チェン・マン

PEOPLEText: Satsuki Miyanishi, Yuta Sakuraba

21世紀のフューチャリスト 

DIESEL ART GALLERYにて、シンディ・クロフォード、フェイ・ウォン、コン・リーなどのセレブリティが被写体となることを切望する中国写真界のスーパーアイドル、チェン・マンの日本初の展覧会が行われている。北京育ちの彼女は、上海のファッション誌「VISION」の表紙連載で話題となり、その秀でた才能によって彼女の世界観を独自の視覚言語で表現し続けている。コーチやディオール、ランコム、アディダスなど有名ブランドとコラボし、斬新な切り口で表現される彼女の作品の中には、彼女の大切にしている歴史や伝統といったものも表現されている。

ChenMan.jpg
© Chen Man

今回のDIESEL ART GALLERYの展覧会は、どのようなことを表現していますか?どんなポイントを観客に見てもらい、感じてもらいたいですか?また展覧会のタイトル「Glamorous Futurist」の意味を教えてください。

私の作品は、主に3つの段階に分けることができ、その最初の2つは自分自身の説明となる部分です。最初の段階は、私がまだ学生だった頃の「VISION」シリーズです。今までこのような手法は使った人はいませんでしたが、このシリーズでは若手アーティストとしての積極的で創造的なモチベーションで多くの撮影後の画像処理を行っていました。その後、私はファッションのサークルに参加しましたが、私が画像処理を行うため、人々が私に対して多くの懸念を持ち、私の作品はある意味奇妙であると感じていました。ですから、私はパスポート写真のようなとてもシンプルな美しいポートレートという次の段階に進みました。これらの作品によって画像処理だけが私の強みなのではないことを人々に示してからは、徐々に人々は私と近づきはじめ、私はサークル内で私のファッション写真の位置を確保していくようになりました。この後、私は中国的な背景を持つ現代ファッション作品の作成を始め、これらは私に多くの意味をもたらしました。そのようにして私はファッション写真において、このような背景や中国人モデルを作品に使用する初めてのアーティストとなったのです。

vision-Year%20of%20the%20Monkey.jpg
Vision – Year of the Monkey / 2003 © Chen Man

私がこのようなただ派手なだけではなく、美しい作品を制作できる理由が3つあります。1つ目は、私は海外で学んだことがない中国人のフォトグラファーであること。2つ目に、私は視覚的なクリエーションツールを熟知していること、そして3つ目に、私は歴史を繰り返すことではなく、現代の中国の新しいイメージを制作することが私の責任と感じていることです。「the funk great wall」シリーズは、ほとんどそれらすべての条件が揃っています。ファッション誌においてこれまでこのような作品が掲載されたのは初めてだったので、外国メディアは、これを中国のファッション革命と呼びました。この第3の段階は、私は中国の哲学、西洋の技術を表現し、古代中国の価値、環境保護主義、内側の心、そして外の世界のバランス、などをミックスし、自分のアイディアや視覚的な言語として表現しています。

Young%20Pioneer%20with%20the%20Three%20Gorges.jpg
Young Pioneer with the Three Gorges / 2009 © Chen Man

西洋のアート/デザイン史における未来的な美の変遷を、1点の作品中に圧縮陳列する、グラマラスな「タブローとしての写真」。そして、20世紀初頭にマリネッティの「未来派宣言」が起草されて100年が過ぎ、21世紀のフューチャリスト、チェン・マンが中国から現れた、ということを、「Glamourous Futurist」というタイトルで表現しました。

あなたのインスピレーションはどこからくるのですか?

人生は私のインスピレーションの源ですが、私は伝統的な中国の哲学や価値観、中国の哲学、ハードウェアとしての西洋技術、ソフトウェアとしての中国の価値が大好きで、そこからヒントを得ます。

_MG_8311.jpg
Photo: TAKAMURADAISUKE

どのようなフォトワークがすばらしいと感じますか?尊敬しているまたは、気になるアーティストはいますか?

誰でもパスポートの写真を撮るだけの人から、プロのカメラマンになる可能性があります。逆にプロのカメラマンでも失敗する可能性が常にあります。そして一般的に、だれでも輝くことのできる瞬間があります。

_MG_8294.jpg
Photo: TAKAMURADAISUKE

あなたがアート作品を作る目的は何ですか?

自然と共存する人間の大いなる宇宙の原理を説明するために、私の視覚的な言語という手法を使って表現することです。

お気に入りのカメラ(メーカーやモデル)は何ですか?

私は人生というものが大好きなので、カメラは単にツールに過ぎず、最も重要なのはレンズの後ろにある心だと考えています。

_MG_8321.jpg
Photo: TAKAMURADAISUKE

それぞれの撮影でだいたいどれくらいの写真を撮影しますか?

10枚から、多いときには1000枚程です。

あなたの写真は多くの人を魅了していますが、その秘訣を教えていただけますか?

私は内側の精神を外の世界に表現することがとても得意です。私の作品は、さまざまな要素が混じり合ってできており、私たちの時代を映し出しています。私は、西洋にあるものはすべて東洋にあり、現在のものはすべて過去にあると信じているのです。

どのような主題を主に作品で表現したいですか?

一番表現したいのは、とりわけプラスな面についての中国人の価値、環境問題や、内側と外側の世界のバランスなどです。

Red%20Lotus.2.jpg
Red Lotus / 2008 © Chen Man

あなたはアーティストとして活動する中でこれまで様々な困難を乗り越えてきたことと思います。どのように困難を乗り越えたのですか?

どんな問題も自分の心が作り出します。少なくとも私たちは平和な世界に住み、十分に幸せなのだから、まず身の周りの全てのことに感謝することが必要です。

成功の秘訣を教えてください。

自分自身に正直に向き合うことだと思います。

GoldenFish.jpg
Vision – Golden Fish Goblin / 2003 © Chen Man

モデルがなめるしぐさをしているあなたの最初の作品、「VISION」について教えてください。

「her own lips」が私の最初の作品です。その時は誰も写真を画像処理をしておらず、私はまだカメラマンではなく、アーティストでもなく、学生でした。それゆえこの作品は私にとって非常に特別なものなのです。

日本の独自の歴史についてどう思いますか?

日本人が伝統的な文化を継承し、発展させてきたことはとても素晴らしいと思います。そして世界はもっとカラフルであるべきです。

将来の目標やプランはありますか?

古代の思想を現代の方法で表現することにフォーカスしたいと思っています。

日本の読者にメッセージをお願いします。

ぜひ自分自身に正直に向き合ってください。

CHEN MAN「Glamorous Futurist 」
会期:2012年2月17日〜5月11日
時間:11:30〜21:00(不定休)
会場:DIESEL ART GALLERY(DIESEL SHIBUYA内)
住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti B1F
TEL:03-6427-5955
キュレーター: 亜洲中西屋
協賛:株式会社サンエムカラー / 株式会社アートフリーク
協力:シャープ株式会社
http://www.diesel.co.jp/art

Text: Satsuki Miyanishi, Yuta Sakuraba

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE