ディン・イ

PEOPLEText: Hiromi Nomoto

中国コンテンポラリーアートで、異質なアーティストであるディン・イ(丁乙)。彼は長年に渡る創作活動において、一貫して抽象表現を行ってきた。
一筆一筆、積み重ねていくことで、深く力強い作品をつくり上げている。それは彼の時間であり、その累積のようだ。その線の集まりは揺らぎをつくる。その揺らぎが時折、きらりと光を放っている。
前日香港から帰って来たばかりで、数日後北京に行くと言うディン・イが時間を見つけインタビューに応じてくれた。

ディン・イ(丁乙)

あなたの創作の背景からお聞きします。あなたが創作を始めた頃、どのようなアートやアーティストに影響を受けたのでしょう?

とても複雑です。中国は80年代に大きな変化を経験しました。それ以前にはアートの情報は全くなく、一番良いものとはソビエト連邦の作品でした。1980年代私は美術系の学校でアートを学び始め、その頃から画集などで欧米のコンテンポラリーアートを見ることができました。

あなたの作品の背景学生時代見ていたアートとはどのようなものだったのですか?

当時私は風景や人物を描いていました。そしてエコール・ド・パリのアーティストであるユトリロの印象を強く受けていました。彼の描くパリの街の感じが上海に似ていたことに私は心を打たれました。私は彼の手法や考え方を用いて、受け継がれてきたものを含めた西洋芸術への認識を深めていきました。

中国に大きな変化が起こり、(外国の)沢山のモノが紹介されました。私は1983年頃から抽象表現を試し始め、1988年になってから自分のスタイルを確立しました。その頃私が影響を受けたのはモンドリアン、フランシスコ・ベーコンやステラなど、彼らに引きつけられました。

「十示1997-8」200×270cm  丙烯、成品布 1997   Appearance of crosses 1997-8 Acrylic on tartan 200x270cm
「十字 1997-8」1997 アクリル、既成の布地

あなたの作品を知る過程で、“モンドリアン”というアーティスト名があがります。あなたはなぜモンドリアンに注目したのですか?

私個人の性格にあります。私は比較的静かな性格です。だから私は感情を使って表現することがあまり好きではありません。基本的に頭で思考してアートを表現します。

あなたの抽象表現にはどのような動機があったのですか?

私は西洋と中国伝統の絵画、これらを排除し、(アート表現における)私個人の言語を探そうとしました。中国伝統絵画では完璧な抽象に到達することが極めて難しく、かつて伝統絵画の作者たちに山水画の概念の中での抽象はありましたが、純粋な抽象ではありません。これらを見て、私は新しい方法を探さねばと思いました。アートらしくないアート、つまり私たちが思い描いているような伝統的なアートでないもの。私はアートとデザイン、2つのもの結合させました。しかし私が初めてつくった作品は、多くの人に受け入れられなかった。

あなたの作品で登場する“十字”は何に由来するのですか?

これはただ横線と縦線の交差、または符号です。私は以前デザインを学びました。玩具会社で3年間働き、そこでおもちゃのパッケージをデザインしました。当時はまだパソコンはなく、全て手描きでした。パッケージの寸法補助線(設計図でサイズを表記するために引く線)は十字です。そこから十字を得ました。

多くの人があなたの作品を“米字”と言いますが、これについてどう思われますか?実際に漢字の“米”を意識しているのでしょうか?

漢字の“米”とは何も関係ありません。20年以上もこのように仕事をしていたので、バリエーションをもっと豊かにしたいと思いました。十字に少し回転させた十字を重ねると漢字の米の様な形になりますが、まったく違います。一画二画で十字のような符合になり、更に三画四画を足して米字のような符合に、その符合を四角で囲んだならば、全部で8画になります。私にとっては描く難易度が高くなり、思考としては更に複雑で豊富になります。このシステム上でさまざまな可能性を探しているのです。

「十示2005-6」2005-6   Appearance of crosses  Acrylic on tartan 320x440cm
「十字 2005-6」 アクリル、既成の布地

あなたの作品には鮮やかな色が使われていますね。これらには意味があるのですか?

私の経歴や、生活している都市と関わっています。始めの頃の作品は墨に染められていました。1988年頃の上海は、ほこりっぽく灰色に染まっていました。これが私の作品の色に現れています。

1998年には作品に大きな色の変化がありました。上海に強烈な変化があり、私はこの変化に合った強烈な色彩を探しました。そして蛍光色を使うようになりました。当時私は蛍光色を全面に使っていました。「ああ、(この上海に)偉大な時代がやって来た」というのが当時の私の気持ちです。

しかしその後また色が変わりました。2008年この都市化はもはや喜ぶべきことではなく、一種の問題であると考えたからです。

既成の布でキャンバスを作ったことについてお聞きします。なぜタータンチェックの布を使ったのでしょうか?バーバリーの布を使っているそうですね。

十字の表現を始めてから10年が経ち、新しい方法を探し求めていました。私はずっと格子を描いていまいした。人から「布を描いている」と言われました。だから私は直接既成の布を、もともとの布とは違ったモノに変えてしまおうと考えました。

バーバリーとは限りませんが、(既成の布地に絵を描き)始めた頃、1ヶ月間ほど布を探しました。その後バーバリーの布が合っているということになりました。なぜならバーバリーの布(の格子模様)は完璧な四角だったからです。それに色も薄いからです。薄ければその色を変えやすい、これが理由です。

「十示2006-5」200×135cm  丙烯、成品布 2006 Appearance of crosses 2006-5 Acrylic on tartan 200x135cm
「十字 2006-5」2006 アクリル、既成の布地

著名なアーティストはよく大勢のアシスタントが制作をしています。あなたはアート界やアートマーケットにおいて高く評価されているにも関わらず1人で制作しているそうですが。

はい。私は1ヶ月に1点、自分で制作します。アシスタントは2人います。1人は事務をして、もう1人は制作のアシスタントです。制作のアシスタントはキャンバスの準備をしますが、その作業は1日もあれば十分です。だから彼は毎日来て私にお茶を入れてくれ、自分の作品をつくり始めます。結局彼はアーティストになりました。

なぜ制作のほとんどを1人で行うのですか?

それぞれアーティストの制作方法は違います。これが私個人の方法です。

展示やベニスビエンナーレへの参加など国外で活躍されていますが、海外に拠点を移すことは考えないのでしょうか?また国内でも、北京などには移らず上海で制作し続けていますね?

私の作品と上海は関係しているからです。多くの人に「あなたが最も好きな場所は?」と聞かれます。私は真っ先に上海を選びます。

上海(の人々)は独立的です。上海以外の別の場所ではアーティスト同士は毎日会って、毎日一緒に御飯を食べています。しかし、もし今日上海で展示のオープニングがあったとしたなら、参加したい人だけが行けばいい。参加したくない人は行かなければいい。私はこの感覚が好きです。

「十示 2011-3」丙烯,画布 220x220cm 2011 Appearance of crosses 2011-3 Acrylic on canvas 220x220cm
「十字 2011-3」2011 アクリル、キャンバス

アジアのアートマーケットでも鑑賞者の認識でも、具象の作品に人気が集まりがちです。この状況の中、純粋な抽象作品を創作し続けることは決して簡単ではなかったと思われます。このことについてお聞かせ下さい。

確かに純粋な抽象芸術は、アジアでは主流ではなく、東洋文化発展の過程で流行ったことの少ないものです。私の作品がマーケットで受け入れられたのは欧米からです。アジアからではありません。そして今に至るまで、私の二十数年の抽象な絵画には、大きな変化がありました。過去と現在とでは、若い世代の抽象への受け入れ方も大きく変化しました。

中国のコンテンポラリーアートは、中国の記号やイメージが重要で、そこから中国との関係や判断を引き起こします。しかし抽象のものは難しい。

私は93年頃から、全ての中国コンテンポラリーアートに関する重要な展示にはすべて参加しました。ベニスビエンナーレに参加した際、私とシュー・ビン(徐冰:アルファベットを漢字のように描いた作品で知られる中国人アーティスト)は展示ホールが同じでした。私の作品は画面上で中国のイメージを表現することは難しいのですが、他の中国人アーティストの作品には毛沢東などのイメージが使われていました。1993〜1994年当時の展示は西洋ではメディアでたくさん報道されました。しかし後日報道されたものを見ると、私についてのものはありませんでした。名前と小さな写真が載っているだけです。

美術館などが展示のアーティストを選ぶ際には、比較的公平に見てくれます。私は冷静に「メディアの反応とはこういうものだ。」と理解し、ゆっくり自分の道を歩もうと思いました。そこから徐々に創作活動を展開させていきました。

工作室场景

あなたは中国コンテンポラリーアートが世界の舞台に登場し、これが発展し繁栄していく様子を見て来ました。現在あなたは復旦大学美術学部で教鞭をとっているそうですね。現在の若い美術学生や若いアーティストをどうとらえていますか?彼らにどのような傾向や特徴があると思われますか?

2種類の現象があると思います。1つはマーケットでの可能性を探るように、直接(上の世代のアーティストを)真似をするアーティスト。もう1つは、大学在学中か修士課程中に国外へ留学し、更に多くの西洋コンテンポラリーアートの新しい角度から創作するアーティスト。この2種類のグループに分かれます。この2つのグループは未来では同じように自分の道を見つけることでしょう。

アートの道はとても多くの偶然性が存在します。その地域の政治や文化、経済、全てが関わっています。そしてある時代の接点に、ちょうど大きな出来事や転換が起こり、これらは多くの人々が思考するのを加速させます。

2号厅
「スペスフィック・アブストラクティド・ディンイ・ソロエキシビション」民生現代美術館

今後の予定を教えて下さい。

私にとって大きな問題なのが、制作の進み具合です。1年に大体12点しか制作できません。だから私は個展をするのが難しいのです。民生現代美術館での個展(2011年から2ヶ月間行われた展示「スペスフィック・アブストラクティド・ディンイ・ソロエキシビション」)は、2年前から計画し始めました。今年の展示はまだ決めていません。8月にスイスで個展の打診を受けましたが、まだ答えていません。

ディン・イ(丁乙)
1962年上海生まれ。アーティスト。上海大学美術学部卒業。現在は復旦大学美術学部の教授を勤める。アート作品以外でもエルメスとコレボレーションし、彼の特有の抽象表現がプリントされたスカーフを制作。また、パブリックアートも制作している。2010年の上海万博では会場に十字の形が組み合わさった彫刻が設置された。上海の「Z-Art Center」や国外でも彼のパブリックアートを見られる。

Text: Hiromi Nomoto

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE