ガブリエラ・マシエル

PEOPLEText: Biljana Ciric, a curator in Shanghai

解体と再建。

ゼンダイMoMA(上海証大現代美術館)では、今年初となる大規模な展示「スターティングポイント:侵入するアートと暮らし 366」が開催されている。この展示でフィーチャーされている作家の一人、ガブリエラ・マシエルは、圧倒的なインスタレーションを創り上げる、情熱的なブラジル人アーティスト/パフォーマーだ。

Gabriela Maciel
Goticulae Sublimaris, 2008 / Lycra, Cotton and foam / 150 x 120 x 60 cm

上海で展示されている作品を中心に、あなたの創作プロセスと、コンセプトについて教えてください。

ゼンダイMoMAに展示した「コーテックス・ウォール・オブ・ブライトネス」など、特定の場所のためのインスタレーションの際には、私はその作品のドローイングをすることから始めます。
インスピレーションを感じ、技術的な研究をするのです。すると素材と向き合った時、その場でひとつのドローイングから様々な方法が生まれてくるのです。
これは時間に基づく過程です。私が創作を行う場所で、行き交う人々に向けたパフォーマンスだと言ってもよいでしょう。私の内にあるコンセプトや創造性が、その場所で手に入る素材、建築物のテクスチャーや形、作品制作に与えられた時間、天気や会場の大きさ、人々の循環のしかたや空間との関係性といった、その国の文化的な影響を受けるのです。それらがすべて、私の創作に影響してくるのです。

Gabriela Maciel
Chimera Realis, 2008 / Lycra, Cotton and foam / 650 x 180 x 120 cm

そういった過去の例として、2003年から2007年までの間、私は観客の目の前で、パフォーマンス中に創作を行っていました。事前に私がレコーディングしたデジタル音楽に合わせて、その場で創作をするというもので、今よりもずっと激しい肉体的な動きを伴うものでした。また、デジタルビデオのプロジェクターを使って、別の日に行われた同じパフォーマンスの映像を上映し、照明のかわりにした事もあります。時間と過程をオーバーラップし、観客をも創作過程のなかに組み込んでしまうのです。

ひとつの作品の創作過程や表現に複数のメディアが深く融け合っているので、この制作方法を充分に理解するのは簡単なことではないでしょう。私は、非常に人力がかかる手仕事によって作られる、非常に現代的な素材を扱う事もありますし、最新の技術を用いてとても古い時代のものへと変化させることもあります。
古さと新しさは混ざり合い、時間と過程は膨張し、加速し、そして時折重なり合うのです。

好奇心、不思議さ、斬新さ、夢、そして奇妙さ。これが私の作品を表す言葉と言えるでしょう。

続きを読む ...

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE