NIKE 公式オンラインストア

FIAC 2012

HAPPENINGText: Wakana Kawahito

公園の木々が黄金に色づき、落ち葉が並木道を覆いだす頃、秋のパリは「FIAC」の季節を迎える。ロンドンの「フリーズ」に続き、FIACはヨーロッパの現代アートフェアとして歴史もレベルも評価されている世界的なアートフェア。世界中からコレクターやバイヤー、ジャーナリストなどのアート関係者が集う。

メイン会場は例年の通り、グラン・パレ。改装が終わった2階部分でも展示が行われており、フランス国内を中心に世界24カ国から182のギャラリーが出展した。
今回は、ギャラリーのブース展示が行われたグラン・パレに加えて、野外展示が充実していた。チュルリー公園、ヴァンドーム広場、アンヴァリッド公園、自然史博物館公園など、パリの観光名所に現代美術作品が出現し、アートファンのみならず多くのパリジャンを魅了した。

今年のFIACの様子を、写真を中心に紹介したい。まずは、グランパレ会場から。

FIAC 2012

会場は入ってすぐの、ロンドンのギャラリー、ホワイトキューブ。多くの人がダミアン・ハーストの作品を写真に収めていた。

fiac11.jpg

パリ、ドイツのケルン、サン・モリッツの3つを拠点にしている、ギャラリー・カーステン・グレーブでは、日本ではあまり見られない種類のルイーズ・ブルジョワの作品が。

fiac10.jpg

パリの老舗ギャラリー、イヴォン・ランベールの入口には、ちょうど現在、ポンピドゥー・センターでも展示を行っている、ミルチャ・カントルの作品を出展。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
フェルナンド・トロッカ
MoMA STORE