ジャンヌ・キットネン

PEOPLEText: Satsuki Miyanishi

フリーダム・オブ・クリエーション(FOC)」の創設者であり、3Dプロットタイピングの先駆者であるジャンヌ・キットネンが、ハイネケン「サスティナブル・チャレンジ」のスタートとして4月3日~5日に行われる「48時間ライブイノベーション」の主役として登場する。このコンペティションは、ハイネケンがビール容器のリユース、リサイクルのなどのエコなアイディアを募集するもの。応募者は、イノベーションの基準をもとに、予算的にも技術的にも実現可能で、ウェブ上でも票を多く獲得したアイディアの選考を行うハイネケンのエキスパートたちにアイディアを提出することとなる。2012年6月に優勝者が発表される。

このコンペティションのキックオフイベント「48時間ライブイノベーション」の主役となるジャンヌ・キットネン。このイベントで彼は、とある場所で48時間こもりきり、ハイネケン「サスティナブル・チャレンジ」の「将来のビール容器の持続可能なアイディアを共有し、10000ドルを勝ち取ろう。リユース、リサイクル、そして輸送方法と材料のアイディアを考えて下さい。」という募集テーマのもと、アイディアとソリューションをデモンストレーションする。このプロジェクトでは、彼のアイディアから生産までの創造的なプロセスの生きたアートインスタレーションが、ビジュアライザーによって壁や家具の上に描かれる。

SHIFTのカバーデザインも手掛けてくれたキットネン氏。今回のイベントについてお話を伺った。

ジャンヌ・キットネン
Janne Kyttanen © Freedom Of Creation

まずはじめに自己紹介をお願いします。

私は、フィンランドのヘルシンキで1974年に生まれ、バルセロナで工業デザインを学びました。その後オランダに移り、2000年にアムステルダムのヘリット・リートフェルト・アカデミーを卒業しました。 今もアムステルダム在住です。私は研究の中で、将来様々な製品がコンピュータのデータに変わり、入手方法はインターネットから音楽をダウンロードするのと同じくらい簡単になることを想定しました。そうすることによって私たちは実質的に製品と相互作用し、3Dプリント技術を使って制作することが可能になりま す。

この概念に基づき2000年には、最初の試作品が完成しました。製品は3Dソフトウェアを使用して設計され、消費者の相互作用のための拡張現実環境にアップロードされ、レーザー焼結(3D印刷プロセスのタイプ)によって制作されました。これらの最初の実験は、この実験をもとに「フリーダム・オブ・クリエーション(FOC)」という会社を2000年にフィンランドのヘルシンキに設立しました。

「フリーダム・オブ・クリエーションBV」は2006年にアムステルダムに設立され、2011年の5月に3Dシステムズ(NYSE:DDD)がこの権利を取得。このことによって、発展的なテクノロジーを手に入れ、世界で最も大きな3Dプリンティング生産の中心へのアクセスが可能になったのです。

3774931388_15b27933e2_z.jpg
FOC 1597 © Freedom Of Creation

ハイネケンの「サスティナブル・チャレンジ」についてどう思っていますか?

「ハイネケン・サスティナブル・チャレンジ」に参加できることを嬉しく思います。ハイネケンが閉じた部屋の中で企画をするのではなく、インターネットを通じて広くアイディアを募集するというのは、とてもすばらしいと思います。

5169120825_349e7e9313_z.jpg
FOC for: FreshFiber © Freedom Of Creation

今回の「48時間ライブイノベーション」でどのようなことをする予定ですか?

たくさんの新しいプロダクトをつくり出そうと思っています。

5299274267_4ea41ff2db_z.jpg
FOC Card bag © Freedom Of Creation

「48時間ライブイノベーション」のような長い時間の制作プロジェクトはこれまでに経験したことがありますか?

こういったものは初めてです。

4951449832_0f7931cb28_z.jpg
FOC Custom Street Headphones © Freedom Of Creation

アーティスティックなデザインを生み出す秘訣は何ですか?

何か秘訣があれば嬉しいのですが。アイディアはただ思い浮かぶのです。

3741934937_6de63ab146_z.jpg
FOC Onitsuka Tiger – Electric Shoe Campaign © Freedom Of Creation

ハイネケンビールは飲みますか?

はい、飲みます。

3Dプリント技術の利点と欠点は何ですか?

利点はたくさんの複雑なものを思い通りにつくり出すことができることです。つくったものはメールを使って簡単に世界に発信することができ、ストックする必要もありません。従来の技術と比較した場合の欠点は、まだコストが高いことと材料のオプションが限られていることです。

3742446870_fdbc32b949_z.jpg
FOC Asics Boxes © Freedom Of Creation

ヨーロッパとアジアでデザインの違いはありますか?

ヨーロッパのデザインの方が考えが進んでいて、概念的なデザインが多いように感じます。

FOC-michael-gloves.jpg
FOC 3D Printed gloves for the Design Hub Barcelona (DHUB) © Freedom Of Creation

あなたのこれまでの作品で一番よいもの、お気に入りはありますか?

明日つくるもの、いつもそれが一番良い作品だと考えています。

FOC_Laser-Sintered-black-dress-side_Joep-Vogels.jpg
FOC Laser Sintered dress © Freedom Of Creation

デザインにおいて、ここ数年間で変化してきているものは何だと思いますか?

デザインエゴが消え、パスタを作ったり、シャワーで鼻歌を歌うように簡単に、誰もが様々なプラットフォームの技術により、デザインすることが可能になっていると思います。

FOC_Punchbag2.jpg
FOC Punchbag © Freedom Of Creation

何かあなたのデザインにインスピレーションを与えているものはありますか?

特にありません。アイディアは、期待しないときに思いつくのです。

5299808756_9c9a260e72_b.jpg
FOC at Design Museum Barcelona ’10 © Freedom Of Creation

あなたは成功しているプロダクトデザイナーの一人ですが、もしこれから達成したいと思っている夢があれば教えて下さい。

いつもたくさんの夢があり、常に最も予期しないアイディアを考え出すことを夢見ています。

ハイネケン・サスティナブル・チャレンジに応募しようと思っている人にメッセージをお願いします。

躊躇せずに、クレイジーにいこう!

Freedom Of Creation B.V.
住所:Cruquiuskade 85-87, 1018 Amsterdam, The Netherlands
TEL:+31 (0)20 675 8415
info@freedomofcreation.com
http://www.freedomofcreation.com

Text: Satsuki Miyanishi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE