アルル国際写真フェスティバル 2012

HAPPENINGText: Wakana Kawahito

ヨーロッパで最も歴史と権威がある写真フェスティバルといえば、今年で第43回目を迎える「アルル国際写真フェスティバル」だ。夏の南仏・アルルの陽気な雰囲気とあいまって、毎年多くの人たちで賑わう。

alres6725.jpg

今回のテーマは「フレンチスクール」。7月2日〜9月23日までの約2ヶ月半、60の展示と50のワークショップが朝から夜遅くまで開かれる。特に最初の1週間は「オープニングウィーク」として、様々なシンポジウムやワークショップ、ポートフォリオレビューに多くの写真関係者が詰めかけた。

alre6736.jpg

メインの展示は、フランス写真学校の名門、アルル国立高等写真学校(ENSP)の卒業生から選ばれた作品で構成された。展示会場のパーク・デ・アトリエは元倉庫だった場所。その広い敷地内は主に5つの会場に分かれ、国際的に活躍する有名写真家から若手まで、見応えのある作品が並んだ。なかでは、1991年にENSP卒業の小野規さんが、日本人作家として展示に参加し、震災から8ヶ月後の東北を記録した写真を発表した。

alre6738.jpg

夜は、古代ローマ劇場を会場にイブニングスクリーニングが行われ、歴史的な空間に設置された大型スクリーンで写真を見るという体験を多くの人が楽しんだ。初夜は「マグナム・プレミアム」として、マグナム・フォト所属の20人の写真家たちが、「自分が写真家になった第一歩目」についてプレゼンテーションを行った。他にはカルティエ・ブレッソンやエリオット・アーウィットなどのプレゼンテーションもあった。

alre6760.jpg

フェスティバル関連展示の中でも特に印象に残ったのが、フランス人アーティスト、ソフィ・カルの「For the last time」。彼女が長年作品作りの主題としてきた、盲目の人々が思い描くイメージを写真とテキストで表現するプロジェクトの一環だ。イスタンブールビエンナーレにも出品された本作品は、イスタンブールで出会った盲目の人に、彼らが覚えている最後のイメージを聞き、それぞれのポートレートと最後のイメージ、それにまつわるエピソードを文章にしたもの。もう一つの「Voir la mer」は、海に囲まれたイスタンブールに住みながら今まで一度も海を見た事の無い人を撮った作品だ。

arles_6768.jpg

イスラエル人映画監督のアモス・ギダイは、イスラエルや中東をテーマにしたドキュメンタリー映像の展示を、夜8時から深夜12時まで毎日4時間のみ、教会を会場にして行った。薄暗く凹凸がある教会の壁や天井に映し出されたそれぞれの映像作品は、会場の荘厳な雰囲気と相まって、より一層強いメッセージをこちらに語りかけてくる。

alres6798.jpg

世界遺産にも登録されているアルルの町の美しさを見ながら、夏の夜長に存分に写真を楽しめるこのフェスティバル。見た人それぞれが改めて写真について考える、よいキッカケになったであろう。

Les Rencontres d’Arles 2012
会期:2012年7月2日〜9月23日
時間:10:00〜20:00
会場:アルル市内各会場
http://www.rencontres-arles.com

Text: Wakana Kawahito
Photos: Wakana Kawahito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE