タリン・サイモン「虐げられた人々」

HAPPENINGText: Kiyohide Hayashi

9・11テロ以降の物事の見方。

タリン・サイモン「虐げられた人々」

今も記憶に新しい「アメリカ同時多発テロ事件(9・11テロ)」から10年。節目となる2011年にベルリンでは多数の9・11テロに関連する展覧会が開催されている。多くの展覧会が直接「テロ」や「戦争」や「暴力」を扱い、テロに傷ついた人々の痛ましい姿や暴力によって荒廃する社会を表すなかで、ノイエ・ナショナルギャラリーで開催されたタリン・サイモンの個展は全く別の観点を写し出していた。そこでは「テロ」などを直接扱わなかったにも関わらず、9・11テロ以降に向き合うべきものを考えさせる印象深い展示となっていた。

TaSi_Installationsansichten_DvB%20%281%29.jpg
Photo: David von Becker

モダニズム建築の巨匠であるミース・ファン・デル・ローエの代表作の一つであるノイエ・ナショナルギャラリー。ガラスで覆われた四角形の広大な空間には外部へと拡張するような圧倒的な展示空間が広がる。しかしタリン・サイモンの新作「虐げられた人々」(原題:A Living Man Declared Dead and Other Chapters)は、20世紀の巨匠の迫力ある建築空間に負けることなく優雅にそして力強く作品を展開していた。

TaSi_Installationsansichten_DvB%20%282%29.jpg
Photo: David von Becker

外光が差し込む美しい展示室には巨大な漆黒のキャビネットが並び、その中に写真やテキストが規則性に従って配置され、白地を背景に写真とテキストが博物館での展示のように整然と並ぶ。どのキャビネットも同じ構成を取り、3つの部分から構成された作品が計18点展示されている。作品の左翼には白地を背景としたポートレート写真が配されており、写されている人々の顔はおろか服装まで異なるにも関わらず、いずれの人物も個性が掻き消されて見える。右翼も同様に写真で構成されているが、写されているものは書類や発掘されたもの、そして風景など異なる対象となっており、その多くは雄弁にならぬように客観的に撮影された印象を与えている。そして中央部には展示物の背景となる物語や説明が書き記されており、左翼部のポートレート写真の説明として撮影された人物の生年月日や現住地そして職業を記し、その一方で右翼部の説明として写真の対象となるものの背景を記述しているため、まさに博物館の展示キャプションそのものを見ている感覚を生み出す。

04_Chapter_IV_press03.jpg
© Taryn Simon, Courtesy Gagosian Gallery

このような博物館と見まがう作品が見せているものは、世界各地の様々な出来事であり、それらは非常に多岐にわたっている。取り上げられているのは、北朝鮮の韓国人拉致問題、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争での大量虐殺、アフリカでのアルビノ(遺伝性の皮膚や身体の白化症状)の現状といった世に知られている出来事だけでなく、サダム・フセインの息子ウダイの影武者の人生、そしてウクライナでの孤児院の現状、かつてスペインであった同性愛者の逮捕など差別問題、そしてインドで起きた住民票に死亡と誤記入され今も「死者」として生きる人物の話など、世にあまり知られていないものも含む計18本の現実の出来事である。これらの実話を客観的に取り扱うタリン・サイモンの作品だが、新聞や雑誌などのドキュメンタリーとの間に決定的に違いを生み出しているのは彼女が血脈を扱うところにあるであろう。例えば北朝鮮の韓国人拉致問題を扱う作品では、家族の1人1人がポートレート写真でキャビネット内に配置されているが、1977年に拉致された被害者の写真が入るべきところには真っ白な写真が置かれ家族の不在が強調される。またアフリカでのアルビノを扱った作品では、家族のポートレートには幾人かのアルビノの症状を持った人物が登場し、遺伝に翻弄される人間の運命が浮かび上がっている。

16_Chapter_XVI_press06.jpg
© Taryn Simon, Courtesy Gagosian Gallery

そもそも彼女が様々な出来事を調査し作品に表すことは、2007年の「An American Index of the Hidden and Unfamiliar」というアメリカの知られていない暗部を暴く連作にも見られる。そこでは厳密な調査に基づきアメリカにある当事者が進んで公開しないような存在を見つけ出し、長い交渉を経て作品に登場させている。例えば、実際に使用されている人体冷凍保存のユニットや、法医学のための死体の腐敗過程を調査する死体農場、そして人工的に近親配合され障害を持って生まれたホワイトタイガーは、通常では表に出されることの無い存在であり、これらのイメージは人間が持つ知ることへの欲望に火を付ける。しかし今や彼女はこの衝動の対象をアメリカに限定することはない。4年にわたる長きの調査を経た本展での作品では、その対象は世界に起こる様々な出来事に向けられている。

15_Chapter_XV_press03.jpg
© Taryn Simon, Courtesy Gagosian Gallery

旧作と2011年に発表された本展の作品の間において変化が最も顕著に表れていたのは強烈な客観性と言えるだろう。先にも取り上げたように作品中での血脈は大きな役割を果たしており、血脈に従う家族のポートレートの撮影は、彼女から撮影対象を選択する自由を奪う。しかしここでの自由とは恣意的に物語や出来事を抜き取る自由さであり、それを排除することは確かな客観性を得ることへと繋がっている。また無数の同じ形式のポートレート写真を登場させる規則性に従った写真の反復を通して、個々の写真から個性はすり抜け、それにより写真に写されていないもの、写真に写り得ないものが浮かび上がってくる。それは運命という内的要因だけでなく、構造、宗教、権力といった外的要因でもある。アルビノの問題では現在もアフリカにある魔術的な信仰から起こるアルビノ罹患者の肉体や臓器目的の殺人の問題を思い起こさせ、北朝鮮の拉致問題は北緯38度線を跨いだ家族の別離や人権を無視した拉致などによる国家政策を晒し出すように、鑑賞者は物事の背後に広がる構造へ、そしてさらなる巨視的な観点へと導かれる。ただし鑑賞者は取り上げられた18の物語について明確な答えを与えられるわけではない。与えられるのは時として世に知られることのない無数の出来事や物語を知る機会なのである。

2011年にベルリンでは無数の9・11テロ関連の展覧会が開催されたが、多くの展示が「テロ」や「暴力」や「戦争」に重点を置くことで、まるでそれだけが現実性を持つような錯覚さえ起こしていた。そして時には異教に対する不信を表し、未知のものへの恐怖を単にかき立てる作品さえもあった。実際にテロ組織からの脅迫を受け、テロ組織のメンバーが国内に在住していたドイツでは、テロに対する感覚は日本以上に感情的な側面があるのかもしれない。しかしテロやテロの報復の被害者として痛みを強調して語ることや、テロ組織が信じる宗教に対する不信をそのまま表すのは主観的な感情に流されている印象を受ける。もちろんそのような主観的な視点が全く必要無いわけではない。だがこのような時代にこそ私たちに必要なのは未知のものを知ることであり、何より客観的な視点でそれを見ることなのではないだろうか。多くの負の側面を生み出したテロが起きてから10年。節目を迎えて向かうべきなのは感情を抑えて対象を客観的に知ることだと思えてならない。

タリン・サイモン「A Living Man Declared Dead and Other Chapters」
会期:2011年9月22日~2012年1月1日
会場:ノイエ・ナショナルギャラリー
住所: Potsdamer Strasse 50 10785 Berlin
入場料:一般8ユーロ(学生4ユーロ)
http://www.tarynsimoninberlin.org

Text: Kiyohide Hayashi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE