ストーム・サープ

PEOPLE

“役者は僕の作品の中で大きな役割を果たしてくれる。ここ最近グロリア・スワンソンのことをよく考えているんだ。”

Storm Tharp

ストーム・サープはオレゴン州ポートランドに住む画家、そして彫刻家である。
遠く、限りなく自由な景色、そしてピアノの音を好んでいる。彼は37歳で好きな色は、ホットピンク。

Storm Tharp
Mister Wisher, Kisser Winner, 2001
Ink and gouache on paper, 24″ x 18″
Courtesy of PDX Contemporary Art
Storm Tharp

まずはじめに自己紹介をお願いします。

オレゴン州のオンタリオで育ったんだ。アイダホ州とオレゴン州の境のスネーク・リバーにある農業が盛んな、小さな町なんだ。僕の10代の青春時代は典型的に難しいものだったよ。僕が今まで出会った中で一番美しい州にいたにも関わらずね。だから頻繁に帰省するんだ。
ニューヨークのイサカにあるコーネル大学の中にあるカレッジに行ってファインアートを学んだんだ。ペインティングと彫刻を学びたいという本能に加えて、知識を深めたくて伝統的なアートスクールの中で学問的なプログラムを選んだんだ。
その後、ニューヨークに移ることが目的だったんだけど、1992年にノースウエストで起こった事が原因で、戻る事に決めたんだ。ポートランドがまた新しく生まれ変わったように見えたよ。たぶんこの決断が自分の中ですごい重要なものになったんだと思う。
ポートランドには15年住んでいる。作品制作にも積極的に取り組んでるし、いい仲間もできたし、彼らに影響もされ続けてるしね。PDXコンテンポラリー・アートと10年間専属契約してるし、カレッジでの広告の授業もうまくいっています。

最近の活動やプロジェクトについて教えてくれますか?


2007年1月に8枚の大きな紙のポートレイトから成り立つ「We Appeal to Heaven」という展覧会を行ったんだ。現在は「Silent Movie」という新しいシリーズを製作中で、スイスのジュネーブにある「Galerie Bertrand et Gruner」で2008年の、きっと11月頃に個展を行います。

Storm Tharp
Einstein, 2006
Ink, gouache, colored pencil on paper, 59 1/2″ x 48″ framed
Courtesy of PDX Contemporary Art

ポートランドのデザイン、アートシーンについてどう思いますか?

激しいと思うよ、市の人口統計が過去の5年間でかなり変わったから。当時はそれがすごく嫌いだったんだけど、自分がただ古い考えを持った気難しい男になっていただけだったんだって後で気がついたんだ。そのかわりに僕たちの街がこれから面白くなっていくという新しいバイタリティを見つけたし、アーティストとしてこの街で生きていける可能性が増えた。この場所での好きな物が変わっていくのが少し心配だけどね、見え透いた大都市のようになっていく姿は見たくないよ。もしもここがアートの大都市になるなら、スネーク・リバーに戻らなきゃいけないかもしれない。まだわからないけどね。

ポートランドのデザイン・コミュニティはすごく強い。僕たちは今面白い建造物とプロダクトを作っているところなんだ。グラフィック・アートはかなり成功してると思う。刺激的な作品は小さなプレスや出版から出されている。デザイナーは大きな広告業界で得られる利益と、もっと地についた努力との間で動揺するかもしれない。でもポートランドはこういうことに関してはとてもオープンだし、この都市のモデルチェンジがデザインの機会を創出するんだ。

ポートランドは明らかに独立した思想をもっていると思う。それは人々が何を食べるか、何を読むか、そしてどう街を歩き回るかを見ると明白なんだ。新しい進歩が起こっている中で、論理にチャレンジする対抗文化(カウンター・カルチャー)があるんだ。これは素晴らしいことだと思うよ。

Storm Tharp
The Prince’s Theatre
Ceramic, wood, wax, gouache, acrylic, yarn, grosgrain, 20″ X 11″ X 10″
Courtesy of PDX Contemporary Art

ポートランドで優れたローカル・デザイナーを見つけるいい方法とはなんでしょう?

ああ、それは実際に来てみた方がいいよ、自分自身で発見できるだろうからね。

でも、もし名前をあげるとすればオンラインのアートマガジン、PORTかな。毎日読んでるし、総合的なクリエイティブ・コミュニティを知る事ができるんだ。このサイトはわかりやすいし、コラボレーションも多いし、議論なんかもできる。もちろん全ての事には賛成できないけどね。でも役立っていると思う。

あとローカルなニュースペーパー、マーキュリーを読んでみるといいよ。音楽イベント情報も見れるし、ジョン・モトリーとカース・ボウイが書いてるアートの批評も面白い。インターネットを使って街の非営利団体で何が起こっているかを見てみることもおすすめ。名前をあげると、PICAポートランド・アートセンターブルー・スカイ・ギャラリー、学校では、リード・カレッジメリルハースト・ユニバーシティ、そしてPSUが現代的な発想をプログラムするため精力的に動いてる。

Storm Tharp
Had Had, 2006
Ink on paper, 43″ x 42 3/4″ *Included in the Portland Art Museum Biennial 2006
Courtesy of PDX Contemporary Art

プリアム・デフェンバーグPDXコンテンポラリー・アートエリザベス・リーチ・ギャラリーが過去何年かで場所を移していいる。このことはアート・コミュニティーが成長してきた事を反映してるようだ。より良くより大きな空間を、より良くより大きな作品のためにという事かな。

川を渡ったオールドタウンにすごく面白い、独立したギャラリーがあって、そこは常に刺激的な作品を展示してるんだ。特にモーテルスモールA、そしてニュー・アメリカン・アート・ユニオン(NAAU)がお気に入りなんだ。

Storm Tharp
The Dalles, 2006
Ink, gouache on paper, 24″ x 36″
Courtesy of PDX Contemporary Art

SHIFTの今回のカバーデザインのコンセプトについて教えて頂けますか?

この作品自体がそれを話していると思うんだけど、子供の頃から持っていたエロティックな概念のついてのセクシュアルなジョークなんだ。まず文章の方が卑猥だけどね。もっと想像的になるように修正を加えたんだ。誰かが最近こう言ったんだ、『どういう意味かはわからないけど、まじで理解できるよ。』ってね。おかしいだろ?

あなたが影響されたデザイナー、アーティスト、本やその他の物や人々はいますか?

答えるのはほぼ不可能かもしれない。影響とは僕がなぜ物を作るかの大部分を占めているしね。たくさんの物に夢中になっていて、絞るのが難しい。コンテンポラリー・アートに対してはなぜかナーバスになってしまうから、古い作品をたくさん見ることにしている。僕の作品が影響を表しているとは言えないと思うんだ、それよりもクオリティやスタイルを表していると思う。サージェントはすごく好き。デガスとベルニーニも大好きで、名取春仙は過去何年かで、僕にかなり重要な影響を与えていると思う。作家も好きだし、ミュージシャンも好き。デザイナーやフォトグラファーもね。
役者は僕の作品の中で大きな役割を果たしてくれる。ここ最近グロリア・スワンソンのことをよく考えているんだ。

読者に何かメッセージをお願いします。

後悔はしないこと。

Text: Ryan Bukstein
Translation: Junko Isogawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE