アート・ドバイ 2009

HAPPENINGText: Mamiko Kawakami

今年で第3回目となるアート・ドバイが3月開催された。
会場となったのはアラビア風伝統的建物を模して作られたマディナ・ジュメイラ。

アート・ドバイ 2009
Art Dubai, evening, Courtesy of Art Dubai 2009

世界中から集結されたギャラリー68館、アーティスト総勢400人によるおよそ2000もの作品の数々が展示された。会場となったマディナの建物内だけではなく、隣接するビーチや駐車場の一部もアートで埋め尽くされた。

beach%20installation.jpg
Beach Installation, Courtesy of Art Dubai 2009

アート・ドバイにあわせて行われたアブラージ・キャピタル・アート賞の授賞式。なんとその賞金は約2000万円、世界一ともいえる賞金が受賞作3作品に与えられた。ちなみにイギリスの名誉あるターナー賞の賞金でさえ600万円。世界が不況不況と落ち込む中、この桁違いの資金力には驚かされる。参加アーティストの中でも『作品製作に取り掛かかろうと思っても、賞金の事が頭を掠めていい作品にならない。』と話すものもいたと言うが無理もない。(アブダビ新聞ナショナルより) この賞は、中東・北アフリカ・南アジア地域のアーティストを支援する目的で作られたと言う。さて、その栄誉ある賞を受賞した作品はというと、アルジェリア育ちのロシア人アーティスト、ズーリハ・ボウアブデラとアメリカ人キュレーター、キャロル・ソロモン合作の「空を歩けば、うお座~Walk the Sky, Pisces」。

アート・ドバイ 2009
Zoulikha Bouabdellah, Walk on the Sky. Pisces. Courtesy of Art Dubai 2009

星座が照らす夜の空をイメージしたというミラー板の作品の上は来場者が自由に歩くことができる。ミラーの上には星座を形取ったライトの数々が吊るされその上を歩いてみると、夜空に張られたガラスの板の上を歩いているようなとても不思議な気分になる。
この作品にある多角形の星は、アラビアに伝わる古い歴史では神の創造物のシンボルと言われる。『空を歩いてみたいと思った事が一度もない人っている?』とボウアブデラは地元新聞ナショナルのインタビューに笑って答える。そんな誰もが見た夢とアラビアの歴史に自分のルーツを感じ、そこからこの作品のアイデアを得たという。また重なり合う2つの正方形からできている多角形の星は、複雑に多くの人が交わる人類文明を表現したかったとボウアブデラは語る。
アート・ドバイの初日イベント「START」では、学生や子供を対象とした映画製作から芸術討論、大型カンバスに好きなものを自由自在に描くなどのワークショップが開かれた。

まだまだアンダーグラウンド・カルチャーの発展が見られないと言われるドバイでは、STARTの様なイベントが子供達のアート感覚を刺激し、未来のアーティストを生み出す事を大きく手助けするだろう。『STARTは、中東の教育を更に充実する為にアートを使う事を勧める。またこのイベントで、アートドバイをUAE人家族や障害を持った子供達などの新しいオーディエンスが気軽に足を運べるものにできた。』とSTARTのディレクター、ソニア・ブレウィンは語る。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE