アズール・デ・コルソ

PEOPLEText: Gisella Lifchitz

アーティスト、グラフィック・デザイナー、イラストレーターとしてフリーで活躍するアズール・デ・コルソ。これまで彼女は、ペプシコーラ、MTV、ニコロデオン、Vh1、ユニリーバ、クリームフィールズなど、数多くのクライアントワークを手掛けてきた。また、メキシコやアルゼンチンの出版社ではアート・ディレクターを務め、IdNの記事執筆なども担当している。

Azul De Corso

まずはじめに自己紹介をお願いします。

グラフィック・デザイナーをしています。自分の考えやメッセージ、気持ちを伝える手段として、絵を描いたり、何かを作ったり、新しいものを発明したり、手を加えたりしています。
アーティストとしての経験が、スケッチやグラフィックの作品の源になっています。性格は・・・ハッピーな人間ですね。

Azul De Corso

現在の仕事をするに至った経緯を教えて下さい。

ずっと絵を描くのが好きで、大学でデザインを専攻していたときに本格的に活動を始めました。大学でデザインと出会って、その魅力を知りました。あの頃は、とにかく何かクリエイティブなものを作りたいと躍起になっていましたね。色々な物の形を変えたり、色やテクスチャを付けて命を吹き込むといったような作品作りが好きです。

Azul De Corso

これまでのお仕事について教えて下さい。

出版会社で働き始めて、チームで仕事をしたり、早く仕事を片付けたり、一生懸命働くことの大切さを知りました。営業の時でもデザインの時でも、常にクライアントの要望を第一に考えなくてはいけません。
色々な所を放浪しながら、それぞれの場所でキャンペーン、ブランディング、イラストレーションなどの仕事をしています。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE