ロンドン・ファッションウィーク A/W 09

HAPPENINGText: Sayaka Hirakawa

ロンドン・ファッションウィーク A/W 09の初日、ラストを飾るショーに、各国のバイヤーやジャーナリストが続々と詰めかけた。会場は、過去6シーズンに渡りLFWオフスケジュールのメインとなってきたボクソール・ファッションスカウト。本会場を超える期待と熱気の理由は、これから始まるショーのタイトルがストレートに説明してくれる。

「ワンズ・トゥー・ウォッチ (見るべきショー)。」

ロンドン・ファッションウィーク A/W 09

ボクソール・ファッションスカウトの指揮により選ばれた4人の「最も才能のあるメンズ&ウィメンズウェア・デザイナー」のグループショーが、この第一回「ワンズ・トゥー・ウォッチ」。若いクリエイティブな才能を世界に発信するための、新たな試みである。

ロンドン・ファッションウィーク A/W 09

まず登場するのは、ワイト島出身の若干24歳のデザイナー、ル・フルックス。メンズとレディースを共に扱うフルックスのデザインは、オープニングにふさわしく、カラフルで楽しげなイメージ。物語から抜け出してきたような、とんがり帽子や熊の顔が胸に付いたジャンプスーツが、ファンタジックな世界を作り出している。英国製のファブリックを用い、パッチワークやニッティングの伝統的な手法を取うことによって、子供服を大きくしたようなかわいらしさの中に、エレガンスな大人のファンタジーを。

ロンドン・ファッションウィーク A/W 09

続くはセントラル・セントマーティンズ大学出身、クミコ・ワタリによる「migh-T by KUMIKO WATARI」。バギーなTシャツに、動物や気球のプリントがされたレギンス、それに大きなぼんぼりのついたニット帽というスタイルが主流。テキスタイルを専攻した彼女ならではの、絵画のようなテキスタイルのレギンスは、今後人気の出そうな予感。赤、オレンジ、紫をキーカラーにしたポップなコレクション。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ステファン・マークス
MoMA STORE