オープン・ハウス2011

HAPPENINGText: Fann ZJ

アイ・ラブ・マリーン・パレード。

オープン・ハウス2009の掟。その1.5軒の家に行ってアートを飾ること。その2.近所の人に紹介すること。その3.近所の人以外にも紹介すること。その4.ビールの準備をしておくこと。

そして、オープン・ハウス2011の掟。その0.中心地に足を踏み入れること。それから2009の掟に従うこと。

Open House 2011

去年、ショップハウス(1階が店舗になっている住宅)が中心地へと進出していったのを機に、アートが人々にとって身近なものになってきているのは、自然な流れのように思える。今のところ、シンガポール人の85パーセントは公営住宅に住んでいて、その多くは、ありふれた外観でありふれた場所にある。

しかし、マリーン・パレードは、そんな典型的な住宅街ではない。シンガポールの東海岸に位置していて、目の前には海とイーストコーストパークが広がる。他の物件にはない景色を見られるのだ。58棟の住宅が埋立地に建てられていて、かつての海岸線は排水管が通された防波堤になっている。(その点はよく話題になる。)

オープン・ハウスに行くと、展示物となったマリーン・パレードの5棟の住宅を見て回ることができる。結局ここは、全く別モノの公営住宅なのだ。来場者は、まるで航海するように展示を楽しむだけでなく、その場所をより魅力的な空間にする者となり、展示されているアートを他者へ知らせる者となる、そういった意味ではアーティストでもあるのだ。

002_Michael_Lee.jpg

ヤング・アーティスト・アワード(ナショナル・アーツ・カウンシル)の受賞者であるマイケル・リーは、この家の住人のために「偽りの賛辞」をテーマに制作した。額縁に入って平然と壁にかけられているその作品は、注意深く見ていなければ気付かずに通り過ぎてしまうだろう。家具などと一緒に展示されており、モノや自由に対する、住人の想いの一端を知ることができる。途中でもしもこの家の住人に出会えたら、あなたはきっとマイケルの表現力に納得し、偽りの未来が広がっていることに疑問を抱くだろう。

003_Zhao_Renhui.jpg

同じくヤング・アーティスト・アワードの受賞者であるチャオ・レンホイは、カトン・コーストのイルカの姿を捉えた写真で同じテーマを表現している。箱に入ったイルカの骨が、その写真を際立たせる。かつては確かに、生物を形作っていたものである。このような作品で、虚構と現実について疑問をなげかけている。人間が作り出した環境の中で、ある人は自然がどこにでもあることを忘れ、都市空間を抑制する方法を見つけ出す。外の海をじっと眺めていれば、もしかしたら偶然イルカを見つけられるかもしれない。

004_Teng_Yen_Lin.jpg

テン・イェン・リンの「秘密の着陸」は、階段の踊り場に隠された新次元を表現している。自転車やエレベーターや椅子といった日常的なものに新たな見方が加えられていて、コンクリートの床面と真っ白な壁面に黒いテープを貼って異なる表面の透視図を作りだしている。

オープン・ハウス2011は、メッシー・メスキーやジョン・ロウを含む12名の公式アーティストとともに開催されており、芸術作品と住人の所有物を一緒に展示するという手法で、来場者に問いかけている。会場を歩いて行くうちに、考えずにはいられなくなる。「芸術とは何だ?」「その価値は何だ?」と。

005_Claire_Marie.jpg

アートというものを絵画のような媒体を通じて感じることもできるが、オープン・ハウスではインスタレーションという形で魅せてくれる。最後の住宅に展示されているのは、クレア・マリー・ライアンとマーク・ガブリエル・ローによるインスタレーションで、リビングルームを覗き込む仕組みになっていて面白い。芸能人が電話していたり、タイプライターを打ち込んでいるのを見ていると、時間の経過や時空を感じる。ただひとつそこに足りないのは、音楽だ。

オープン・ハウス2009では、近隣の私有地で作品が展示されたが、今年はより広範囲の住宅街での開催となった。それは、シンガポールの中心地で生活が続いていくことを意味する。様々なニーズが文化や表現に出会うことで、現代的な住宅街の一角から豊かな創造性が生まれてくる。

次回のオープン・ハウスが待ち遠しくて、近所の扉を叩くのだ。

Open House 2011 – I love Marine Parade
会期:2011年1月8・9・15・16日
会場:Various houses within Marine Parade
http://www.ohopenhouse.com

Text: Fann ZJ
Translation: Yuki Nakagawa
Photos: Fann ZJ

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE