フスク・ミット・ナヴン

PEOPLEText: Victor Moreno

おそらくこの名前を見て、一体どういう意味なのか不思議に思われるだろう。これはデンマーク語で「私の名前を忘れないで」という意味である。コペンハーゲンを拠点に活動するアーティスト、フスク・ミット・ナヴン(Husk Mit Navn)は、現代北欧のイラストレーションとストリートアートの質の高さを保証する存在だ。もともとグラフィティ界で高い評価を得ていた彼は、イラストレーション、スプレーアート、ウォールペインティング、絵画、ストリートポスター、彫刻と幅広く活動している。その作風はとても特徴的だ。大きな頭、ストレートヘアのキャラクター。あるいは彼の相棒「ミッキーダック」というキャラクターを見たことがある人もいるだろう。とにかく彼はたくさんの作品を手がけており、ヨーロッパ内外の多くのギャラリーで展示されている。

HUSK MIT NAVN

あなたの活動は、グラフィックデザイン、グラフィティ、イラストレーション、ドローイング、絵画、彫刻と多岐に渡りますが、どの分野がいちばん得意ですか?

私にとっては、それら全部を少しずつやることが大事なのです。グラフィティだけとか、絵画だけでは飽きてしまいます。ドローイングをするときは、他の分野にも当てはめることのできる技法を見つけようとしています。それに、異なる分野の活動をするから、美術で生計を立てることができるのです。私は美術市場をはじめ、あらゆる市場に100%頼りきるということをしません。ある分野のビジネスが不況になれば、私はただ他のことをするだけです。今現在は、彫刻のパブリックアートを作りたいと思っています。

コペンハーゲンにおける、デザインや美術やイラストレーションの教育についてどのような意見をお持ちですか?

コペンハーゲンには2つの大きな学校があります。デンマーク・デザイン・スクールと、ロイヤル・アート・アカデミーです。これらの学校から多くを得た人々も、そうでない人々も私は知っています。みんな、その人自身が勉強にどれだけのエネルギーを注いだか次第なのです。ひとたび学校を卒業すれば、同じような現実に直面することになります。すべて自分次第です。なにかクリエイティブなことで生計を立てたいと思うなら、たくさん努力をしなければなりませんし、他の人よりも成功に対して貪欲でなくてはなりません。

2093.jpeg

あなたのこれまでのキャリアについて教えてください。

10年前にやっていたストリートポスターが多くの人の目に留まり、その後私はいろいろなアート作品を作り始めました。初の個展は自分で主催しましたが、すぐにギャラリー業界に飲み込まれました。締切りを守り、他人とうまくやるように努め、たいていはそれでたくさんのオファーが来ます。誰だっていやな人とは一緒に働きたくないものです。

377226_295407780479735_157643714256143_1060231_2008165396_n.jpg

今はストリートアートをやっていますか?

いいえ、あまりやっていませんが、今でも時々はやります。1993年にグラフィティを始めて、2001年から2005年までは、手製のポスター運動を行いました。グラフィティは今でも描きますが、主に昔からの友人と集まるための口実としてです。時にはウォールペインティングを依頼されたり、屋外の公共のスペースでアート作品を作るように招待されたりもします。

コペンハーゲンのストリートアート界をどう思いますか?

グラフィティのことには注意を払っていますが、ストリートアート界全体のことは詳しく見ているわけではありません。コペンハーゲンのグラフィティは活気があって最高です。素晴らしい描き手がここにはたくさん住んでいますし、グラフィティを鑑賞するにはヨーロッパでも最高の場所のひとつです。

2621.jpeg

ヘンリック・ヴィブスコブウッドウッドのカール-オスカー・オルセン等、コペンハーゲンのデザイナーたちとも一緒に仕事をしていますね。

どちらとも一緒に仕事をしました。ヘンリックとは何年も前にTシャツを作りました。初めてのTシャツはウッドウッドから出しました。ウッドウッドのもう一人の創設者であるブライアンは私のよい友達です。

最近、ストックホルムのギャラリー・スタインスランド・ベルリナー(GSB)で展覧会を開いたそうですが、どうでしたか?

うまくいきましたよ。パリのグラフィティアーティスト、ホルフェ(Horfe)と一緒に展示を作りました。彼とは初めて一緒に仕事をしましたが、とてもいい人で、本当にやりやすかったです。オープニングもそれ以降も、たくさんの人が来てくれました。ストックホルムは天気も良く、私にはのんびりする時間も、グラフィティを描く時間もありました。まるでたくさんの素敵な人に囲まれたワーキングホリデーのようでした。

2628.jpeg

スウェーデン人アーティスト、フィンスタと仲が良いそうですね。なにかコラボレーションはしましたか?

2006年、パリへの旅の楽しい道中でウォールペインティングをいくつか一緒にやりました。私たちのドローイングのスタイルはちょっと似ていて、ともに黒い縁取りにマンガ風のキャラクターです。私は彼の作品が好きですし、彼は人柄もいいのです。

2627.jpeg

今年の始めに、オスロで展覧会を開きましたね。

エイヴィン・ホーヴェイの主催で、ミール(Mir)という名のギャラリーで行いました。小さく素敵な展覧会でした。屋内に彫刻を吊るし、屋外で絵画を作りました。外は凍りつくほど寒く、描いている間15分おきに熱々のお湯で手を洗わなくてはなりませんでした。

北欧であなたが認める、好きなアーティストはいますか?

数名をあげるなら、ジョン・コーナー(デンマーク)、ヨーケム・ノルドストリョーム(スウェーデン)、フィンスタ(スウェーデン)、ジャン・ダネボッド(デンマーク)、ヤコブ・ボエスコフ(デンマーク)、ヤン・ステンマルク(スウェーデン)、クラス・クレメント(デンマーク)、クリスチャン・ハンメルスタッド(ノルウェー)、EGS(フィンランド)、ヨアキム・エスキルスン(デンマーク)。彼らはいい作品を作ります。

1619.jpeg

まだ知らない人のために、ポスター作品「Mathias from Örebro at Roskilde Festival.」(エルブルーから来たマティアス、ロスキルド・フェスティバルで)のことを教えてください。

デンマークの野外ロックフェス、ロスキルド・フェスティバルで、私は赤ちゃんの写真を貼った大きな黄色いポスターを貼り、そこにエルブルーから来たマティアスという人物を捜しているという、女の子のメッセージを書きました。ふたりは1年前のロスキルド・フェスティバルで出会い、そのことを彼自身は知らないけれど、彼は写真の赤ちゃんの父親だというものです。ロスキルドに来ていた多くの人たちがこの物語を事実だと信じました。でも実はただのアートプロジェクトだったのです。

今年のロスキルドは楽しかったですか?

ロスキルドは毎年楽しいです。夏はこのフェスティバルと同時に始まるのです。私は今や、フェスティバルに来るティーン達の2まわりも年上ですが、私の友人もロスキルドに出かけますし、私だけが最年長というわけではありません。

最近はどんな音楽を聞きますか?

ニュー・オーダー、キャット・パワー、PJハーヴェイ、エリオット・スミス、マッシヴ・アタック、ザ・ストーン・ローゼズ….

将来のプロジェクトや、今考えている展覧会について教えてください。

デンマークのギャラリー、シャルロット・フォー・コンテンポラリーで個展を行います。「Alone Together」(一緒にひとり)というタイトルで、現代社会における人とテクノロジーの関係について表現した展覧会です。11月11日からの開催です。来年のはじめには、デンマークの美術館、コスで個展を開きます。こちらはスケッチをたくさんと、長年にわたっていっぱい作ってきた作品の写真をいくつか展示します。

Text: Victor Moreno
Translation: Shiori Saito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE