ミニマム インターフェース展

HAPPENING

インターフェイスから紐解くアートとデザインの可能性。

ミニマム インターフェース展ミニマム インターフェース展ミニマム インターフェース展

私達の持つ5感をフルに回転させることで得られるインターフェイスとのインタラクティブな関係。言葉を介さないミニマムな情報は、私達の感覚にダイレクトに呼び掛け、新たな領域へと誘い込む。山口情報芸術センター[YCAM]では、「ミニマム インターフェイス」展を開催し、コミュニケーションデザインをインターフェイスの視点から考える試みを行っている。SHIFTは、YCAMによる本展のキュレートリアルチームにインタビュー。インターフェイスの未知なる可能性に迫った。

今回ご回答いただける方の自己紹介をお願い致します。


教育普及担当の会田大也(あいだだいや)です。普段は、観客の方がさまざまな発見をしながら展覧会を楽しむためのギャラリーツアーの企画運営や、メディアについての理解を深めるためのオリジナルワークショップの企画などを行っています。
今回のミニマム インターフェイス展においては、チーフキュレーターの阿部一直、アシスタントキュレーターの渡部里奈とともに、キュレートリアルチームを組み、共同でキュレーションを行いました。

11月より開催されているミニマム インターフェース展について、そのコンセプトや内容含めてご紹介ください。

情報化の進む現代社会においては、情報のやり取りに媒介する「インターフェース」の担う役割、特にユーザーインターフェースデザインの重要度が増しているといえます。今回の展覧会「ミニマム インターフェイス」展では、一歩違った視点から、このインターフェースについて改めて検証しています。
タイトルにある「ミニマム」という語が示すのは、形態のミニマリズムではなく、多様化するインターフェースの機能を、身体性との関係から絞り込み、限定的に提示することによって、インターフェースそのものの存在感を引きだすことを意図してつけたタイトルです。例えば、「言葉による情報量を極端に減らしていった際に残るインターフェースは何であるか」ということなどを、展覧会を通して考えています。

国内外から8組のアーティストの参加による展覧会となっているそうですが、それぞれの作品をご紹介ください。

ミニマム インターフェース展
「Floating Compass」LEADING EDGE DESIGN

本展では、8組のアーティストやデザイナーによる12作品を展示しています。そのうちの6作品はYCAM委嘱による新作となっています。
リーディング・エッジ・デザインは、ナビゲーションシステム「on the fly」とともに、アメンボをモチーフに、超撥水技術を用いて、水面というインターフェースに「触れる」微細な感触を表現した作品「Floating Compass」を展示しています。磁気化されているアメンボが水面上で回転する様子をご覧いただくことができます。

ミニマム インターフェース展
「Liquid Space 6.0」ダーン・ローズガールデ [オランダ]

続いて、オランダの建築家、ダーン・ローズガルデによる「Liquid Space 6.0」は、3本のアームをもつ有機的な形態をした高さ約4mのオブジェで、人が接近することにより、センサーがはたらき、その形態が微妙に変化するほか、LEDの色やサウンドが反応する、という作品です。

ミニマム インターフェース展
「Delicate Boundaries」クリス・サグリュ

ニューヨークを拠点に活躍するクリス・サグリュの「Delicate Boundaries」は、モニターに手をかざすと、画像の中の虫たちが手の触れた位置に集まりだし、次第に実際の身体上まで這い上がってくる作品です。形態検出、位置検出技術を用いてバーチャルとフィジカル、視覚と触覚の間にあるデリケートな境界を表現しています。

ミニマム インターフェース展
「lineup」(会場正面) 「H2Orz」(左) 「JSCO」(右) SHINCHIKA

SHINCHIKAは、京都市立芸術大学の卒業生や学生によって結成され、ネットでファイルを交換しながら作品を制作しているグループです。今回は新作を含む3作品を展示しています。2Dのイラストや3DCG、実写映像を駆使し、アニメ映像を制作しています。さらに映像の中でモデリングしたデータを、ペーパークラフトの展開図として、実空間のオブジェとするなど、2D/3Dの境界(インターフェース)を飛び超える作品を展開しています。

ミニマム インターフェース展
「reacTable」セルジ・ジョルダ、マルティン・カルテンブルネル、ギュンター・ガイガー、マルコス・アロンソ、ポンペウ・ファーブラ大学 ミュージック・テクノロジー・グループ [スペイン]

スペインのポンペウ・ファーブラ大学 ミュージック・テクノロジー・グループによる「reacTable」は、トップミュージシャンにも多くのファンがいる話題の電子楽器です。テーブル上の、機能を効果的に振り分けたブロックを自在に動かすことによって、音楽と映像を作り出す新しい発想の電子楽器で、複数の参加者で、同時に操作を共有できるのが特徴です。観客が実際に操作して、体験することができるインスタレーション形式の展示は、日本初公開となります。

ミニマム インターフェース展
「純粋φ – Abstract Fluid Interface」久保田晃弘

久保田晃弘の「純粋φ – Abstract Painterly Interface」は、作品のフィールドに立つと、4つのデジタルカメラ(=コンピュータ)が人をサーチし、カメラ眼に入ってくる光の流れをデータとして読み込みなす。その光の動きを解析するコンピュータプログラム(オプティカルフロープログラム)をドット模様へとデフォルメします。それにより、大きなスクリーン上には、ある種の動く絵画があらわれてきます。この作品は、光学インターフェースとしての眼を意識させる、映像抽象絵画といえます。

ミニマム インターフェース展
「Depth of the Field – Processing Photography Blink Series」高尾俊介

高尾俊介の「Depth of the Field – Processing Photography Blink Series」は、鑑賞者の無意識のまばたきを検出し、その開閉ピッチによって大画面のスライドショーをコントロールするインスタレーションです。時間を遮断する写真の存在について、改めて考えようとする作品といえます。

ミニマム インターフェース展
「Card play」ザカリー・リーバーマン、テオドア・ワトソン

最後に、ザカリー・リーバーマンテオドア・ワトソンによる「Card play」は、メディアアートに使用され始めた新しい開発環境 openFrameworksを使用し、実物のトランプカードをインターフェースとして、カメラ映像で取り込みながら、画像認識と映像と音をリアルタイムで反応処理する作品で、本展のために制作された新作です。

ミニマム インターフェース展は、YCAMでは珍しいグループ展としての企画とのことですが、本展を行う経緯や何か特に工夫を凝らしたことなどエピソードがありましたら教えて下さい。

新作委嘱による個展が多いYCAMにとっては、グループ展という形式はやや珍しいかもしれません。インターフェースを取り巻く現代の状況は日々変化しているので、今回の展覧会は、対象に対して多角的なアプローチを行なうべく、アート、デザイン、建築など複数のアーティストが参加するグループ展という形式を選択しました。
今回の展覧会では、もう一つメタレベルのインターフェースについても同時に考察しています。美術館やアートセンターが社会において担っている役割と、展覧会というイベントの形式についてです。
そのことを示す一例として、展覧会のナビゲーションデザインをリーディング・エッジ・デザインに依頼し、公開しています。リーディング・エッジ・デザインには、アートセンターにおけるナビゲーション機能自体を「展覧会のインターフェース」と見なして提案してもらうよう、依頼しました。展覧会では、展示された作品から鑑賞者に対して一方的に情報が流れてくる、ということはありません。鑑賞者の積極的かつ能動的な鑑賞によって、身体的/思考的なインタラクションが誘発されることで、作品に対して意味が与えられ、並べられた知識による理解だけでないより豊かな鑑賞が成立していきます。今回改めて展覧会の企画中に、キュレートリアルチームやほかのYCAMスタッフ内で、展覧会に対する鑑賞者のあり方を見直してみました。鑑賞者に能動的・積極的な鑑賞行動を誘発するための仕掛けとして、最初のナビゲーションに、通常には存在しない驚きや触覚的な感覚を位置づけてみようと考えたのです。

ミニマム インターフェース展
「on the fly」
グラフィックデザイン:good design company
ナビゲーションデザイン:LEADING EDGE DESIGN

Suicaの開発でも知られる、リーディング・エッジ・デザインが展覧会場のインフォメーションシステムを構築されているそうね。具体的にどのような試みがなされているのでしょう?

「フライヤー」という展覧会の情報告知には当たり前となったツールを、まずは見直し、情報をとりだすための謎の鍵のような存在として位置づけました。展覧会が「ミニマム インターフェース」ですから、デザインも最低限の言葉の要素しかない、けれども何かそこには不思議な存在感があるというものにしたのです。
会場入口付近に設置されたテーブルの上に、この展覧会フライヤーをかざすと、そのフライヤーの位置に対して、テーブル上部のプロジェクターから映像が投影されます。精緻な形態認識技術によって、フライヤーをどのように動かしても映像がトレースされます。そして、フライヤーに開いている16個の穴を、指で押さえることによって、それぞれの穴に対応した情報(展示作品の情報や、展覧会コンセプト、関連イベントなどのビデオ、静止画、文字情報)が、サウンドとともに表示されます。また、穴を抑える指先から、作品の設置場所へ向けて矢印が延びるアニメーションが描かれ、その先にある作品キャプションに対して照明が当たり、作品の位置を明示します。この一連の動作が、作品鑑賞への誘導となっています。穴を押さえると同時に、人の声をサンプリング加工した特殊なロングトーンのサウンドも響くようになっています。

前途の会場全体のナビゲーションシステムに加えて、新たに構築しているというグラフィックデザインについても教えて下さい。

グラフィックデザインは、good design companyが手掛けています。リーディング・エッジ・デザイン、YCAMを含む3者でのオリエンテーションにおいて、「そもそもインターフェースとは何だろうか?」という疑問を出発点にして、原義である「境界面」という存在を意識化し、その向こう側とこちら側をミニマムに繋ぐ単純な「穴」(細胞的な「孔」ともいえるかもしれませんが)のあいたフライヤーというアイデアが出来上がりました。このフライヤーには、見ての通り、ある意味過激と言ってもいいほど、必要最低限の文字情報しか書き込まれていません。しかし、フライヤーを2枚つかって、この穴に隠されたギミックを探りあてると、ついそのことを人に話をしてみたくなります。その仕掛けとは、タネあかしになりますが、「フライヤー2枚の表と裏を、転地逆に重ね合わせると、16の穴に展覧会タイトル「ミニマム インターフェース」が見えてくる」というものです。さらにこれを会場へ持ってくると、ナビゲーションのテーブルで情報を引きだす「鍵」となるわけです。こういった「発見や行動を誘発する仕掛け」自体が広報ツールとしてのフライヤーの存在の魅力を増してくれることを期待しています。メッセージ情報としての文字をむやみに増やすのではなく、逆に機能をミニマムに限定することによって、人間にとって最も原初的な紙というメディアの持つ可能性を、最新のメディアとの組み合わせによって違ったものに見せようとしたわけです。このフライヤーは、展覧会そのもののコンセプトを表現したグラフィックと言うことができますね。

ずばり本展の見所をおしえてください。

日本初公開の話題の「ReacTable」を含む、個々の作品はもちろん素晴らしいクオリティです。コンピュータの高速化によって初めて実現される「気持ちよい触り心地=インタラクション」を生で体験できる展覧会だと思います。インターフェースの触り心地や気持ちよさ、違和感などのセンシティブな感覚は、言葉を尽くしてもなかなか伝えることのできないものなので、ぜひ、展覧会場で体験してみて欲しいと思います。インターフェースという言葉は、今や、ありふれた単語になっているのかもしれません。しかし、それらはもしかしたらすごく狭い範囲に限定して使われているのではないか、と考えることもできます。今回の展覧会においては、具体的なマン・マシンインターフェースだけではなく、視覚や、皮膚感覚、空間の感覚といった複数のアフォードの入り口から、他世界や他者の存在への多様なインターフェースについてアプローチしています。「情報-世界-内-存在」としての人間は、本質的に何をインターフェースしているのだろうかという根源的な問いがそこにはあるわけです。ただし、難しい理屈は横においても、モノや情報の間に介在する「インターフェース」について、まずは身体的直観を使って体験するところからスタートしてもらえればと思います。

インターフェースのもつ多様性がアートやデザインに今後どのように関わっていくと思われますか(期待しますか?)

アーティストやデザイナーというのは、意識/無意識に関わらず、インターフェースと関わっていると思います。広い意味で、情報の伝わり方、伝え方についての研究の積み重ねが、これまでのアートやデザインの歴史と言っても過言ではないかもしれません。インターフェースのもつ多様性が拡張した結果、人間のもつ身体と情報の関係がより豊かになっていくことを期待しています。この身体感覚という、わかっているようで組織化されていない要素と、記号やイコンとの新しい位置づけや関係を見直していく、という挑戦をしていきたいと思っています。

YCAMが今後やっていきたいことなど、教えてください。

今後の日本の文化政策を踏まえると、地方都市に置かれた公共の文化施設として、背負っている責任は大きいと思っています。東京や大阪といった大都市圏以外の場所から、面白い試みが発信される施設として認知されるよう、これからもより一層がんばっていきたいと思います。小さなスケールメリットというものが逆にあるとしたら、それを生かすような試みですね。消費型でなく、クリエーションにシフトした活動がこれからは重要になると思います。

ミニマム インターフェイス展
会期:2008年11月1日(土)〜2009年2月8日(日)
時間:12:00〜19:00(土日祝のみ10:00〜)
休館:火曜日(祝日の場合は翌日)/年末年始(12/29 – 1/3)
会場:山口情報芸術センター[YCAM] スタジオB、ホワイエほか
住所:山口県山口市中園町7-7
TEL:083-901-2222
入場料:無料
出品作家:久保田晃弘(日本)/セルジ・ジョルダ、マルティン・カルテンブルネル、ギュンター・ガイガー、マルコス・アロンソ(スペイン)/リーディング・エッジ・デザイン(日本)/ザカリー・リーバーマン、テオドア・ワトソン(アメリカ)/ダーン・ローズガルデ(オランダ)/シンチカ(日本)/クリス・サグリュ(アメリカ)/高尾俊介(日本)

Text: Mariko Takei

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
マリアンナ・ドブコウスカ
MoMA STORE