SOMETHING OLD… 展

HAPPENINGText: Francesco Tenaglia

古くて、新しくて、借りもので、ブルーなもの。

Something Old, Something New, Something Borrowed, Something Blue.
Ari Marcopoulos, Alice, 2008

キュレーターのアーロン・ローズは洗練されたアートマガジンとして知られる季刊誌「ANP」と、移動展「ビューティフル・ルーザーズ」の関係者として知られている。「ビューティフル・ルーザーズ」とは、青春時代に特有なスケートボードやヒップホップなどのアート的なムーブメントをローズの視点で解釈された展示だ。また、その内容はローズが、ニューヨークのアレジットギャラリーのキュレーターとして扱い続けてきたものだった。

アリ・マルコポロスの白黒写真は、感覚の落ち着きを表現している。マルコポロスはオランダ出身の作家で、1979年にアンディー・ウォーホールのアシスタントとして知られることになった。彼は長年ストリートカルチャーに関心を持ち続け、自らそのムーブメントにも参加した。また、DMCやビースティー・ボーイズなどのヒップホップアーティスト達とのコラボレーション作品を発表し、ストリートムーブメントの名付け親的な存在の一人として認められている。

Something Old, Something New, Something Borrowed, Something Blue.
Ryan McGinley, Jake Sleeping, 2007

展示には写真家ライアン・マッギンレーの作品もある。マッギンレーの、若者の至福とエネルギーを捉える能力は驚異的だ。彼の写真で被写体となる若者たちは、社会活動やレクリエーション活動に従事している瞬間であっても、マッギンレーの写真の中では、特定の場所や時間、文化的運動が記録されているようには、ほとんど見えない。被写体になった若者達は、「その場にいる」くらいのマジックのような緊張感を保ったまま、停止している。

バリー・マッギーの制作する、過度に飾り立てたオプ・アートは見る人の感覚を襲う。また、エド・テンプルトンの『失われた唾液への追悼』は、恋仲の男女のセンチメンタルでナイーブなモンタージュ写真にも見える。

Something Old, Something New, Something Borrowed, Something Blue.
Phil Frost, Swamp Bucket, 2008

フィリップ・フロストの絵画は複雑な色と形によって作られている。作品には興奮性が漂っていて、強迫観念やアンフェタミン依存によって起こる幻覚によるイメージや、60年代のサイケデリックポスターを思い起こさせる。

Something Old, Something New, Something Borrowed, Something Blue.
Clare E. Rojas, Untitiled, 2008

クレア・E・ロジャスの作品は可愛らしく民俗的だ。長く忘れられたシャーマン文化の視覚文化の遺産を再現した作品のように見える。展示のタイトルは迷信を意味し、幸運を導くものとして、結婚する際にもたらされるべきもの。そしてその隠喩は、核心を突いている。しかし、展示で見ることのできる歴史的でなおかつウルトラヒップなアメリカアートの成長はすでに終息しているのではないだろうか。もしあるとすれば、若者が懐かしさへの魅力を求めるか、もっと活発で大胆な方向へ進むかどちらかであろう。

Something Old, Something New,Something Borrowed, Something Blue.
会期:2008年2月20日〜3月30日
会場:Marella Gallery
住所: Via Lepontina, 8, 20159 Milano, Italy

Text: Francesco Tenaglia
Translation: Masanori Sugiura
Photos: courtesy Marella Gallery

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE