トビー・ヤン

PEOPLEText: Justin Tsui

Toby Yeung

デザイナーの1人として、「KLOMP! exhibiton」に参加されていますね。展覧会とあなたの作品について教えて下さい。

地元のオランダ総領事館の招待を受けて、香港と中国のアーティストやデザイナーが「KLOMP! exhibiton」に参加しました。私は、一人前の天使になるために最終試験を受けなくてはならない子供の天使というアイディアで作った「angelhoods」というキャラクターシリーズを出展しました。作っている間は本当に楽しくて、たくさんのインスピレーションを作品から貰いました。機会があれば壁とか部屋に書きたいと思っています。そうすれば、彼らがきっと良いインスピレーションを与えてくれると思っています。

Toby Yeung

「CustomizeMe」について詳しく教えて下さい。

CustomizeMe」は、イタリアのVANSとコラボレーションした企画です。世界中から50人のアーティストを招待し、バンス・クラシック・スリッポンで作品を作ってもらい、バルセロナやいくつかの都市で展示を行いました。初めて普通に売られている商品に自分のキャラクターを描けたのが楽しかったですね。

多くの団体やブランドとコラボレーションをしていますが、どれが一番印象的ですか。

デビル・ロボッツと行った展覧会ですね。小さな展覧会でしたが、私はデビル・ロボッツのファンだったんです。だから、あの有名な「TO-FU」とコラボレーションができると聞いたときは、本当に嬉しかったです。また北京オリンピックの期間中、アジアのブランド「ジョルダーノ」とのコラボレーションで、中国の伝統的なキャラクターをもとに5つのキャラクターのデザインを担当しました。それぞれ違ったスポーツで、合計30枚のTシャツをデザインし、香港や中国で発売しました。沢山反響があって、嬉しかったですね。中国の伝統とスポーツを組み合わせた良い作品でした。

Toby Yeung

フィギュアはいつ頃からどうして作るようになったのですか? 「MINDstyle」とのお話を聞かせて下さい。

3年前くらいになりますが、フィギュアを制作しているプロダクションと仕事をするようになって、ヨーロッパでいくつかプロジェクトをしていました。そこで「MINDstyle」が作品を見て、キャラクターにポテンシャルを感じてくれたんです。そして、「MINDstyle」と一緒にフィギュアを作るようになりました。
その後、アジアでの事業展開をしたいということなので、現在は私がクリエイティブ・ディレクターとして一緒に仕事をしています。

アメリカや日本と比べて、中国のおもちゃマーケットについてどう思いますか。

香港ではビニールトイがとても流行った時期がありましたが、今は以前ほどではないですね。香港の市場は、非常に小さいし、流行に流されやすいと思います。それに比べて、日本の人々は国内のアーティストを大切に支えていて、それが結局キャラクターデザインやビニールトイの市場を支えているんだと思います。アメリカでは、去年からようやくビニールトイが流行ってきました。アメリカで「アート・トイ」と呼ばれるものが、いわゆるビニールトイですね。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE