梅田宏明

PEOPLEText: Mariko Takei

光・音・身体を等価に操るビジュアル・アーティスト。

_MG_1285.jpg
「Holistic Strata」制作中の様子(2011、YCAM)

映像と音響表現、ダンスが融合した「ビジュアル・パフォーマンス」で、国内外から注目を集める振付家の梅田宏明。今回、山口情報芸術センター[YCAM]にて、メディアテクノロジーを導入した身体表現の新展開に挑戦するアーティストが、山口での滞在制作を通じて、開発チームのYCAM InterLabとともに、光・音・ダンスが一体となる空間を構成するという。観客の視覚をもコントロールするビジュアル・パフォーマンスは一体どのように生まれるのだろうか。

これまでの活動内容を含め、自己紹介をお願いします。

梅田宏明。振付家/ダンサー/ビジュアルアーティスト。1977年東京生まれ。
2000年より創作活動を開始し、「S20」を発足。2002年「while going to a condition」をフランスのフェスティバルで公演。2003年にモントリオール(カナダ)で「Finore」、2004年にリオデジャネイロ(ブラジル)で「Duo」を発表。さらに、フランスの代表的な振付家であるフィリップ・ドゥクフレ氏のスタジオでレジデンス後、2007年にシャイヨー国立劇場(フランス)との共同制作で「Accumulated Layout」を発表。この作品が、クンステン・フェスティバル・デザール(ベルギー)、バービカン・センター(ロンドン)、ローマヨーロッパ・フェスティバル、ポンピドゥーセンター(パリ)など、世界各地の主要フェスティバル、劇場に招聘され、上演。2008年にはパリのフェスティバル・ド・トンヌ、ローマヨーロッパ・フェスティバルとの共同制作作品「Haptic」「Adapting for Distortion」を発表。2009年からは、振付を開始し、ダンサーを起用した初のグループ作品「1. centrifugal」を日本、フィンランドで公演。2010年には、国際的なメディアアートの祭典「アルス・エレクトロニカ」(オーストリア、リンツ)にて受賞。また、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2010」でダンス作品を上演するとともに、光とサウンドによる体験型インスタレーションを出品。

Haptic2_8.JPG
「Haptic」 振付/出演:梅田宏明(2008)photo: Shin Yamagata

大学では写真を専攻されていたそうですが、そもそもダンスや振付など身体表現に興味を持たれるようになったのはなぜですか?

ダンスをはじめたきっかけに、「写真」をやっていたことも大きく関わっています。写真を撮影するということは、被写体であるひとつの環境に対して距離をとることと同時に、客観性が必要になります。その環境に対し、一歩外に引く感覚というか……。そこにフラストレーションをおぼえてしまったんです。一歩外に引いて環境を描写するというよりは、その環境のなかに没入することでできる表現を求めたんですね。

それまでダンスは、友達と一緒にテレビのマネごと程度でしかしていませんでした。だからダンスを始めたころは、いろんなダンスを習ってはとにかく踊っていました。ただ、色んなダンスを観ても、本当に面白いと思えるものには、なかなか出会えませんでした。今でも、振付家に影響を受けているというよりは、森山大道さんの写真とか、ゲルハルト・リヒターの抽象画などに魅力を感じます。

ご自身の作品を「ビジュアル・パフォーマンス」と定義されているそうですが、照明や音、映像なども舞台の重要な要素として手掛けられています。とくに、光については、舞台を見せるための照明に限らず、多様性のあるデザインがされていますが、基本としているコンセプトや考えがあれば教えてください。

もともと、舞台をほとんど観たことがなかったうえに、写真表現に向いていたこともあり、僕の作品は、ビジュアル表現の影響が強いように思います。写真を撮っていたときに「こういう目の使い方をすると、世界はこういうふうに見えるんだ」と感じた体験がいくつかあり、それがいまでも、作品に影響しています。また、「ビジュアルとして踊りを見せよう」という発想も強いですね。だから、作品を制作するときは、1人のお客さんとして客観的に舞台を想像していますね。

光・音・身体が等価に扱われている印象があるのですが、作品を制作するときは、どのような手順で構想がされているのでしょうか?

僕の場合は、抽象的な空間のイメージがあって、それが作品の「スコア」になります。音や光、振付のうち、どれが先というわけではなく、自分のもつ抽象的な空間のイメージにあわせて、すべてを構成していきます。このイメージだったら、この音、光、踊りで……というように。最後が決まらないと最初も決まらないというくらい、全体をすごく俯瞰して考えています。

それと、僕のダンスの場合は、踊りの「質感」を振付けています。ダンスの形ではありません。だから、上演のたびに踊りも変化しています。もしかすると、お客さんによっては、同じに見えるかもしれませんが、僕自身にとってはいつも違うのです。

al2_4.JPG
「Accumulated Layout」振付/出演:梅田宏明(2007)photo: Shin Yamagata

海外でも積極的に巡演されていますが、国外での発表のきっかけは、何だったのでしょうか?また、海外での作品の評価について、ご自身では、どのように感じていますか?

2002年に、「while going to a condition」を初めて海外で上演しました。フランスのフェスティバル「ランコントル・コレグラフィック・アンテルナショナル」のディレクターによって、実現したのですが、それ以降、海外での公演を続けています。最初は、自分が海外で公演するなんて、考えてもみませんでした。これは世代的なものかもしれませんが、海外に対する劣等感をあまり感じない気軽な感覚が、海外で上演する際に、非常に助けになりましたね。
僕の作品を海外で上演してくれる理由を考えてみた時に、まず身軽で、ツアーしやすいことがあると思います。もうひとつは、すごく日本的だと言われますね。ミニマルで、ちょっと“テクノロジーっぽい”ところなんでしょうか。ダンス作品というよりは、インスタレーションだったり、ビジュアルアートに近いと、よく言われますね。

4_while_going.jpg
「while going to a condition」(2002)photo: Shin Yamagata

2010年には、作品「Adapting for Distortion」が、「アルス・エレクトロニカ」のデジタルミュージック/サウンドアート部門で入賞、さらに、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2010」でダンス作品のほか、インスタレーション作品を出品しています。ダンスのみならず、サウンドアートやインスタレーションなどの、ジャンルを横断した活動については、どのようにお考えですか?

僕は、自分自身を既存の定義に当てはめないように活動を続けてきました。そうしないと、振付家は照明をやらないもんだ、ってなってしまうし、今の作品のスタイルにはたどり着けませんでした。こうして受賞や、展示の機会をいただいていることを考えると、僕が定義しないで活動を続けてきたことを受け入れていただいたように感じています。そのことがとてもうれしいです。今後も、インスタレーション作品は、積極的に制作していきたいですね。もちろん、振付作品も、継続的におこなっていきます。

ad1_6.JPG
「Adapting for Distortion」(2008)photo: Alex

YCAMで滞在制作中の新作「Holistic Strata(ホリスティック・ストラータ)」では、どのような挑戦をしていますか?

これまでの作品と比較し、ダンスとビジュアルをより近づけるということを考えています。エンジニアやプログラマーなど、複数の人と作業するプロセスは、普段のやり方とは大きく違います。いつもは自分で、テクニカルのことまで考えていますが、今回の制作では、技術的な実現や解決は他の人にパスすることもできるので、僕は、アーティスティックなことに集中できます。ただ、イメージを具現化する時点で、全体のコントロールが効かなくなると厳しいので、制作のプロセスにおいては、そのバランスを常に考えていきたいですね。

_MG_1417.jpg
「Holistic Strata」制作中の様子(2011、YCAM)

今後のご予定があれば教えてください。

「Holistic Strata」は、YCAMで初演後、フランスの劇場Le Manègeで開催のフェスティバルVIA (モブージュ)と、パリ郊外の劇場Maison des Artsでの公演が決定しています。このほか、3月4日(金)〜13日(日)には、インスタレーション作品「Holistic Strata Installation」を森下スタジオ(東京)で発表予定です。

梅田宏明 新作ダンス公演「Holistic Strata」
日程:2011年2月19日(土)19:00開演、20日(日)14:00開演(各回30分前開場)
※同時上演「Accumulated Layout」(2007) 、各回終演後にトークイベント開催
会場:山口情報芸術センター [YCAM] スタジオA
住所:山口県山口市中園町7-7
TEL:083-901-2222
料金 :[全席自由]前売 一般2,800円/any 会員・特別割引2,500円/ 25歳以下2,000円、当日 3,300円
チケット:セブン-イレブン店頭での購入[セブンコード:008-397]、インターネットでのご予約・購入の他、山口市文化振興財団チケットインフォメーション(YCAM内): 083-920-6111迄問合せ。
http://holistic-strata.ycam.jp

Text: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE