フェイス・ハンター

PEOPLE

イーストロンドンの中心、ブリックレーン。そこはロンドンのビンテージをこよなく愛する人々が彼らのワードローブにコレクションをまた一つ増やそうと、足繁く通う場所としてその名を知られている。万華鏡の様に七変化する人々の想像力やユニークさは見ていて飽きることがない。あの道をとっておきのドレスで歩いたなら、少し変わったファッション・ハンターの彼があなたに声を掛けるかもしれない。このロンドンが生み出す新たなスタイルに常に目を向け、ストリート・フォトグラフィの世界でその名を轟かせた現代のインディアナ・ジョーンズがそこにはいる。

Face HunterFace Hunter


フェイス・ハンターことイヴァン・ロディックは、スイス生まれのロンドンに住むストリート・フォトグラファーだ。彼が2006年の1月にフェイス・ハンターというブログを始めてから、それはファッションにハングリーな人々の“アイキャンディ=目の肥やし”となっている。今やファッション界では誰もがフェイス・ハンターを知っており、それをチェックすることは世界中の人々の生活の一部となった。トップショップやH&Mなどの大量生産された服に埋もれた中から、希少価値の高い個性的なファッションに身を包む人々を探すため、心地良い花の都パリを離れ、ロンドンへと宝探しにやってきたイヴァン。パリにいるファンのみなさん、心配することはない。彼はロンドンでもうまくやっている。人気は急上昇し、ブリックレーンの老舗べーグル店の奥の特等席に座っているようなおじいさんまでもがイヴァンの事を知っているのだから。

でも、一体あなたはどれだけイヴァン・ロディックの事を知っているのだろうか。フェイス・ハンターに載せられた一枚の写真がどこまで彼のことを話し出すのかはわからない。だからあなたは学校やオフィスで、モデルを選びからポーズまで彼の写真はどうやって撮られどのくらいの時間がフェイス・ハンターを作るのにかけられているのか。どうしてイヴァンはあんなにハンサムなのだろう…などと妄想にふけて先生や上司が呼んでいることにも気づいていないに違いない。この記事はそんな2分43秒ごとにフェイス・ハンターをチェックし初めのコメントを残そうと目論む人や、夢見心地でMy Spaceのイヴァンのムービーを見てハイになりスイスチョコレートのようにとろけている人。はたまたイヴァンのトレイラーをYoutubeで探してはそのレートを上げるのに必死になっているような人達に捧げる。

Face Hunter

なぜこんなにも短期間でフェイス・ハンターの人気が急上昇したのか。その謎を解くべく私はイヴァンに出会った。イヴァンが現れた時、彼は狩の真っ最中だった。タイツに自分でドゥードゥルした人や、おもいきり油性ペンで顔にサングラスを書いてしまう子。電球をネックレスに変えてしまう不思議ボーイ。そんな人達を探していた。だけど彼は言う。『僕が欲しい物はサーカスなんかじゃない。』と。『FRUITSに現れるような1000個の異なるアクセサリーをジャラジャラつけたような子はいらない。』彼はシンプルでありながらひねりのあるスタイルを好み、それこそが彼の辞書のファッションに対する定義なのである。

Face Hunter

急に会話が途切れた。横に目をやると隣にいるはずのイヴァンが消えている。ビンテージストアーの入り口ですれ違った昆虫セーターを着こなした男の子の元へ瞬間移動していた。マジシャンにだまされて、きょとんと立ちすくような感覚に陥る。ただ綿あめのようにやわらかい、普段の彼の目からは想像も出来ない鋭く研ぎ澄まされたその目を、信じることができないだろう。彼はどんな時でも常にソナーとファッションレーダーを張り巡らし息つく暇もない。どんなにおかしな話をして笑い転げていようとも、クラブの人だかりに飲み込まれ足元さえ見えない時や、アルコールを飲んで世界が180度変わったりキスをしたりしている時も。黒猫にしか見えないそんな暗闇の中でさえ、彼には全てが見えており気付くと彼は声をかけ写真を撮っている。

Face Hunter

ファッション、背景、天気、光、すべてを考え彼の理想の条件に当てはまった時だけ写真は撮られる。それはまるで一種の化学反応のようだ。何かと何かが組み合わさるとミラクルが起こる。でも例えファッションが良かったとしても、他の何かがだめだったとしたら爆発がおこる。小さなころに化学者になる事を夢見ていたイヴァンは前者しか好まない。『僕はただ服の写真をとっているわけじゃない。僕は人のパーソナリィティまでもを撮っているんだ。多くのストリート写真家たちがやっているのは、あぁこのファッションがいいからとかドレスがいいからって撮るけど、僕はそんなことは絶対にしない。僕はその人のカリスマとかユニークさに惹かれる。その選んだ人にとってベストな場所を見つけて、最後にはその人とバックグラウンド、全てが見えるような写真を生み出す。服だけじゃつまらないと思うんだよ。グローバルブランドが横行しているこの世の中で、パーソナルスタイルを確立している人を見せることはとっても面白いことでしょう。クローンになることはとっても簡単だからね。』

Face Hunter

イヴァンがデジタルカメラの銃口をターゲットに向けたとたん、彼らは自然と体をくねらせ彼に艶やかな表情を見せた。イヴァンは彼のモデルにほんのたまにだけ、高く小さな小鳥しか乗ることのできないような、ポールの上に乗ってくれ、などというとんでもない事を頼んだりする。でもそれ以外は彼の好きなシンプルなオランダ人写真家リネケ・ダイクストラの写真から学んだ考えにより、自然に任せることがほとんどだ。『ポーズとスナップショットの中間という感じ。ナチュラルでありながらポーズをとったような』

Face Hunter

普通ストリートフォトグラファーは一人につき2、3枚の写真を撮って止める。イヴァンがフェイス・ハンターを始めたころにそうしていたように。イヴァンはもうそんな事はしない。10枚から15枚、彼の納得の行くまで一人の人を撮り続ける。『初めはシャイだったし、人のことを邪魔しているんじゃないかって思ったよ。だけど、それからして、うーんもう一枚撮らせてもらおうかな、この写真はよくなかったけど、もうちょっと撮らせてもらっていたなら、もっとインタレスティングだったにちがいない。一生懸命やるうちに、自然と進歩していった感じだね。最初は娯楽のための写真だったから、ぼやけているし悪いよ。別にそんなほかの人から見られるなんて考えてもいなかった。個人的なことだと思っていたからね。それから、スウェーデンやアメリカの人たちが自分のしていることに目を向けていることに気づいたんだ。雑誌とかが僕のことを書いて、そのたびに僕はもっともっとやるようになった。プレッシャーがかかればかかるほど一生懸命に。』

Face Hunter

3時間をかけて3週程ブリックレーンを回った後、今日のハンティングは終わった。さぁ、彼のMacで今日の獲物を料理する時が来た。彼の写真は大変に目の細かい篩にかけられる。彼の見せたいものが見えているのか。ナチュラルか。スマイルかそうじゃないか。靴は?影は?… 彼がたった5枚の写真を載せるために一時間以上もの時間をかけた事を想像できただろうか。長いストーリーが彼の写真にはあるのだ。その一時間を楽しむように彼は音楽を聞いていた。サブウェィのサンドイッチの中からキューカンバーを弾き出す時以外、激しい好き嫌いはしない。クラッシック音楽ですら彼の想像を掻き立てる原動力となる。

声を掛けた全ての人の写真を載せることはない。彼の見た物と写真としてみるものはたまに違っているからだ。たとえ女の子から『今日の私の写真がポストされるのをすごく楽しみにしているわ!』とメールが来て、彼女を泣かせる事になってしまったとしても、彼が納得できないものがフェイス・ハンターに載ることはない。失望させてしまうような写真を載せるよりは載せないほうがまし。彼は完璧主義者なのだ。だからこそ彼の生み出した写真はフェイス・ハンターの心地良いベッドで穏やかに眠っているだけでなく、時に音をたてGQやELLEやCosmopolitan、アメリカ、デンマーク、フランス、チリ、イギリス、スウェーデン、ドイツ、日本…世界中の雑誌へと羽ばたくことができる。

Face Hunter

フェイス・ハンターを更新し終わると彼は「フェイス・ブック」に今日のポストについてのコメントを残した。一目見ただけで、彼が摩訶不思議な能力を持っているであろうことに、誰もが気づかされる。『写真の彼女が笑わないからといって責めてはいけない。喫煙禁止令の導入により人々はバーでタバコを吸うのをやめ、お酒を飲むのをやめ、そして笑うことまでしなくなってしまった。僕は悲しくなんてない。どうして幸せがいつもなければいけないんだ?あなたはそんなにも、ちいさなテレタビーズに支配され、フレンドリーすぎるアンチ不幸せを叫ぶお巡りさん達に守られ、鬱病のキュウリまでもが読み書き、それから絵を描くこと、気をなだめたりダンスしたり、振舞い方や犬小屋の掃除を手伝ってくれる、素晴らしいケチャップでハートが書かれたような夢の島に住むことがしたいのだろうか。それは果たしてあなたの人生を楽にすることにつながるのだろうか。』

Face Hunter

チックハビットの鼻歌が聞こえたならそれはイヴァンに違いない。たとえ熱があろうとも彼は毎晩出かける。彼の家の前のストリートを毎日何人ものファッショ二スタ達が通る。だからそれを逃さぬように部屋の窓に自動カメラがついていたらどんなに楽だろうとジョークを言った。でも、もしもそんな物があったとしても彼は信じたりしないだろう。彼が信じるのは自分の能力だけだ。『朝も夜のファッション、どちらも好きなんだ。全く違う表情を見せるから。たとえ一時間でもいい。僕は出掛けるよ』そんな事をいいながら睡眠時間を削ってまでもクラブをはしごしては写真を撮り続けるイヴァン。2〜6時間の睡眠の夢の中でまでも仕事を続けているに違いないということは言わなくても誰もが想像出来るだろう。 

Face Hunter

彼は自分の仕事がタフだということを認めた。一日に何人のターゲットを見つけることができるかわからないからだ。多いときもあればそうでないときもある。いつも簡単というわけではない。いつもがチャレンジ。そんな言葉に従うように常に新しいことに向かう彼の後ろには今、TVクルーがいる。フェイス・ハンターのドキュメンタリーを作成するためだ。TVに加え、展示会も行っている。10月、パリのコレットで行われた彼の初めてのエキシビジョンは大成功のうちに幕を閉じた。12月にはベルリンのエクスクルーシブ・ビンテージ・ブックストアー「La Robe」初であり、イヴァンがソロとして始めてのエキシビジョンが待ち構えている。これは彼の写真の良い物だけを集めたコレットの展示とは違い、もっとビンテージテイストなものになる。いつも新しいことに挑戦することでクリエイティブになれると彼は語る。

写真やファッションにバッググラウンドもなく両親がアーティストであるわけでもない。ただマーケティングと創造の融合に心躍らせ、コピーライターや広告に関する仕事をしていた彼がどうして毎日100通ものラブコールを受けるそんなストリート・フォトグラファーになったのか?今世界でもっとも気になる疑問だ。人々はその答えを知りたくて、フェイス・ハンター熱を出し、温暖化に拍車をかけている。早く止めなければ。『僕はただスペシャルな人間にインスパイアされてるだけ。ナチュラルに起こったことなんだよ。』努力という文字を知らない、白馬に乗った王子様のように彼はさらっとそう答えた。

でも彼の一日を見た私は言える。そんなに簡単なことではない。クールで穏やかな彼の外見からは想像もできない努力で彼が出来ている事を知った。あの有名な発明家が「天才とは1%の才能と99%の努力」という言葉を残したが、イヴァン・ロディックはその言葉が本当によく似合う。もちろん彼の才能が欠けているわけではない。誰が他の国に旅行してまでも言い訳なしにブログを更新し、むしろその毎日続けるというプレッシャーを心地よいと感じられるのか。誰が毎日一生懸命働いた後に外に出かけ、世界中から届くメールに返信するために朝早く起きることができるのか。誰が心のそこから自分の仕事を愛し、一日中考えていられるのか。誰が毎日新しい事に挑戦しているから創造力を失うことは絶対にないと自身を持って言えるのか。 誰が『フェイス・ハンターを人生のパートナーとし、健やかなる時も病めるときも、愛し続けることを誓います。死が二人を別つまで…。』なんて誓うことが出来るのだろうか。イヴァン・ロディック、彼一人だけに違いない。

Yvan Rodic – Face Hunter
www.facehunter.org
www.myspace.com/yvanleterrible

Text: Arisa Kobayashi

2007年12月14日〜2008年1月13日までベルリン、ラ・ローブ(Winsstrasse 10, 10405 Berlin)にて「フェイス・ハンター」展が行われます。

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE