ベースド・イン・ベルリン

HAPPENINGText: Kiyohide Hayashi

HABEN UND BRAUCHEN(あるものと必要なもの)

現代アートに関わる者にとってベルリンは憧れの街であったはずだ。少なくとも私にとってベルリンは住む以前からアートの街という印象があり、そのイメージは実際に住んでからも損なわれることはなかった。しかし最近の現代アートとこの街の関係は決して理想的なものではない。このような状況の中で、当地で開催されるベルリンの若手アーティストを紹介する大規模な展覧会は大きな波紋を投げかけることとなった。今回はまず現在のベルリンのアートシーンの状況を説明してから展覧会の内容に触れてみたいと思う。

ベースド・イン・ベルリン
based in Berlin Monbijoupark メイン会場風景 Photo: Amin Akhtar

2010年秋、数年前から感じられていた不況の影響がベルリンに影を落とす出来事があった。ここ数年いくつかの小規模なギャラリーが閉廊するのは見聞きしていたが、大手ギャラリーが撤退することはなかった。しかしデミアン・ハーストやオノ・ヨーコなどの展覧会を当地で開催してきたハウンチ・オブ・ヴェニソンがベルリンのスペースを閉じ、ニューヨークとロンドンに営業を集中するという。そして更に追い討ちをかけるようなニュースが飛び込む。ベルリンで開催されていたアート・メッセ「アートフォーラム・ベルリン」が本年は中止されるという。毎年秋に開催されていたアート・メッセは世界各地から多くの美術関係者を集め、公式、非公式に関わらず多くの平行イベントが開催されていた。当地で開催される最大規模の現代アートのイベントだけに、ギャラリー関係者だけでなくアートシーン全体に落胆が広がっている。一方でここでのアートシーンの問題はギャラリーに留まらない。ベルリンには現代アートを取り扱うハンブルガー・バンホフ美術館の他に古典やルネッサンスや近代などの作品を扱う国立の美術館が多数ある。2010年夏まで各美術館は毎週木曜日に無料入場可能な時間帯を設定していた。これは多くのアーティストにとって展覧会を見る貴重な機会となっていただろう。しかし2010年秋より無料入場が可能な時間は廃止され、お金を払わずに傑出した作品を見る機会は失われてしまった。上記の出来事は美術館やギャラリーの問題であるが、ベルリンの生活面においてはアトリエや住宅などの家賃の上昇、また開発などに影響を受けた使用可能なスペースの減少により、アーティストの制作を妨げると同時に生活をも苦しめている。つまりここでの現代アートの状況はかつてなく悪くなったといえるだろう。このような状況で本展覧会はベルリンをテーマにしているため厳しい反応を招くことになってしまった。

2790.jpg
based in Berlin Monbijoupark メイン会場風景 Photo: Amin Akhtar

前置きが長くなってしまったが本題に戻ろう。そもそも今回の展覧会はベルリン特別市長クラウス・ヴォーヴェライトの指揮により「ライストゥングスシャウ(発表会)」というタイトルの下で企画された公的なアート・プロジェクトであった。2010年秋に発表されたこの企画は、ベルリンの若手アーティストを紹介する大規模な展示であり、今ここで起こりつつある新たなアート・ムーブメントを反映するものでもあった。しかしアートシーンが厳しい状況にある中、多額な公的な資金(ツァイト・オンラインによれば160万ユーロ、約2億円ほど)を費やす大プロジェクトは問題を呼び込む。2011年1月にインターネット上ではクラウス氏への抗議状が発表され、多くの賛同アーティストの名が連なっていた。「HABEN UND BRAUCHEN〈あるものと必要なもの〉」と書かれた書面には、以下の項目について厳しい非難が寄せられている。ベルリンのアートの総括が若手アーティストに限られてしまうこと。そして本展に使用される会場の建築コンペが不透明であることだった。こうした多くの議論を生み出しながら、展示企画は「ベースド・イン・ベルリン」と名前を変え、展示形式も改まり、ハンブルガー・バンホフ美術館KW(クンスト・ヴェルケ)、ベルリニッシュ・ギャラリーn.b.k.(ノイアー・ベルリーナー・クンストフェアアイン)といった公立私立の既存の美術館や美術機関を利用し、そしてかつての美術学校(ヴァイセンゼー・クンストホッフシューレ)の敷地を使用する展示へと変化を遂げていく。ただし展覧会のテーマについては、ベルリンで活動する若手のアーティストの作品を展示するということに変わりはなかった。このように今回の企画はテーマがあるとはいえ、対外的に強く打ち出すものではなく、非常に大枠でしか括れないともいえるが、個人的に気になったアーティストや、彼らの作品を通じて感じられた動きをレポート形式で書きたいと思う。

まずは「多様性」というベルリンにおいては非常に重要な概念において、幾人か気になったアーティストを挙げてみたい。

スウェーデン人アーティスト・エリク・ブンゲルはユーモラスな映像作品「宇宙人」を出品している。彼の作品は有名俳優ウディ・アレンが数秒おきに吹き替えの言語が変わるなか、ただひたすら多言語で話し続けるものだが、吹き替えの声のトーンなどは多彩であり、声から受け取れるイメージも大きく変わる。国によってウディ・アレンに対するイメージの相違を表すと同時に、メディアが作り出すオリジナルとは異なるイメージの存在を指し示す。ベルリンという街を鑑みれば、一つの都市に多様な国籍の人々が住み、多様な価値観が並存していることをも再考させられる作品と言えよう。

7650_1.jpg
Kajsa Dahlberg : Ein Zimmer fur sich / Ein eigenes Zimmer / Ein Zimmer fur sich allein / Vierhundertdreiunddreissig Bibliotheken, 2011
based in Berlin 2011 Photo: Amin Akhtar

1973年生まれのスウェーデン人アーティスト・カイサ・ダールベルグは、展覧会場の廊下に本棚を設置し、全く同じ本を棚に並べている。ここに飾られた本は岩波文庫のモデルともいわれるレクラム文庫を模したもので、多くのページには無数の書き込みやアンダーラインが書き込まれている。本は20世紀初頭の女流作家ヴァージニア・ウルフの著作「A Room of One’s Own」(自分だけの部屋)をコピーしたものであり、無数の書き込は読者が本に直接書き込んだもので、作者はそれをベルリン中の図書館から集めて一冊の本に集約した。実際に手に取り読むこともできるこの本からは、一つの対象に対する多様な観点が集められ、一つのメディアとしての本から多様な考えを生み出すことが出来る可能性をも提示している。

トルコ・イスタンブール出身のクェーケン・エルグンは、スクリーンを3面使用した映像作品で文化の変容を映し出している。ベルリンでは多くのトルコ人移民が住んでいるが、彼らの生活は伝統から離れ、新しい特殊な文化を生み出している。映像の対象となっているのはベルリンに住むトルコ人たちの結婚式。アーティストは40組を超える彼らの結婚式を取材して一つの映像作品を生み出した。映像では華やかな結婚式のなか参列者がダンスに興じる姿を捉えているが、一方では親族や友人が会場の中心に呼び集められて、ご祝儀として現金を支払うところを、また同時に会場の出席者に対して提供者の名前と支払い金額をアナウンスする様子も映し出し、結婚式という華やかな儀式の最中に行われる世俗的なやり取りを生々しく見せている。これは従来ある新しい家族を援助するための贈与の儀式が、他の文化に触れ独自の変化を遂げた姿を表していたといえよう。現代化する儀式の姿は、同時に文化の発展の光と影を映し出しているのかもしれない。

上記の作品3点には共通点がある。ドイツ以外の国で生まれたアーティストの作品であること。また多様性のあり方を反映していることである。ここベルリンには180カ国からなる44万人の外国人が住み、彼らのベルリン全人口に占める割合は10パーセントを超えている。上記のアーティストも同じくベルリンにおいては外国人であり、この街で文化の多様性を享受している。ここでは多数の文化があり、そして当地で交わり新たな文化を生み出しつつある。しかし一方で多様性は国籍にのみ裏打ちされるわけではない。個々の考えを持つ個々人に起因し、また同時に全体を構成する構成要素として共存していると言えよう。これはグローバリゼーションという世界的な一極化へと向かう流れに対して、個々のアイデンティーのあり方など考えさせる新たな視座を与えてくれるのではないだろうか。

次に「都市とアーティストの関わり」という点から目に付いたアーティストを取り上げてみよう。

CGA_Alexanderplatz_16_pt_i%20copy.jpg
Cyprien Gaillard : Neon Indian, 2011 (Sketch)
Courtesy of Berliner Kunstlerprogramm/DAAD and the artist Copyright by the artist

フランス生まれのシプリアン・ガイヤールは、今回の参加アーティストの多くのように発展段階にあるアーティストではなく、既に世界的に活躍しているアーティストといえるだろう。日本では2010年の愛知トリエンナーレに参加しており、2011年にベルリンのKWで開催された個展では多くの注目を集めた。今回の彼の作品は、ベースド・イン・ベルリンの枠組みだけではなく、DAAD(ドイツ学術交流会)と呼ばれる文化振興プロジェクトの一環としても作品が制作されており、実際に作品が公開されたのは7月の中旬と展覧会期とはズレがあり、展示も会場から離れたアレキサンダープラッツ駅近くだった。今回彼の作品は都市の中心部の建物屋上に、アイコン的なシンボルであるアメリカの野球チームのマスコットをネオンサインにして掲げたものだ。野球チームという本来のコンテクストから切り離されたアメリカ先住民のイメージは、ベルリン中心部の広告群の中に聳え立ち、都市の姿を消費社会の側面から浮かび上がらせていた。

ベトナム生まれのアキムはメイン会場の建物にスプレーなどでペイントを施し、建物をグラフィティで覆った。しかし展示期間中にアーティストは仲間と共に会場を訪れ、会場外壁に描いたもの全てを壁ごとこそぎ落としている。ただし彼のペイントは消失しようとも痕跡によって顕在化され、これらの行為が行われたことはプロセスとなって認識できるであろう。一見無意味に見える行為だが、都市とグラフィティの関係性を表し、都市の中でグラフィティは描かれ、そして消されるという一つのサイクルを想起させる。彼自身において作品はグラフィティそのものではなく、街の中で繰り返される行為を反映させることであり、そこでは都市がプロセスを通じて変化を遂げていることを鑑賞者に気付かせるものである。

2749_1.jpg
Danh Vo : We the People, 2011
based in Berlin 2011 Photo: Amin Akhtar

ベトナム生まれで亡命によってデンマーク国籍を持つダン・フォーの作品は、ベースド・イン・ベルリンのメイン会場のインフォメーション・センターの上に建てられている。巨大な彫刻作品であるが、心棒が露出し身となるものがなく、わずかに先端部の炎の一部と、その下にある指先だけを確認できる。この作品はアメリカにある自由の女神の模倣作品であり、今回は女神のトーチを持つ右手部分のみが展示された。オリジナルの像が自由の象徴のシンボルとなっているが、ここではアイロニカルに自由の意味を暗示していると言える。というのもダン・フォーは、自由を求めてベトナムを後にしており、自由が指し示すものと彼の個人史は重なりを見せる。ここでは巨大なランドマークといえるものが、本来の意味が剥がされた状態で披露され、像を見る者にオリジナルが持つ意味を再考させてくれている。

これらの3作品はアーティストを囲むベルリンがどのような都市であるかを顕在化させている。グラフィティ、消費社会、そしてランドマークという切り口で裂かれたベルリンの都市の姿は、大都市ならではのリアリティーを開示する。自由を求めて集まる人々、表現を求めて集まる人々、そして享楽を求めて集まる人々。このような何かを求めて集まる人々は、ベルリンの混沌を加速させ、この街に莫大なエネルギーを与えている。上記の作品では、これらの人々存在を露にし、同時にアイロニカルな切り口でベルリンの都市の姿を批判しているように私には思えてしまう。

7809_1.jpg
Aids 3D : Energy Conversion Device, 2011
based in Berlin 2011 Photo: Amin Akhtar

ベースド・イン・ベルリンには発展途上にあるアーティストを紹介するというコンセプトもある。しかし上記に紹介したアーティストの多くは大手ギャラリーで既に取り扱われており、途上というには作品の質も高く、ある意味で完成された作品を展示していた。ただ一方で大手ギャラリーでは紹介されていない、そして完成されていない、今後の可能性を感じさせるアーティストも数名いた。

2477_1.jpg
Yorgos Sapountzis : Die Arbeiter und die Badenden, 2011
based in Berlin 2011 Photo: Amin Akhtar

パフォーマンスや映像を用いて立体作品を作り、一方で彫刻の本質を問うヨールゴス・サプンツィス。絵画の自動作成装置を設置し、絵画のあり方に問いを促すロッコ・ベルゲル。2次元的な素材でありながらも3次元の画像を生み出すホログラム作品で認識に疑いをかけるAids 3D。上記のアーティストたちは、本展において個々では印象に残る作品を展示していたが、企画の枠組みにおいてはベルリンという都市と繋がる要素を残念ながら見つけることはできなかった。いずれせよ今後の活躍の可能性は彼らの作品を通して感じることができた。

2494_1.jpg
Rocco Berger : Oil Painting, 2010
based in Berlin 2011 Photo: Amin Akhtar

本展覧会の一番の特色は、参加アーティスト・グループとしてベルリンにあるオルタナティブ・スペースが加わっていたことかもしれない。ベルリンには無数のスペースが存在するが、今回はオートセンターPMギャラリーギャラリー・イム・レギールゥングスフィアテルアフター・ザ・ブッチャーの4スペースが紹介されている。各スペースとも多数のアーティストが参加していたが、彼らの名前は公式出品作家としてアナウンスされておらず、各展示スペースを構成する一要素として登場しており、展示の中に展示があるという入れ子構造になっていた。4スペースの中でも特に強い印象を与えていたのは2001年にアーティストたちによって設立されたオートセンターだが、今回はベースド・イン・ベルリンの中に展示スペースを移設するコンセプトで参加しており、会期中にも幾つかの展覧会を開催していた。彼らの特徴としてはキュレーションの枠組みに制限されない多彩なアーティストの紹介にあり、展示された作品では本体の企画に比べると質の低いものが見られたものの、混沌とした知識に振り回されない本能的かつストレートな見せ方にベルリン・アートシーンの未来が垣間見えたように思う。

7859_1.jpg
Autocenter / Adrian Jeftichew 展
based in Berlin 2011 Photo: Amin Akhtar

今回の企画においては、ベルリンの若手アーティストを紹介するというテーマの下に80を超えるアーティストやグループ、アート・スペースが作品を出品していた。そして無数のアーティストがベースド・イン・ベルリンの中のオルタナティブ・スペースで展示され、また毎日のように公式のイベントが行われ、コンサート、パフォーマンス、レクチャーなども開催されていた。これらを鑑みれば、企画者以外には把握できないような大規模かつ境界無き曖昧糢糊な企画であったとも言えるだろう。いずれにせよ作品を見る限りにおいて、世代やベルリン在住以外の共通点を見つけることは難しく、多くの来場者は会場でこの街のアートシーンの「現在」を断片的に垣間見ることができたのかもしれない。しかし、このような混沌とした姿は、ある種本来のベルリンの姿でもある。この街の持つ多様性は、中心無き、また境界無き混沌によって生み出されているといって間違いなく、それを反映したという意味では今回の企画は非常にベルリンらしいものだった。

2433_1.jpg
Autocenter / グループショウ(Gruppenausstellung kuratiert von Max Henry)
based in Berlin 2011 Photo: Amin Akhtar

ただし、この混沌が果たして今の硬直するベルリンのアートシーンに何をもたらしたのだろうか。美術館やギャラリーなどで紹介されにくい若いアーティストたちにスポットを当てるという意味では、確かにこの街の今後の可能性を見せているともいえるが、定義もテーマも無いままに集められた作家たちだけでは、見る者はまさに混沌に包みこまれるのみである。可能性は強力な意義付けや方向付けが無ければ、いつまでたっても現実的な力を持たず、ただエネルギーを放出するばかりで、何も生み出さないだろう。ここには「現在」を映し出す混沌はあろうとも、ベルリンの現代アートを囲む閉塞した状況を打破する、そして現代アートが本来見せることができるはずの「未来」は無かったように思えてしまう。
本展覧会が大きく波紋を立て、ネット上での抗議活動があったことは先に触れたが、ベルリンに住む多くのアーティストが求めていたものは明らかに「現在」ではなく「未来」であった。なぜなら当地では以前から現代アートの作品を展示する常設の展示施設・クンストハーレ(美術館)を求める声が根強くあったのだ。今回の企画に関連して、その場限りの展示ではなく、常設の展示スペースを建てる声は高まりを見せ、企画者側は批判に応える形で、「ベースド・イン・ベルリン」をクンストハーレの今後を話し合う一つの場として機能させることを目指していた。しかし実際に展示で感じられたのは混沌とした「現在」のみ。アートに関わるベルリンの一市民としては、この街にはやはり「未来」が必要と思えてならない。

Based in Berlin(ベースド・イン・ベルリン)
会期:2011年6月8日〜7月24日
キュレーター:アンジェリク・コンポン、フレディ・フィシュリ、マグダレーナ・マギーラヤーコブ・シリンガー、スコット・キャメロン・ヴィーバー
展示会場: アトリエハウス・モンビジュパーク、ハンブルガー・バンホフ美術館、KW(クンスト・ヴェルケ)、ベルニッシュ・ギャラリー、n.b.k. (ノイアー・ベルリーナー・クンストフェアアイン)
入場無料
http://www.basedinberlin.com

Text: Kiyohide Hayashi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE