アートフェア東京 2012

HAPPENINGText: Noriko Yamakoshi

過去と現在、日本と東アジア。時間軸の限界を超えた未来への予感。

第7回目を迎えた「アートフェア東京2012」が、3月30日より3日間、東京国際フォーラムにて開催された。恒例の桜の季節に立ち戻って行われた本フェアは今回、展示ホール全面の5千平方メートルを使用、その会場規模を昨年の約2倍に拡大しての開催となり、出展ギャラリー企業総数160軒、招待客やプレスに向けた29日のオープンプレビューも含め、来場者数は過去最大の53,000人余りを記録した。

1_nishimura.jpg
Photo: Noriko Yamakoshi

古美術から現代美術まで、時代とジャンルを超えた作品が展示販売されるアートフェア東京において、山下裕二キュレーションによる特別企画エリア「シャッフルII」は、フェアの特性を「現代美術の実験的展示」として理にかなった手法で体現し、存在感を放っていた。またこれまでは場外に設置されていた若手ギャラリーに特化したコンテンポラリーアートセクション「PROJECTS」も本年度よりメインフロアに集結。更に今回新たな試みとして、日本のアートジュエリー市場を牽引する3つのコンテンポラリージュエリーギャラリーの初出展や、「ディスカバーアジア」を基幹ビジョンに、アジアよりソウル・台北・北京を中心としたギャラリー・美術館の計9つが出展した。またインスタレーションを主とした「PROJECTS」のスピンオフ新セクション「project in PROJECTS」においても型にはまらない多様で国際色にも富んだ才能が軒を連ねた。

2_shuffle.jpg
「カラバナ」岩田俊彦、「Ritual sake bottle」ロンドンギャラリー、仏手(鎌倉時代) Photo: Noriko Yamakoshii

「いつの時代にも、どんなジャンルにも、芸術的実験がある」。昨年度よりスタートした「アーティスティック・プラクティス」プログラムのひとつとして企画された「シャッフルII」では、あらゆる時代とジャンルがある種カオス的に展示されているアートフェア東京の特徴を逆手にとり、5千年前の縄文土器から今を生きる現代美術作家の作品までが、まさにその価値観のシャッフルを意図に企画展示された。現代の我々の目には歴史を背負った古美術に見える作品でも、創られた当時は現代美術であったかもしれない。場内には平安時代の四天王像や横浜美術館に展示中の松井冬子の作品、段ボールで創られた本堀雄二による仏像など、時代もスタイルも全く違う作品が展示されていたが、ジャンルという壁やルールを一度リセットし、訪れた人々に「能書きや理屈で理解するのではなく、ただ食べるように見て欲しい」という山下氏の思いから、選ばれた約20点余りの作品には一切キャプションは付けられなかった。

3_philip.jpg
「L’avalanche de Rouille 」© Philip Sajet

欧米に比べ日本ではまだ紹介される機会や場が限られている上、常に「工芸品」と「アート」カテゴリーの狭間で議論されている日本のコンテンポラリージュエリー。今回参加したギャラリーC.A.J.ギャラリードゥポワソンO-Jewel(オージュエル)の3つのギャラリーはそれぞれその草分け的存在だ。素材そのものの価値に頼る、あるいはファッション装飾としてのみ考えられている従来のアクセサリーや装飾目的だけのジュエリーとは異なり、身につけられる「アート」としてのアートジュエリー市場を牽引してきた第一人者の一人、O-Jewelの大地氏は言う。『絵画や彫刻などのアート作品とアートジュエリーとの違いは、と聞かれれば、それは身に着ける事が出来るアートであり、だからこそ文字通りより心・ハートに近いということだと思います。日々の生活の中で身につけられるアートジュエリーはより親密でパーソナルなアートワークなのです』。彼女が手がける芸術家、フィリップ・サジェは「錆び」を探求し創作し続けている世界的なアートジュエリーアーティストだ。彼の言葉はアートジュエリーアーティストが大切にしているひとつの哲学を教えてくれているように思う。『アーテイストは何が価値があるものかそうでないか決めることができる。 私は錆びが貴重な素材だと決めた。それゆえに1992年、最初に錆びを使った作品を創りそれから わたしのこの素材への興味がうせるまでこれを使い作品を創ろうと決めた。 驚いたことに20年後の今でもまだ私に興味深い素材だ。』

4_scai.jpg
「Direction #9~#12」名和晃平, 2012、「Flat File Globe 3B Red Version」安部典子, 2007 Photo: NORIKO YAMAKOSHI

宮島達男名和晃平アニッシュ・カプーアなど国内外の現代美術家作品を取り扱うSCAI THE BATHHOUSE(スカイ・ザ・バスハウス)ブースでは、3月銀座にオープンした「DOVER STREET MARKET Ginza COMME des GARÇONS」への作品設置が記憶に新しい名和による新作と、安部典子による彫刻作品との二人展が展開された。

まず壁面に展示された名和氏によるペインティングが圧倒的な力で来訪者を迎えてくれる。縦横約2m程のキャンバスが横一列に4枚並べられたこの作品「Direction #9~#12」は、絵の具の自重のみで線を描いたという新作だ。その白と黒のシャープなラインコントラストの前面、ブース中央には安部典子による真っ赤なキャビネット作品が設置されていた。中を覗き込むとそこには不思議な魅力を放つ積層造形が。ユポという白い紙を使用し、その一枚一枚をカッターで切りだして何百枚、何千枚と丹念に重ねて作り出す造形に取り組んできている彼女は2004年よりニューヨークに在住しながら創作を続けている。緻密に編みだされた地層を思わせるこの造形はキャビネットを人体のメタファーとし、内にある積層は「こころ」や「記憶」、時間軸の限界を超えた未来への予感など、捉えがたいものを目に見える形で表現しているという。二人展をキュレーションしたギャラリーの研ぎすまされた憶いが鮮烈に伝わる空間だった。

5_hollyfarrell.jpg
「Popular Classics II」Holly Farrell, 2012 Photo: Noriko Yamakoshi

「PROJECTS」エリアに出展したメグミオギタギャラリーからは、今年3月、同ギャラリーにて個展「Book Shop」が開催されたホリー・ファレルによる作品が出品された。カナダ・オンタリオ州北北東に位置するノースベイで生まれたファレルは、日々のストレスから逃れる為に絵を描き始め、全くの独学でその技法を身につけという。日常の中に存在する使い込まれた道具類を題材に好み、それらを肖像画のように描く彼女。油彩とアクリル絵の具で描かれたこの作品にはアーネスト・ヘミングウェイ短編集や、ジョン・スタインベック「怒りの葡萄」、オー・ヘンリー「運命の道」などの著作が並ぶ。生活の一部として無造作に並べられたであろう空間の断片を、その絶妙な色のバランスとテクスチャーとで見事に切り取った作品群は、あたかもフィルムの一場面のようであり、経てきた時間や匂いまでもが伝わってくるようだ。非常にパーソナルでありながら同時に見る者全てに物語体験の共有を静かに許してくれる、そんな作品に感じた。

6_chiakikohara.jpg
© 2012 Chiaki Kohara/DMOARTS.COM Photo: Noriko Yamakoshi

25ギャラリー余りが出展した「PROJECTS」エリアにおいて、ピンク色に染まっていたブースがある。昨年大阪に回廊したDMOアーツがレプリゼントする新星コハラチアキは、2007年ユニクロ・クリエイティブ・アワードにおいて草間彌生賞を受賞、2011年にはCanvas@Sony「アートウォール」グランプリを受け、同年ソニービル壁面の巨大キャンパスには彼女の作品が飾られた。ビビッドな色使いの中に独特の軽さと重さを内包するタッチで、大きな耳と時に不気味にも見える手足の伸びた女の子を描いてゆくコハラ。美大には行かず、デザイン専門学校ではどこか異端生であったという。そのシグネチャー的長い手足は自身が好きだという昆虫にインスパイヤーされていると同時に、素直になれない女の子の複雑な心情や、誰かや何かとつながっていたいという不安も表しているのかもしれないと彼女は語る。ブース内では得意のライブペインティングも披露した。「絵はコミュニケーションの一つの道具」と語るコハラはにとって、観客との会話を作画に取り込んでゆくライブペインティング作業は、自身と見る側との境界線を取り払う自由を与えてくれる場としての大切なワーキンググラウンドのようだ。

7_nakano.jpg
「B5」中野浩二. 「無題 12-03」中野浩二, ミクストメディア 石膏、麻、他 Courtesy of the artist and Roid Works Gallery

「人間の形を一から把握し直したい」と彫刻家・中野浩二は言う。今回初出展となるロイドワークスギャラリーより新作を出品した中野は東京造形大学彫刻科を卒業後、中之条ビエンナーレなどでのグループ展を経て、2010年「現れた骨格」(ギャラリーKINGYO)、2011年「NAKANO KOJI SCULPTURE」(ギャラリーFuTaBa/ロイドワークスギャラリー)と力強い個展を開催してきている。近年、ドローイングと石膏を用いた首像に注力している中野。それらの作品は、目にした瞬間、見る者の奥底にある言葉に出来ない感情をわしづかみにし、あたかも自身がそれに同化してゆくような感覚を起こさせる。作風は時にアグレッシブに見えながらも、人が持つもろい心の底を静かに肯定し、そしてそっと傍に寄り添ってくれる。「人間の存在の不思議さ、奥深さ」。石膏という素材の短時間で硬化してしまう特性は、逆に人の具体的な形態を追うことや写実的細部へのこだわりを転換し、自分にとってのリアルな人間の存在を形にすることを可能にしてくれるのかもしれない、と中野は言う。『いつも不完全ながらも、試行錯誤して制作を続ける。少しずつ焦点は絞られていきながら、気持ちはうっすらと広がりを持って自由になれていく気がする。』

8_ARATANIURANO.jpg
「Out of Disorder」岩崎貴宏 Courtesy of the artist and ARATANIURANO Photo: 木奥惠三

「PROJECTS」コンセプトに収まりきらないインスタレーション作品が展示された「project in PROJECTS」エリアでは、ARATANIURANOより、精巧かつ遊びごころのある手法で見慣れた日用品に手を加え、ミニチュア風景のインスタレーション作品を創りだしている岩崎貴宏の作品群が出品された。「Out of Disorder (section)」(アウト・オブ・ディスオーダー)と題された作品ではチャコールやネイビー、深茶色等のニット生地がアクリルケースの中に注意深く積み重ねられ、絵画のような地層断面を描き出している。頂層にそびえる繊細な鉄塔や電波塔は、重ねられた布繊維をほどいて創られているという。敢えて日用品を素材に選び、その繊細な技法とユーモアとで素材に残された記憶の一部を選び取る岩崎は、その再構築した造形を通して私たちが現実に生きる風景や社会の姿にもう一度新鮮な驚きと発見を与えてくれている。ブースではヨコハマトリエンナーレ2011でも紹介された望遠鏡で離れた場所の作品を覗くという手法での展示も合わせて行われ、来場者を楽しませていた。

9_yamakawa.jpg
「Atomic Guitar No.7 Warlock-type + No.8 Warlock-type Left Handed」展示風景, 山川冬樹, 2011 Photo: Noriko Yamakoshi

同エリアにて同じくインスタレーション参加したのが、SNOW contemporary(スノウ・コンテンポラリー)より出品された山川冬樹の「原子ギター」シリーズだ。骨伝導マイクを使った頭蓋骨とハミングによるパーカッシブなパフォーマンスでしられる山川は、自身のパフォーマンスを適切に伝える為に欠かせないアンプシステムが、震災以後日本が直面している限られたエネルギーを使用しなければ成り立たない事に愕然としたという。70年代にアメリカで製造されたガイガーカウンターと、皇居前から採取された土を用いて創作されたこの作品、ギターのネック部分には同じみのエネルギー会社のものと思われるロゴが施され、その隣には手書きで「Atomic Guitar No.8」と記されていた。およそ0.20マイクロシーベルトを放っているというその土に取り込まれた放射線エネルギーによって、ギターは静かな倍音共鳴を奏でていた。ラディカルなその作風とは裏腹に、山川の施したチューニングが創りだすそのハーモニクスはとても穏やかで、メロディーすら存在しないその音色は不思議にどこか心休まるものだった。

10_HyungkooLee.jpg
「Felis Animatus & Leiothrix Lutea Animatus」Hyungkoo Lee, 2009 Photo: Noriko Yamakoshi

「ディスカバーアジア」エリアに出展したギャラリー・スケイプは、2004年に韓国ソウルに開廊。フェアでは5アーティストの作品を展示していたが、その中でもイ・ヒュンクによる樹脂作品に目を魅かれた。2007年ヴェネチアビエンナーレ韓国パビリオンにて自然博物館さながらの空間演出で「The Homo Species」展と題して出品されたこのシリーズはラテン語で「Animatus」(動画の、生き生きとした)と名付けられている。イは韓国で生まれ育ち、イェール大学でMFAを取得。その留学時代、男は強くなければならない(male superiority)という価値観で育ったアジア人の彼は大柄な西洋男性に対する体格のコンプレックスを痛切に感じ、「右手を大きくする手袋」(Enlarging My Right Hand with Gauntlet)や目を大きく見せる「顔改造装置」(Altering Facial Features with Device)などの作品を創りだした。今回出品された「Animatus」シリーズは有名なハリウッドアニメーション「トムとジェリー」等をベースに製作されていると言われており、これは過去約50年以上に及ぶ韓国へのアメリカ文化の影響が示唆がなされていると見る側面もあるが、同時に実存しない不死身のアニメキャラクターの骸骨を解剖学的見地から作り上げることによって、仮想世界と現実世界、過去と未来との間(はざま)も諷示しようともしているようだ。初期作品創作の原動力になったという「コンプレックス」の真偽はともかくとして、何よりもイの一連の作品を魅力的にしているのは、一貫してベースにある彼のユーモアと遊び心にあるのかもしれない。

11_Liu%20Xiaodong_showcase.jpg
「Hometown Boy」Liu Xiaodong Photo: Noriko Yamakoshi

2006年ニューヨーク・サザビーズで開催されたオークションにおいて、当時の中国絵画史上最高値で作品が落札されて以来、世界中から注目を集めている中国の現代絵画アーティスト、ジャン・シャオガン(張暁剛)。特別協力美術館として北京より参加したユーレンス現代美術センターからは、古い肖像画をもとに家族の血のつながりと揺れ動く中国近代社会を表現することで知られるシャオガンの「血縁シリーズ」を始め、センターにオープンしたショップからも様々な作品やプロダクトが展示販売された。なかでもブース中央奥に展示されていたのは、2011年に故郷の金城(中国北部・凌海市の一部)で発表されたリウ・シャオドン(劉小東) による「Hometown Boy」展からの作品。現代の中国油絵界を代表するアーティストの一人であるシャオドンは中央美術学院を卒業し、ヴェニスや上海ヴィエンナーレへも参加、2000年には北京-サンフランシスコにおいて「1990-2000」回顧展も開催されている。日々の暮らしの情景や人物を長年描いてきたシャオドンだが、貧富の差が激しい中国にあって、自らのホームタウンに戻り自身の友人や知人を描き展示会を開催することには相当の覚悟が要ったという。ショーケースに展示されていたアーティストブック(上記写真)には、その小さな村の変わらぬ過去と現在、その日常が淡々と、どこかユーモアを持って切り取られていた。手法こそ異なるものの、シャオガン同様、彼の作品にも根底には家族や中国の変わりゆく近代社会を表現しようという思いが込められている。フェア会場では「スペシャルビデオプログラム」として、2011年の展示会にて発表されたドキュメンタリー映像も放映されていた。

12_WU-Chi-Tsung.jpg
「Landscape in the Mist」Wu Chi-Tsung Courtesy of the artist and TKG+

今回台湾より初参加したTKG+。1992年に開廊したティナケン・ギャラリーの現代美術部門であるこのギャラリーからは昨年ヨコハマトリエンナーレにも参加した台湾人作家のツァイ・チャウエイと、2005年森美術館で開催された「秘すれば花:東アジアの現代美術」展にも出品したウー・ジーツォンの作品が展示された。1981年生まれのジーツォンは絵画と彫刻の勉強をした後、大学院で建築の勉強を進める中で2002年頃から写真や映像を実験的に使用した作品を創り始める。英国やスコットランドでのアーティストレジデンシーも体験した彼のこの「霧の中の風景」は、西洋絵画と中国水墨画の双方を注意深く観察する中から生まれたという。ヨーロッパの深い霧に包まれた森のようでありながら、アジア的な何かをも同時に想起させるこの不思議な映像には、ジーツォン自らが育てるところから始めたという盆栽が使用されている。心の奥深くに潜んでいた懐かしい記憶や思い出のようでいて、同時にどこかまだ見ぬ未来をも感じさせるこのシリーズ。彼はこの作品を通して、東と西・水墨画と油絵の手法やエッセンスとをこれまでになく近づけ、文化の壁による先入観や境界を敢えて曖昧にする試みによって新たな風景画世界を創り上げようとしている。

13_Ullens.jpg
Photo: Noriko Yamakoshi

「アジアにおける東京」をひとつの基幹コンセプトに掲げた今回のアートフェア東京。昨年度よりドイツ銀行グループをオフィシャルメインスポンサーに迎えたことも2年続いたこの継続的アプローチの実現に大きな貢献サポートをしている。アジアの中での日本アート市場が今後どのように変化・進化してゆくのか、益々活発化しつつあるアジアにおけるその他アートフェアの動向と共に見守っていきたい。

アートフェア東京 2012
会期:2012年3月30日(金)~4月1日(日)
会場:東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール
住所:東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
主催:アートフェア東京実行委員会
http://artfairtokyo.com

Text: Noriko Yamakoshi
Photos: Noriko Yamakoshi

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE