ジュリアーノ フジワラ

PEOPLE

1986年に藤原喜章氏がミラノコレクションでデビューしたブランド「ジュリアーノ フジワラ」。藤原氏の没後、2006年に松村正大氏が25歳の若さでデザイナーに就任し、最年少26歳でミラノコレクションのランウェイデビューを飾った。松村氏に彼の現在、過去、未来を中心に聞いてみた。

ジュリアーノ フジワラジュリアーノ フジワラ

デザイナーになる前は何をされていたのですか?


ロンドンの大学でファッションの勉強をしていました。経済、心理学、社会学も専攻していました。服作りを学びたかったのはもちろんなんですけど、こう、ファッションって社会動向とか反映されるのでそれも含め、総合的にいろいろ勉強していましたね。数学、科学、そういったものまで勉強しました。

若いときに海外で生活されていたのですよね。

はい。14歳でスイスの全寮制のインターナショナルスクールに行きました。最初は英語も話せなかったし、辛い事もたくさんありましたが、いろんな出会いがあって今思うとすごく貴重な経験だったと思います。
同じ部屋にブラジル人、ロシア人、アメリカ人といろんな国からきた奴らとベットを並べて寝るわけですよ。幼いながら自分のアイデンティティーを知らされたし、それでもっと日本人としてもっと自分の国について勉強しようという意識が芽生えました。

ファッションを志すようになったのは?

中学の頃、コム デ ギャルソンのジャケットを両親が誕生日にプレゼントしてくれたんです。そのときに今まで持っていた洋服の概念が吹き飛んだというか、『あっこんなこともできるんだ』ってショックでした。洋服って面白いなってその時思いましたね。それで、17歳のときにマックイーンのショーを見て何かすごく自然にこの道に進んでいったんですよ。

ジュリアーノ フジワラジュリアーノ フジワラ
giuliano Fujiwara 2008-2009 A/W Collection

何か、ご自身に影響されてきたものは?

両親の教育方針が面白くて、結構自由にやらせてもらっていたんですが、その中でも、父が『僕が社会人になるころにはクリエイティブなものが日本をリードしてゆく様になるから』という理由で幼い時から歌舞伎や、ザルツブルクにモーツアルトのオペラを見に連れて行ってくれたり、と良いものをたくさん見せてもらっていました。

松村さんにとってジュリアーノ フジワラとはどんなブランドだったのでしょうか?

日本人というアイデンティティーにイタリアのクラフトマンシップを融合させたものというコンセプトでずっとやってきていました。
そぎおとした中にディテールがあるミニマリズム的なものを打ち出した第一人者とも呼べるのがジュリアーノ フジワラだと思っています。

では、松村さんが就任してからのジュリアーノ フジワラは?

先代とはジェネレーションが全く違いますから、空気感は必然的に出ると思っています。彼のミニマリズムには共感していますので、そのベースは崩さずにやっていきたい。僕の新鮮さは自然と出てくるかなと思っています。

25歳で就任された当時と現在の違いはありますか?

慣れてきたっていうのが一番ですね。徐々に余裕が出てきた気もします。

ジュリアーノ フジワラ
giuliano Fujiwara, Aoyama, Tokyo

普段何かインスピレーションを得るためにしていることなどありますか?

全くないです。自然体というか、変な話、感謝する気持ちがあればもっとポジティブにものが見えてくるし、何でも感謝すれば同じものも違って見えてくる。
日常の生活を送る中にもそういう気持ちを意識的にもっていればその中から色んなものが生まれてくる気がします。

なにかすごく「禅」の精神を感じますね。

そうですね。日本の禅とか「侘」、「寂」が大好きです。何か日本人の完璧なものより少し崩れたものに対して美しさとか人間性や哲学を見出してきた独特の精神や美意識は日本の優れた所だと誇りを持っています。

だからこそあえてミラノブランドでやってゆくんですね。

そうです。この日本というアイデンティティーを大切に表面ではなく思想的に日本文化を出してミラノでやっていく。モード=現在というのも大切に、ワビサビの精神が世界中に広がれば良いなと思っています。

ジュリアーノフジワラ
giuliano Fujiwara, Aoyama, Tokyo

創作してゆくモチベーションは?

陰と陽みたいに真逆なものを二つ一緒にして融合させるのが好きですね。

また、禅に通じますね。

いやいや、まだまだです。ただ、これが嫌いとかって全くないので、決めつけないで何にでもいいところがあると思って物事をみています。
だからオペラとかクラシックなものからアンダーグラウンドカルチャーまでいろんなものに触れています。何でも来いって感じですね。

現在進行中のプロジェクトについて教えていただけませんか?

プロジェクトとしては今、家具をデザインしています。ファッションもそうですけどライフスタイル全般、いろいろなデザインに挑戦していきます。

ご自身の将来は?

これやりたいって決めるよりもっと自然にステップアップしてゆければいいなと思っています。
今やれることを一所懸命にやった結果が将来につながると思います。あ、いつか子供はほしいですね。

自分自身のバックボーンを認識すれば、どんなものに対しても自分軸がブレることはない。
世界で活動する松村氏が不思議なほどに自然体でいられる強さだろう。

giuliano Fujiwara
住所:東京都南青山6-8-18 放映ビル1F
TEL(店舗): 03 5469 5558
TEL(事務所): 03 5469 5606

Text: Naoko Wowsugi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE