのアボリジニのアートをイメージソースとしています。木のマスクや写真など、好きで集めているものの中にドット柄のようなものがあって、モデルの顔にドットを描いたり、カラフルなステッカーをつけてみたらどうなるのかなと思ったのです。そんな方向性で何か面白い事ができないか、どうやったらきれいに見せられるのか、を考えました。不細工になっては意味が無い。キレイに見えるのは絶対ですからね。

ayami1.jpg
Photo: Ken Kato

とても特徴的な色使いですが、色に対する思いはどこから来ていますか?

明るいキレイな色が好きですし、さまざまな色を組み合わせることも好きですね。赤は情熱、青はクールなど、色にはフィーリングがあると思うのですが、そんな多様なフィーリングが組み合わさることで、全然違った感情が生まれ、気分が変化していくのが面白いです。作品づくりにおいては、ショッキングピンク、ターコイズブルー、エメラルドグリーン、イエローなど、好きな何色かの色を繰り返し使っています。

ayami7.jpg
© Rankin

作品をつくる上でのポイントや気をつけている事は何ですか? キレイに見せる事が第一の条件ですか?

そうですね、 基本的にはファッションなので「わー、可愛い!」と人目を惹く ことは大切にしています。この写真集を見た人が、そこからインスパイアされて「やってみたい!」と思ってくれたら嬉しいです。アフリカンアート調のものを部分的に取り入れた作品をイタリアンヴォーグのビューティページに載せました。全体的にやるとどぎついけれども、目元の一部だけにとり入れたり。やり方次第ですよね。

ayami6.jpg
© Rankin

そもそも、メイクアップアーティストになったきっかけは何だったのですか?

美容師を日本で10年ほどやった後、ロンドンに渡りました。日本ではファッションの人と知り合う機会がなかったのですが、ロンドンではテスト撮影などで呼んでもらえることがあって、ファッション関係の知り合いが徐々に増えていきました。そこで誰もメイクをやっていなかったので、やってみようかな、ということで始まって。何度か繰り返しているうちにすごく面白くなってきたので、ヘアをやめてメイクに専念しようということになりました。日本だとヘアとメイクの両方を1人でやる人が多いですが、海外だと、ヘアとメイクはそれぞれ別の人が担当します。ロンドンに行ったのが1993年ですから、もう20年になりますね。日本にいたときは、メイクのことは全く知りませんでした。働いていたのも原宿のおしゃれなサロンではなく、東京の田舎の方の普通の美容室でしたし。

最初は手探りでやっていたのですが、何年か経ち、パリコレなどで仕事をするようになって来た頃、色んなことが不安になってきたんです。学校に行って習ったわけではなく、全て独学でやってきたものですから。そこで、色々と見てみたいと思って、ステファン・マレーのアシスタントをショーの時だけ(年に4回ほど)3年ぐらいしました。当時、シャネル、ランバン、ゴルティエを含むほとんどの有名メゾンのメイクはステファンが手がけていました。トップモデルが全員そこにいて、パリコレは煌びやかだなー、と圧倒されて…。いつか自分もステファンみたいに有名メゾンのショーを担当してみたい、という思いも強くなりました。現場でも、ステファンがちょっと手直しをするだけで顔がガラっと変わるのを目のあたりにしたりして、ずいぶん勉強になりました。

ayami3.jpg
Photo: Ken Kato

作品はどのようなプロセスで作っているのですか?

こんなことやってみたいと頭に浮かんで来たことは、長時間アイディアを練るよりも、とりあえず手を動かしてみます。まずはアシスタントの顔でやってみて、変えたり、やめたり、試行錯誤します。メイクのアイディアが固まってきたら、ヘアや舞台セットを考えます。他のアーティストに自分の考えを伝えるために細かく指示書を作ったり、打ち合わせを重ねたりして、全体的なイメージを作り上げて行きます。当日の撮影時に無駄がなく、最小限の時間で済むように、事前の準備を完璧にします。特に、ランキンとの仕事の時は、彼は本当に時間がないので、アイディアをメールでやり取りして撮影にのぞみます。彼の電話番号も知らないんですよ(笑) 

作品を作る時は、あまり考えすぎない方が良いと思っていて、一番初めに感じた「やってみたい!」という閃きを大切にする方が、いいものができるんですよね。

ayami2.jpg
Photo: Ken Kato

理想の女性像とは?

自信があって、シャープでセクシーな女性です。撮影の時も、モデルには「もっと強く!」と言うことが多いです。具体的な名前を挙げると、たとえば、マドンナとか、カトリーヌ・ドヌーブなどが思い浮かびます。

ayami4.jpg
© Rankin

アヤミさんにとって、メイクとは何ですか?

日常のメイクは、洋服を着るとか、顔を洗うとか、そういうことと同じですね。私にとっては、ノーメイクでの外出は考えられないです。ちょっとメイクするだけでも気分が変わりしますし、そういうのはすごく大事だと思っています。メイクの仕方が分からないという人も、何でもいいからとにかくやってみてください。たとえもし変になってしまっても、落とせばいいことですから。

一方、作品づくりは、メイクアップを手段としたアートですよね。こういう写真集を見て頂く事で、私の気持ちを伝えたいですし、見た人を元気づけられる魔法みたいな力がメイクにはある、と考えています。

ayami5.jpg
© Rankin

今後の予定を教えてください。

9月からオンラインのみで発売するアメリカ発のブランド「MAKE」のブランドコンサルティングを今回初めて担当しています。自分ブランドの化粧品や基礎化粧品の開発にも興味を持っているので、今後はそういうこともしていきたいですね。

「MAKE UP」Ayami Nishimura by Rankin
会期:2012年8月24日〜11月9日
時間:11:30〜21:00(不定休)
会場:DIESEL ART GALLERY(DIESEL SHIBUYA内)
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti B1F
TEL:03-6427-5955
キュレーター:Kimiko Mitani Woo / MW Company
UKアーティストコーディネーター:Ayako Terashima
協賛:株式会社フレームマン / 株式会社サンエムカラー
http://www.diesel.co.jp/art/

Text: Wakana Kawahito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE