エリック・ボシック

PEOPLEText: Bonnie Oeni

Eric_Bossick.jpg

エリック・ボシックは東京を拠点に、俳優、ダンサー、モデル、写真家そして映像監督として幅広く活躍するアーティスト。アメリカのペンシルベニアに生まれ、その後シンガポール、カナダ、ロサンゼルスで暮らしてきた真のコスモポリタンだ。1996年に来日し、ファッションモデルとしてキャリアをスタートし、ヨウジ・ヤマモト、マサキ・マツシマやグッチ等のブランドで活躍した後、日本の舞踏界に活動の場を広げた。また、彼は11年のキャリアを持つ写真家でもあり、ロッキング・オン・ジャパン、エル、ローリングストーン、スマートといった有名雑誌と仕事を共にしてきた。そして今、彼は日本のカルト映画のアイコンとも言える映画監督、塚本晋也の最新作「鉄男 THE BULLET MAN」で主演俳優を務めている。

なぜ日本にやってきたのですか?

ビクトリア大学を卒業しBFA(美術学士)を取得したあと、私はカナダのバンクーバーに移り住みました。しかしそこではあまり満足できず、旅に出ようと思いたったのです。若い頃、私は武道を学んでいて、日本の文化にとても魅力を感じていました。それで最初は日本に半年滞在し、帰国しようと考えたのです。その時に、日本語を少し勉強しました。

来日した当初、純粋にとても自然な感覚を受けました。それから日本の面白さや刺激的な部分にどんどん惹かれていき、帰国することが難しくなったのです。そこで私は滞在を少しだけのばし、また少しのばし、そうしてもう8年になります。

実は2004年に一度ロサンゼルスに移り住もうと試みたのですが、ロサンゼルスという街、その構造そしてアメリカ社会に暮らす人々は、私の目にはただ大きくて鈍く、さえないものに見えたのです。東京にホームシックを感じない日はありませんでした。それで、これ以上ここには住めないと思い、そして私は東京が私の故郷だということに気がつき、ここに戻ってきたのです。

ダンス、役者、ミュージックビデオの監督、写真家やモデルとしても活躍していますが、ご自身をどのように定義しているのでしょう?

良い質問ですね。なぜなら私は最近ちょうど新しい名刺を作る必要があって、その時肩書きを何にしようかすごく悩んだのです。迷った末、ただ「アーティスト」としました。例えばとても才能に溢れた人がいたとしたら、その人は才能をいろんな分野で発揮することができるでしょう。アメリカでは、複数のことをする人は見下されます。『何をしているの?真剣に取り組んでいないんでしょう』という風に。しかし日本ではそういった活動をする人は、新しい人、ある種ルネサンス的な人として見られます。

やらない事などあるのですか?

最近ギターを学び始めました。紛れもなく初歩的なレベルです。しかし私の人生と時間は限りあるものです。多くの人は私のところに来てこう言います。『エリック、君はほんとうに上手いね!』とか、『あのダンスは良かったよ。もっとやるべきだ!』とか。もちろん分かりますが、ただ時間がないのです。だから今は、俳優として、写真家としての活動に集中しています。

main-468.jpg
© TETSUO THE BULLET MAN GROUP 2009

鉄男 THE BULLET MAN」への主演、おめでとうございます。この作品に惹かれた理由は何ですか?

ありがとうございます。私はずっとカルト映画、ホラー、ファンタジー、SF映画の大ファンでした。「ジャンル・フィルム」とも呼ばれているものです。塚本晋也監督はそういった作品の監督の中でも、私が最も好きな監督の一人でした。だから彼が制作中の最新作に外国人の俳優を探しているという電話をもらったとき、本当にやりたいと思いました。

最初はほとんど何も聞かされていなかったので、正直に言うと、ほんの小さな役だろうと思っていたのです。なぜなら私は、日本の映画は普通日本の俳優のために作られていると思い込んでいたからです。オーディションに万全に備えることが大切だと思ったので、私はオーディションのために30~40時間を費やして準備をしました。オーディションは2種類でした。2つ目はカメラテストで、その時に初めてこのオーディションは「鉄男」を、あの世界的な映画のアイコンであり、映画の歴史に輝く真の金字塔を演じる役者を選ぶものだ、と教えられたのです。それから、鉄男という役の偉大さが私を襲いました。なぜなら、鉄男は今までもこれからもずっと、日本映画の歴史の中で語られ続けるであろう存在だからです。

一人の男が悪魔の化身に変わるという、ファンタジー的な要素もこの役にはあります。私には3~4年間舞踏を学んだ経験があります。舞踏とは、グロテスクな身体の動きを含むダンスの一種です。私には、この作品に生かすことができるバックグラウンドがあると感じました。

しかし鉄男を演じるなんて、宝くじに当たるほどありえない事に感じられました。可能性はおそらく宝くじの当選確率と同じ、5億6千万分の1ぐらいでしょう。あの世界的に有名な映画監督が、あの有名な作品を外国人の俳優で撮るなんて、そしてその主役を自分が演じるなんて、とても信じられませんでした。考えたこともなかった事です。

sub_1-468.jpg
© TETSUO THE BULLET MAN GROUP 2009

これまでの「鉄男」は全て、日本人キャストによって日本語で演じられてきました。その映画に、あなたはどのような変化を起こしたとお考えですか?

ひとりの外国人として、私はまるで本当に宝くじに当たったような気分でした。しかし、ある記者が以前私にこう言ったのです。『違うよ。君のような俳優を見つける事ができて、宝くじに当たったのは塚本監督の方だ。』と。私が演じたアンソニーは、日本人とアメリカ人のハーフで、生まれてからずっと東京で暮らしてきた人物です。ご存知の通り、日本に住む外国人は普通それほど日本文化に順応しようとはしません。彼らは英語で働ける環境で、英語でできる仕事をします。そして、彼らは彼らの社会に生きています。

私はいつも、日本文化に自分を浸しきることに興味を持ってきました。長い時間を費やして神道や仏教を研究しましたし、とても日本的な暮らし方をしています。日本食も大好きです。日本人のクライアントには、私は日本語で話します。だから日本文化は時を経て私の中に浸透しているのです。私の事を、日本人よりも日本人らしいと言う人もいます。アメリカを訪れると、あまりの文化の違いに途方に暮れてしまいます。おそらくそれは、私がシンガポールというアジアで育ったからという事もあるでしょう。そこで日本に文化的に順応する方法を学んだのです。アメリカには、「故郷とは、魂が帰るところにある」という諺があります。そして私の魂は東京にあります。東京が私の故郷なのです。

だから塚本監督との仕事の中でも、私が日本語を話せるので彼は自分の考えを説明することができたのです。これはハリウッドから来た別の俳優だったらできなかった事でしょう。なぜなら、例えば「いただきます」という言葉にも表れているように、日本語には、日本語の中にしかない独自の精神が根付いているからです。そして私の「舞踏」というバックグラウンド。舞踏は、ひとりの人間から悪魔的で神がかった存在へと姿を変えるために、特別な身体性が要求されるものです。加えて私は、塚本監督の作品にとても親しんでいました。こういった私の全ての要素が、この役に適していたのです。だから最初は私にとっての信じがたい幸運だと思っていたのですが、彼らスタッフも同じように幸運だったと言えるでしょう。

sub_5-468.jpg
© TETSUO THE BULLET MAN GROUP 2009

一番大変だったシーンは何ですか?

おそらく感情的なシーンです。私の演じ方のアプローチは、「できる限りリアルに演じる」ということです。私は方式に従ったテクニックを用います。すなわち、基本的にまずはキャラクターの精神的成長に焦点をおき、それから自らの人生を振り返ります。そしてその中に、キャラクターに共通する経験を見つけようとするのです。もちろん、私にはまだ子供がいません。そしてこの映画で描かれているように、子供を亡くした経験もありません。だから私は自分の人生を直接キャラクターと結びつける事はできないのです。

私が行ったのは、私の人生の中で最も暗かった時期、困難だった時期を振り返ることでした。そしてそれを私の演技の感情的基礎に置いたのです。私が演じた人物の現実はバラバラに引き裂かれたものでした。息子を失い、自らの肉体を変えられ、ついには家族の歴史はすべて偽りだったことに気付かされます。彼が陥ったのは暗い闇です。肉体的な痛みに耐える事の方がよほど楽なのです。最も難しかったのは、この役が、ただ入り込んですぐ抜けられる類いの役ではないという点でした。役柄から抜ける事ができないのです。こうした暗い感情を、1日の撮影時間よりもずっと長い間持ち続けるということです。それでもなお、私は行けるところまで行ってやろうと思いました。

塚本晋也監督との仕事は、どのようなものでしたか?

私はずっと塚本監督の大ファンであり、自然な流れとして私は彼を天才だと思いました。映画製作という点で彼の方法論を知り、単に演技だけでなく映画製作のプロセス全てを彼から学ぶためにも、彼と仕事をすることを楽しみにしていました。そして自分が監督する作品にもそれを生かしたいのです。

塚本監督は、本当の意味で自分の作品を生きる人です。過去にも私は天才と呼ばれる人々と仕事をした経験がありますが、大抵皆朝から晩まで作品の事に取り憑かれています。文字通り、自分の作品を生きているのです。塚本監督にも少しそうした点がありました。たわいもない雑談は一切ありません。昼食休憩のときには彼はいつも絵コンテを見ながら次のシーンのことを考えていました。彼はまた、まず自分で実際に演じてみながら私たちに「君はここに立って、それからこうして…」という風に指導をします。そしてカメラの動きを決めていきます。その上私が身につけるマスクや義手まで自分で彫り、照明も自分でセッティングし、作品のすべてに関わるのです。この作品は、完全に彼の作品なのです。

sub_3-468.jpg
© TETSUO THE BULLET MAN GROUP 2009

「鉄男 THE BULLET MAN」は、「鉄男」シリーズの最新作です。この作品はどういった点が新しく現代に蘇ったとお考えですか?

これまでの「鉄男」作品では、鉄男が危機的な状況を経験し、彼が激しい怒りとともにそれを乗り越えるときに彼の肉体が変わるというのが基本的なプロットでした。1作目では、鉄男は「やつ」という敵対する存在と出会い、世界を破壊したいという点で両者がつながりを持ちます。2作目では、世界は破壊されてしまいますが、鉄男は再び妻と幸せに暮らします。今回の3作目では、鉄男は自分の激しい怒りと向き合い、そして乗り越えようとするのだと私は思っています。

20年の時が経っているので、作家としての変化がこの作品には表れているでしょう。塚本監督の近年の作品を見ると、より静かで、落ち着いたトーンのものになっています。だから塚本監督と最初に作品について話し合った時、私はこの作品が1作目のように華やかで派手な作品になるのか、あるいはもっと落ち着いた作品になるのかを尋ねたのです。彼はこの作品は「大人の鉄男」、より成熟した鉄男の作品になると教えてくれました。今回の作品には今までのものと比べて、より深いメッセージや哲学が含まれています。

あなた自身の今後についてはどう感じていますか?

今は、演技についてできる限り向上したいと思っています。アジアの他の国や、オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカなどいろいろな場所で演技をしようと考えています。ヴェネチア国際映画祭やトライベッカ国際映画祭に向けて作品のプロモーションを行いました。私は、東京を拠点としながらも世界中のプロジェクトに参加していきたいと思っています。

鉄男 THE BULLET MAN
公開:2010年5月22日 シネマライズ他全国ロードショー
監督:塚本晋也
出演:エリック・ボシック、桃生亜希子ほか
プロデューサー:川原伸一、谷島正之
脚本:塚本晋也、黒木久勝
音楽:石川忠
制作プロダクション:海獣シアター
配給:アスミック・エース
2009年/日本/71分/全篇英語/日本語字幕/カラー/ヨーロピアン・ヴィスタ/ドルビーデジタル
© TETSUO THE BULLET MAN GROUP 2009
http://tetsuo-project.jp

Text: Bonnie Oeni
Translation: Shiori Saito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE