NIKE 公式オンラインストア

サンデーヴィジョン展

HAPPENINGText: Michiko Ikeda

日毎に外の世界ではその暖かさが増し、気持ちが何だか軽くなり、人々の顔にも自然に笑顔が浮かび上がる季節、5月。もしかしたらあなたもこんなことを、この絵を前にした時に思い巡らせたかもしれない。ここは札幌にあるソーソーカフェ。そこで5月に行われていたのがサンデーヴィジョンの展覧会だ。

グラフィックデザインからイラスト、映像、ウェブ、そしてウェアのデザインまで、彼のフィールドは実に幅広い。サンデーヴィジョンとして活動する越尾氏はまた、日本国内外のアートブックにも多くの作品を提供。資生堂、パルコ、ラフォーレなど、多くのクライアントとのプロジェクトをこなす他、企画展にも参加している人物だ。それだけではなく、オリジナルのファッションブランドの共同制作もしている。

ソーソーカフェでの彼の展覧会のオープニングイベントが開催されたのが、5月3日。東京で活躍する越尾氏の友人でもありアーティストの古武家賢太郎をゲストアーティストとして迎え、この2人によるライブ・ペインティングが行われた。古武家氏は、パリでの個展開催の経験を持つ他、出版社リトルモアから「START」という作品集を発表している人物。最近では、コム デ ギャルソン ピンクとのコラボレーションが話題を呼んだ。

オーディエンスの注目が集まる中、ライブ・ペインティングが開始されたのが午後10時過ぎ。私自身、ライブ・ペインティングは初めての経験だったのだが、すぐにその魅力に取りつかれてしまった。

「十人十色」という言葉の通り、2人のアプローチの仕方には大きな違いがあり、それはまるで、2人の世界が良い意味でぶつかり合っているよう。S極とN極が、お互いに強く引き合っているかのようなのだ。4×5メートルのキャンバスの左側から描きはじめたのは、越尾氏。まずはじめにキャンバスという大地に根を張り出したのは、木である。ユニークな方法でみるみるうちにその枝葉を広げていく木。注意深く見てみると、枝には「S」と「O」の文字が次々とスタンプで押されていき、最終的には「ソーソーカフェ」を示唆する「SOSOSOS…」の行列が現れた。また、矢印形のスタンプも随所に登場。キャンバスと越尾氏の距離はわずか10cm。始まりから終わりまで、最大限の集中力でライブ・ペインティングに挑んでいる姿勢をひしひしと感じることができた。また、彼のテイストが満載の葉の制作には、ステンシルを使用。線の一本一本まで実に丁寧に描いていく姿が印象的だった。また同様に、うさぎや鳥もステンシルで制作。動物達が作品に加わったことで、可愛らしさと美しさが増し、親しみ感のあるクールな作品が生み出された。

極小のペンや定規を使用しながら、独自の世界をゆっくりと表現していた越尾氏とは対照的に、極太のペンで気持ちがいい程思うがままに線を走らせていたのが古武家氏。自由に、そして楽しそうに次々といろいろな形をアレンジ。あっと言う間に真っ白のキャンバスが彼の線で埋まっていく。「はやい!」と驚いた顔で古武家氏を見る越尾氏、という微笑ましい光景も見ることができた。

会場となったソーソーカフェは、まるでラウンジのような雰囲気。オーディエンスの中には、実際に床に座ってペインティングの様子を見守る姿も見受けられ、スミノフというドリンクや軽食をお供に、誰もがリラックスしているようだった。今回もライティング・インスタレーションとDJを担当したのは、お馴染みのノードフォーム・クルー。ぼんやりとしながらも、暖かみが感じられる照明の中にいると、この最先端のライブ・ペインティングを見続けること以外、何もしたくない!といった心地良い気持ちになっていく。また今回は、越尾氏と古武家氏の共通の有人でもある上村氏がゲストDJとして参加。ボンジュール・レコードのバイヤーでもある彼が、今回のイベントの為だけに選曲してくれたトラックを楽しむ事ができた。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
鈴木将弘
MoMA STORE