若手アーティストのための国立美術館賞 2011

HAPPENINGText: Kiyohide Hayashi

世界へと向けられて発信された前途有望なアーティストの祭典

Preis_2011_DvB_04.jpg
Preis der Nationalgalerie für junge Kunst, Hamburger Bahnhof in Berlin. Photo: David von Becker

ドイツには「若手アーティストのための国立美術館賞(Preis der Nationalgalerie für junge Kunst)」と呼ばれる若手アーティストに授与される賞がある。2年に1度贈られる賞の対象となるのは、国籍を問わず、ドイツで活動する40歳以下のアーティスト。賞にノミネートされたアーティストはベルリンのハンブルガーバンホフ現代美術館で作品が展示され、受賞者にはドイツの現代美術を対象とする賞としては最高額の40,000ユーロが授与されることになる。2000年から始まった歴史が浅い賞であるにも関わらず、過去にはオラファー・エリアソン、ダニエル・リヒター、ヨン・ボック、ティノ・セーガル、モニカ・ヴォンビチーニ、ダン・フォー、オマー・ファストといった現在国際的に活躍するアーティストが賞にノミネートされてきた。つまり本賞は今後確実に活躍するアーティストを取り上げるといっても過言ではなく、アート・ワールドの未来を先取りするものと言えるかもしれない。第6回目となる2011年の賞では多数の候補者の中から選考された結果、キティー・クラウスクララ・リーデンアンドロ・ウェクア、シプリアン・ガイヤールと国際色豊かな4人のアーティストが賞にノミネートされ、最終選考を経てシプリアン・ガイヤールにその栄誉は与えられた。今回はドイツから世界へと向けられて発信された前途有望なアーティストの紹介と共に、賞に合わせて開催された展覧会について報告をしたいと思う。

KITTY%20KRAUS.jpg
Kiity Kraus, Untitled, 2011 © Photo: Roman März

本展覧会で最もシンプルな作品を出品したのは1976年生まれドイツ出身の女性アーティスト、キティー・クラウスだろう。彼女はガラスの作品を出品しており、素材が持つシンプルさとは対照的に強く存在感を放っていた。作品はその透明さに見落とされがちではあるが、近付けばその異常な状態に気付かされることとなる。片側を20センチほど持ち上げられた状態のガラス板が不自然に湾曲している。湾曲の具合は今にも限界が訪れ作品が自壊するようにも見え、見るものに心理的な圧迫感を感じさせるものとなっている。しかし作品から同時に強く感じられるのは感覚的なものだけでなく、過去の現代美術作品への言及でもある。例えばガラス板の作品は素材の積み重ね方や置き方の点でリチャード・セラの作品を思い出させる。公共空間に設置されたセラの作品が撤去を求める裁判を起こされたことは「表現の自由」において有名なエピソードだが、その理由が作品の周辺住民に与えた圧迫感であったことは本作品からも思い出すことができるのではないだろうか。また本展には出されていなかったが、インクの中に電球を入れて凍らせた氷が、電球が点けられることで光を放ちつつ溶け出し床に模様を描く作品がある。そのブロック状の物体から伸びるコードはまさにブルース・ナウマンのコンクリートで固めたテープレコーダーの作品を彷彿とさせる一方、熱による変容はヨゼフ・ボイスの唱えた彫刻概念さえも思い出させる。このように60、70年代の美術作品の引用は、同時に彼女の作品が持つ意味を多層的なものとする。ただし忘れてはいけないのは過去の引用が彼女の作品を成り立たせるのではなく、作品そのものに危うくも美しいという魅力があるがゆえに、背景にある文脈が素晴らしい共鳴を生み出すことだろう。

Klara%20Liden.jpg
Klara Lidén, Harvest Moon, 2011 © Photo: Roman März

一方、1979年スウェーデン生まれのクララ・リーデンの作品は室内に留まらず室外へと拡張しており、他のアーティストとは一線を画す展示となっていた。展示室には一台のモニターが置かれ、机と椅子、そしてゴミ箱が置かれた簡素な空間が映し出されている。映像に映された人物は椅子に座っているが、おもむろに立ち上がり机の脇に置かれたゴミ箱へと向かう。そして唐突にゴミ箱の中に頭をねじ込み、するりと全身を小さな箱の中に滑り込ませ、またたく間に一人の人間はゴミ箱の中に消滅する。これはアーティスト自らが演じているため、彼女のパフォーマンスと呼べるものであり、荒唐無稽かつ不可思議な印象を与えている。一方屋外の美術館中庭に目を移せば、ベルリンの街中に見られる巨大なゴミ箱が鎮座している。縦約1メートル、横約2メートル、幅約1メートルの巨大な箱は建築現場や工事現場の脇に置かれ、現場で使用された木材や工業素材などを廃棄するためのものだが、本物のゴミ箱と大きく異なる点は植物で形作られていることである。庭木のように丁寧に刈り揃えられた木々はゴミとはなりえず、その形態から期待される機能を拒絶する。このような拒絶の姿勢はクララ・リーデンの作品にとっては重要な要素となっており、彼女の作品の背後に見え隠れする。本展に出品されなかったものでは、電車の中でアーティストが衆人の目を気にすることなく狂ったかのように奇妙な踊りを披露し、パブリックスペースの意味を無視して公共空間である場所を私的場所へと暴力的に移し替えようとしている。また美術館の展示スペースに自身のアパートの中身を移したり、展示空間入り口を封鎖し空間内部を見ることができないようにして「美術館」を機能不全にさせている。このような彼女の姿勢は私たちが通常疑いなく受け入れている「公共性」などの制度や構造に対する疑いであり、彼女は「反逆者」として無条件のそれらの受け入れに意義を唱え、強く抵抗を打ち出していた。

ANDRO%20WEKUA.jpg
Andro Wekua, Ohne Titel, 2011 Wachs, Holz, Metall, Stoff und andere Materialien © Andro Wekua, Courtesy Gladstone Gallery, New York

今回の展示で最も強い印象を与えていたのはおそらくアンドロ・ウェクアの作品かもしれない。1977年生まれのグルジア人アーティストは映像作品やインスタレーション作品を出品しており、それらが生み出すシュールな世界によって大きなインパクトを与えていた。展示空間では照明が落とされ暗闇の中に映像作品が浮かぶ。しかしあたりを見渡せば、映像以外に光に照らし出されている非常に精巧な人間の彫刻作品が目を引く。不思議なことに顔の部分は緻密な建物の模型によって覆われており、等身大の人間に対して建物部分は非常に小さいため、精巧な再現にも関わらず奇妙な組み合わせによって非現実的な世界を生み出している。一方映像に目を向ければ、インスタレーション作品と同様に非現実性は現実的世界に登場することで両者が奇妙な融合を遂げている。例えば映像には実物の人間が登場しているのだが、背景となる風景はコンピューター・グラフィックを使用した過度に演出された美しい世界が広がっており、明らかにあり得ない状況が映像となって映し出される。しかしどこまでが現実なのか、どこから非現実なのかは見わけることができず、全てが虚構のように、また全てが現実のものとさえ思えてしまう。最近では多くの国際展に出品するアンドロ・ウェクアだが、彼の作品では「記憶」が大きな役割を果たしており、それは母国グルジアを内戦や紛争を理由に後にした彼の個人史を想起させ、彼の人生の暗部さえも気付かせる。例えば彼の建築模型は彼の生まれ故郷スフミの建築物を再現したものであるが、それらは彼の記憶が形成させているがゆえに多くの再現はファサードのみに終わっている。全体像を欠いた建築模型群は彼の過去を指し示すと同時に、虚実綯い交ぜとなった新たな物語をも生み出し見る者を誘う。しかし何より彼の作品が単なる個人史に留まらないのは、ある種の普遍性を持つまでに変容を遂げた現実に依拠した非現実の物語の魅力に他ならない。

CYPRIEN%20GAILLARD.jpg
Cyprien Gaillard, Artefact, 2011 Film (HD Video übertragen auf 35 mm), endlos, Ton © Cyprien Gaillard, Courtesy Sprüth Magers Berlin London

1980年生まれのシプリアン・ガイヤールはヴェネチア・ビエンナーレベルリン・ビエンナーレなど大規模な国際展への参加や、ベルリンの現代美術館「KW」での個展開催など近年の活躍は目覚ましいものがあり、本展でもその活躍にたがわぬ素晴らしい作品を見せていた。フランス出身のアーティストは35ミリフィルムの映像作品を出品しており、砂漠、遺跡、廃墟、博物館などを緩やかな音楽と共に映し出す。映像の大部分はイラクの風景を映したものだが、そこでは現代の戦争の傷跡ばかりを取り上げるのではなく、古代の遺棄された都市の姿も同じ視線で眺めており、街が破壊され打ち捨てられて荒れ地へと戻るという文明のサイクルさえも感じさせ、一種の無常観を生み出している。そもそも破壊のプロセスをテーマとするアーティストは、映像、屋外彫刻、写真、インスタレーションと様々なメディアを使用してこのテーマへのアプローチを図っている。彼の作品で最も印象的だったのはKWで展示されたビールケースで形作られた巨大なピラミッドだったが、来場者はそこでビールを飲むことができるため、紙製のビールケースを破壊して中のビールを取り出し、最終的にピラミッドは人々の欲望によって崩れていくものだった。この展覧会のオープニングでは何百人の来場者が訪れ、会場は酒場と化し、作品は多くの人を巻き込み、美術館という閉ざされた空間を開放していた。しかし一方で、トルコ産ビールの使用によって、トルコからドイツへと移設され現在はベルリンの重要な観光資源となっているペルガモン神殿の存在を思い出させ、19世紀のヨーロッパ列強の姿や21世紀のヨーロッパの国々の経済的な立ち位置を「欲望」を通して描き出していることを忘れてはいけないだろう。今回の賞を受賞したのはシプリアン・ガイヤールだったが、政治的なテーマによって美術関係者のみを引き寄せるのではなく、共有可能なイメージによって様々な人々を日常的には扱い難いテーマへと近付けてもいた。実際に展覧会来場者による一般投票でも彼の作品は最多票を集め、そこでも賞を獲得していることは何よりもその証拠だろう。背景知識を持たなくとも多くの人々を引き寄せるように作品そのものに魅力があり、それが表面的な興味を引き起こすだけに留まらず、作品の背景にある「歴史」や「欲望」といった様々な物事に気付かせる点において、シプリアン・ガイヤールの受賞に対して異論を挟む余地はないだろう。

Preis_2011_DvB_01.jpg
Cyprien Gaillard, Preis der Nationalgalerie für junge Kunst,Hamburger Bahnhof in Berlin. Photo: David von Becker

そもそもノミネートされたアーティストの作品を披露する以上のコンセプトを持たない展示について、その内容を語るのはナンセンスなのかもしれない。しかし最後に展示と本賞について幾つか気になったことを補足的に記しておきたい。展示の全体の印象としては、クララ・リーデンの作品が控えめに美術館の中庭にはみ出した以外、各アーティストは同じ条件で作品を見せており、それゆえに作品の良さが引き出されるというよりも表層の比較となってしまい、コンテストの様相を呈していた。また個々の作品の高い質を感じることができる一方で、展示全体からは既視感や未来の無さを強烈に感じられた。しかし、これらは展示だけの問題ではない。何より気になるのは、賞の対象者を40歳以下と規定しながらも、後身や若手育成を意図するわけでないという公式ホームページに書かれた記述である。つまり、本賞は彼らの将来性や可能性を汲み取るわけでなく、ただ40歳以下の完成されたアーティストに栄誉を与えると読み取ることもできるのだ。少なくとも展示を見る限り、どの候補者からも若手というよりも既に完成されたアーティストである印象を強く受けた。また「若さ」とは現代美術においては「新しさ」とも同義語と言ってよいが、最も新しい流れを捉えることができるはずの本賞が今回それを意識していたか大いに疑問が残る。実際に他国の現代美術における代表的な賞と比べると対象とする層が若いだけに、本賞が新しいアートの動きを捉える可能性は非常に高いはずなのである。例えば、イギリスのターナー賞は50歳以下のアーティストを対象としており(ただしイギリス国籍の者に限る)、アメリカのヒューゴ・ボス賞にいたっては年齢制限を取っておらず(国籍は関係なし)、そのどちらも意識的に若手のアーティストや新しい動きを取り上げるものではない。いずれにせよ、新しさや可能性を追求しない賞の授与において年齢制限は如何なる意味をもつのだろうか。今回はこのような矛盾をはらんでいるがゆえに、明確なビジョンを展覧会から感じることはできなかった。だからこそ2013年の本賞では、未来や可能性を感じさせる若手アーティストを是非とも取り上げてほしいと願うばかりである。

若手アーティストのための国立美術館賞(Preis der Nationalgalerie für junge Kunst)
会期:2011年9月9日~2012年1月8日
会場:ハンブルガーバンホフ現代美術館
住所:Invalidenstraße 50-51, 10557 Berlin, Germany
入場料:一般12ユーロ(学生6ユーロ)
http://www.hamburgerbahnhof.de

Text: Kiyohide Hayashi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE