NIKE 公式オンラインストア

クリスチャン・モンテネグロ

PEOPLEText: Gisella Lifchitz

lechery.jpglechery.jpg
lechery.jpglechery.jpg

その時は具体的に何をしていたのですか?

コンピューターを使っての制作を始めた頃、持っていたバウハウスのカタログに描かれたヘルベルト・バイヤーの煙草立てのドローイングに魅了されました。私も同じように描きたいと考え、調べた結果今のような制作方法に辿り着いたのです。限られた数の要素だけを用いますが、豊かな規則性を持った構造にその要素を結びつけるのです。私にとってイラストレーションの素晴らしさとは、作者の持つ能力に左右されるのではなく、既にあるものをどのように使うかという作者の知性に左右されるものなのです。

ChristianMontenegro_New06.jpg

あなたの本について教えてください。

ゲシュタルテン社は私の作品に興味を持ち、話を持ちかけてくれました。当時私にはそれほど多くの作品がなかったので、新作を作ることを提案しました。そのとき聖書の創世記に関する仕事を終えていたところだったので、私は創世記にとても詳しくなっていました。そこで3ヶ月をかけてその文章に取り組み、彼らに見せるための作品を制作しました。完成した作品を見て、出版社は作品集一冊をすべてこのコンセプトで作りたいと言いました。本が出版されると、多くの人たちが私に連絡をくれました。本が私のカタログのような役割となったのです。
そして私は世界中の人たちと仕事を始めるようになりました。ピクトプラズマトリマルキDGにも招待作家として招かれました。

ChristianMontenegro_New20.jpg

あなたのキャリアの中でもっとも重要だったと思う出来事は?

間違いなく本の出版です。あとはイギリスのクリエイティブ・エージェンシーである、ダッチ・アンクルとの仕事です。また、子どものための本をいくつか制作したのですが、それらは独創的でかつ共同作業だったのでとても興味深い出来事でした。今後は自分自身の作品をもっと制作したいと考えています。これは私の長期的な目標なのです。

クリスチャンは最後にこう語ってくれた。『彼は多くの作品を制作しているが、中には人の目に触れるまでに何年もかかるものもある』と。彼はあらゆる微細なことをも明らかにするために、時間をかけて研究をする、徹底したアーティストなのである。言葉のひとつひとつ、その奥に隠された文化的な含みの中へと彼は深く入ってゆく。それが彼の作品を独自のものにするのである。

彼が思考し、新しい世界を想像しつづけている間、私たちはただ待つことしかできない。作品が私たちの眼前に現れる瞬間を。
ならばそれを、受け入れよう。

Text: Gisella Lifchitz
Translation: Shiori Saito

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE